底辺冒険者だがパーティを追放されたので幼馴染と結婚したら彼女は龍王の娘で俺は龍王の騎士とやらになったらしい

作者 響 恭也

191

75人が評価しました

★で称える

レビューを書く