スヴェータです。実は運転免許を持っていなかったため、仕事の合間を縫って教習所に通っていました。本日卒検に合格し、残すは本試験のみ。先立っていただいた初心者マークにプレッシャーを感じています。

さて、作品紹介を致します。今回は21〜25。それではご覧ください。


21. ツベとコベ
https://kakuyomu.jp/works/1177354054889392700/episodes/1177354054889392752
ツベコベ言う子ども2人と神父の話。正しさの考察をしました。それにしても、何だかかわいい響きですね、ツベコベって。

22. 役割
https://kakuyomu.jp/works/1177354054889404003/episodes/1177354054889404402
役割を与えられた狙撃手のお話。ちなみに、「天はこの世の〜」はアイヌの考え方です。

23. 紡ぐ
https://kakuyomu.jp/works/1177354054889422907/episodes/1177354054889423000
令和最初の奇妙な話。死者との対話について。曾祖父がシベリア抑留によって亡くなっており、せめてこうであればとの思いで書きました。

24. 限りある資源
https://kakuyomu.jp/works/1177354054889452380/episodes/1177354054889452384
何かが限りある資源となる時を想像して書きました。生命について改めて考えた作品。

25. 南蛮人
https://kakuyomu.jp/works/1177354054889475256/episodes/1177354054889475273
有田焼で有名な円左エ門窯に「錦南蛮」というものがあります。私はそのシリーズを「南蛮人」と呼んでおり、これはその1つから着想を得たお話です。


今回の紹介は以上です。更新ペースがどんどん落ちていますが、忘れ去られず、読んでくださる方の存在を応援やレビューで感じるたびに、心から嬉しく思います。

伝えたいことを言葉にする変換作業に悩む日々ですが、インプットはもちろん、アウトプットしながら模索し続けようと思います。

それでは、今後ともスヴェータの奇妙な話をよろしくお願い致します。