レーベルからのお知らせ

Web小説サイト『カクヨム』で連載しているKADOKAWAの各公式レーベルからのお知らせ。ラノベやキャラ文芸、一般文芸とKADOKAWAの持つ幅広いジャンルで情報発信していきます。

角川ビーンズ文庫 9月新作ご紹介!!

角川ビーンズ文庫9月の新刊5点が発売中!
そのうち新作4点をピックアップしたまめ!!

まずは、悪役令嬢がバッドエンドの回避のためにラスボスを攻略?!
自らの手で新たな“ルート”を切り拓くヒロインの姿に、注目必至の一作まめ!

<NEW!!>
悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました

著:永瀬さらさ
イラスト:紫真依

《あらすじ》
乙女ゲーム世界に、悪役令嬢転生したアイリーン。前世の記憶だと、この先は破滅ルートだけ。
破滅フラグの起点、ラスボス・クロードを攻略して恋人になれば、新しい展開があるかも!?
一発逆転で幸せになれるか!?

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました (角川ビーンズ文庫)

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました (角川ビーンズ文庫)

集中連載ページはこちら!

【9月新刊】悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました/永瀬さらさ(角川ビーンズ文庫) - カクヨム

こちらの作品、なんとキャラクターラフも公開中!!
紫真依先生の美麗なイラスト、ぜひチェックしてほしいまめ♪



続いては、ニコニコ動画から活躍の場を広げるヒットメイカー・40mP熱筆!
あの“伝説的神曲”が、ついに小説で登場まめ!!

<NEW!!>
からくりピエロ

著:40mP
イラスト:たま

《あらすじ》
『君の中できっと僕は、道化師なんでしょ』
美術部の先輩・悠人の絵のモデルを引き受けた美紅は、彼に片想い中。
思い切って告白すると、「あと一年、待ってほしい」と言われる。
悠人の本心が知りたい美紅だけど…!?

からくりピエロ (角川ビーンズ文庫)

からくりピエロ (角川ビーンズ文庫)

  • 作者: 40mP,クリプトン・フューチャー・メディア株式会社,たま
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/09/01
  • メディア: 文庫
  • この商品を含むブログを見る

Youtubeではなんと、1,100万回以上も再生されている泣ける片恋ソング!
美紅の片想いの行方に、あなたもきっと涙するまめ!



次に紹介する作品の主人公は……ひきこもりの王女?!
自分の部屋から出たくない――そんな王女を巻き込んだ、前代未聞の王位継承選挙が開幕まめ!

<NEW!!>
女王陛下と呼ばないで

著:柏てん
イラスト:梶山ミカ

《あらすじ》
リンドール国王の孫娘の私・フランチェスカはひきこもり。
ある日突然女王候補に選出され、有能すぎる王様候補の貴公子達
――俺様なスチュアート、頭脳派のシアン、クールな騎士・アーヴィンと王位を争うことに!?

女王陛下と呼ばないで (角川ビーンズ文庫)

女王陛下と呼ばないで (角川ビーンズ文庫)

集中連載ページはこちら!

【9月新刊】女王陛下と呼ばないで/柏てん(角川ビーンズ文庫) - カクヨム

個性豊かな王子候補(イケメン)たちからも目が離せないまめよ!
ぜひ、あなたの“推し”を見つけてほしいまめ~♪



最後に、『厨病激発ボーイ』シリーズでおなじみ、藤並みなと先生の最新作!
女子力0の主人公を、漫画家男子がプロデュース(?)する大注目の一作まめ!!

<NEW!!>
放課後ヒロインプロジェクト!

著:藤並みなと
イラスト:葉月めぐみ

《あらすじ》
ヒロインに憧れるも女子力0の相原ゆず。
ある日、クラスメイトの一ノ瀬慧が、大好きな少女漫画家・芹野井ちさとだと知ったゆずは、特訓してと頼むが――
最初の課題は『学園の王子様に食パンをくわえてぶつかれ』!?

放課後ヒロインプロジェクト! (角川ビーンズ文庫)

放課後ヒロインプロジェクト! (角川ビーンズ文庫)

集中連載ページはこちら!

【9月新刊】放課後ヒロインプロジェクト!/藤並みなと(角川ビーンズ文庫) - カクヨム

最初の3行からアクセル全開のハイスピード・ラブコメ!!
これは要チェックまめよ!!

『黄昏のブッシャリオン』仏理書籍化記念キャンペーン開催!

「大当たりだぞ、ガンジー!」 「やったな、クーカイ!」 ケータイを手に、ハイタッチを交わす男が二人。彼等がツイッターで見つけたもの……それは

「……本物のマニ車スピナーだ」

f:id:kakuyomu-kadokawabooks:20170906195042j:plain

カドカワBOOKS編集部/ゲーム企画・書籍編集部です。 『黄昏のブッシャリオン』仏理(ブツリ)書籍発売を記念し、本日9月6日(水)より「ガンガン徳が積める、“お徳なアイテム”プレゼントキャンペーン!」を開催します!

◆プレゼントキャンペーン内容

『黄昏のブッシャリオン』発売を記念し、編集部がチベットから取り寄せた「マニ車ハンドスピナー」を、抽選で2名様にプレゼント! 徳がエネルギーになる時代――。そんな作中に登場する、徳エネルギー発生装置「マニタービン」をイメージした徳盛アイテムをご用意しました!

ハンドスピナーには、著者・碌星らせん先生orイラストレーター・タカヤマトシアキ先生のサイン付! 回すだけでどんどんと徳が積めるありがたいアイテムを、この機会に手に入れよう!

また、外れた方から抽選で50名様にも、徳に満ちた携帯用特製表紙壁紙をプレゼントします。ぜひご参加ください。

f:id:kakuyomu-kadokawabooks:20170906195159j:plain

◆応募方法/応募期間

<応募方法> (1)カドカワBOOKS編集部(@kadokawabooks)をフォロー (2)プレゼントキャンペーン告知ツイートをリツイート

<応募期間> 2017年9月30日(土)23:59まで

<結果発表> 当選者にはツイッターにてご連絡の上、アイテムを発送・配信させていただきます。 お送りは10月下旬の予定です。

◆書籍情報

『黄昏のブッシャリオン』 著者:碌星 らせん カバーイラスト:タカヤマ トシアキ

カクヨム掲載版:https://kakuyomu.jp/works/1177354054880209631

f:id:kakuyomu-kadokawabooks:20170906195444j:plain

定価:1,296円(本体1,200円+税) 発売日:2017年09月08日(金) レーベル:カドカワBOOKS

得度兵器が蠢く末法の世。カクヨム発の徳パンクSFが登場!

アフター徳カリプス14年。徳エネルギー文明の崩壊を辛くも生き延びた人類は、即身仏を漁り僅かな徳エネルギーで糊口を凌ぐ。これはそんな遠い遠い未来、徳無き荒野を生きる人々の物語である――。

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました ラフ公開 ③ベルゼビュート&キース編

「悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました」
キャララフ大公開も、最終回となりました。

今回は魔王クロードの頼れる側近、魔物のベルゼビュートと人間のキースです。

ベルゼビュート f:id:kakuyomu-beans:20170830143231p:plain

キース f:id:kakuyomu-beans:20170830143259p:plain

実は文庫では二人ともモノクロイラストでしか登場していないのですが、
ラフはカラーだったのです。
二人とも、イケメンに仕上がって担当編集はニヤニヤしたとかしないとか……。

以上、「悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました」キャララフ特別公開でした!
気になったキミは、ぜひ製品版もチェックしてみてね!

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました (角川ビーンズ文庫)

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました (角川ビーンズ文庫)

※画像の無断利用・転載等はご遠慮ください。

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました ラフ公開 ②クロード編

「悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました」
キャララフ大公開2回目!
今回登場するのは、美貌のラスボス・クロードです!
まずは、採用されなかったラフの数々をご覧下さい!

f:id:kakuyomu-beans:20170830141658p:plain f:id:kakuyomu-beans:20170830141727p:plain f:id:kakuyomu-beans:20170830141759p:plain

お気付きでしょうか。
上記のクロードたちは、文庫本編に比べてみんな髪が短いのです。
著者の永瀬先生が「長髪の美形キャラは大好きなんですが、メインヒーローだけは短髪派なんです!」というポリシーのもと、イラストの紫先生に何パターンか出して頂いたのですが…「でも、この長髪のクロードさまの美しさは圧倒的ですね…もうこれは長髪のクロードさまということでいい気がしてきました、とうかこれしかあり得ない!」と、長髪のクロードに永瀬先生がメロメロになり(笑)、長髪魔王さまが誕生しました。
永瀬先生のポリシーをかえた(?)、ラフがこちらです!

f:id:kakuyomu-beans:20170830142945p:plain

ラフはもちろん、文庫の完成板イラストはとても麗しいのでぜひチェックしてください!
次回はラスト、クロードの側近、ベルゼビュート&キースをお届けです!

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました (角川ビーンズ文庫)

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました (角川ビーンズ文庫)

※画像の無断利用・転載等はご遠慮ください。

カドカワBOOKS×カクヨム“日帰りファンタジー”短編コンテスト 応募受付スタート

kakuyomu.jp

 カドカワBOOKS編集部です。

 今日から“日帰りファンタジー”短編コンテストの応募受付を始めています。

 早速たくさん投稿が始まっていて、ありがたい限りです。

「今日は異世界で冒険、明日は涼しい自宅でゲーム!」と謳ったところですが、要するに「【生まれ変わったり移動したりで異世界行ったっきり】ではないファンタジー」というところでした。  ただ、うまくこのレギュレーションの「ゆるさ」が伝わるかなと思って心配していたのですが、多様な作品が投稿されているのを見て、読むのを楽しみにしているところです。

 ここからはまだ投稿を決めていない方に向けて、具体的な作品例もあった方が分かりやすいだろうということで、弊編集部から刊行されている2作と、刊行予定の1作を挙げておきます。

一つは『週末冒険者』です。 『週末冒険者』は発売直後に売り切れになって重版している人気作です! タイトルに”日帰りファンタジー”感がすごくよく出ていますね。

週末冒険者 (カドカワBOOKS)

週末冒険者 (カドカワBOOKS)

『デーモンルーラー ~定時に帰りたい男のやりすぎレベリング~』

カクヨムの大人気作品ですね! 「定時後はファンタジーな世界で悪魔狩り!」な作品です。

デーモンルーラー 定時に帰りたい男のやりすぎレベリング (カドカワBOOKS)

デーモンルーラー 定時に帰りたい男のやりすぎレベリング (カドカワBOOKS)

そして最後に、10月10日発売予定の作品です。

『アラフォーおっさん異世界へ!! でも時々実家に帰ります』

アラフォーおっさん異世界へ!! でも時々実家に帰ります (カドカワBOOKS)

アラフォーおっさん異世界へ!! でも時々実家に帰ります (カドカワBOOKS)

『週末冒険者』は現実世界とファンタジーな世界を往復するお話、『デーモンルーラー』は現実世界の中に 「異界」という世界がところどころ点在しているお話、『アラフォーおっさん』はファンタジーな世界を ベースに冒険しつつ、時々現実世界(実家)に帰って一休み、という話です。

他にも色んなパターンのお話が考えられると思います。 参考にしていただきつつ、また別の面白さを追求するもよし。 全然違うやつを書いてみるぞ、という挑戦も、どちらも楽しみにお待ちしております。

みなさまの作品の拝読楽しみにしています!

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました ラフ公開 ①アイリーン編

乙女ゲームの悪役令嬢に転生した主人公・アイリーンが、
破滅フラグを回避するためにラスボス・クロードを恋愛的に攻略する
「悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました」

発売を記念して3回にわけて、紫真依先生の美麗なキャララフを公開しちゃいます!
まずは主役のアイリーン!

f:id:kakuyomu-beans:20170830135709p:plain

本来は敵役ポジションの悪役令嬢を、「主人公っぽく可愛くお願いします!」という
編集のムチャなお願いに応えて、キュートなアイリーンが生まれました。

次回は、著者の永瀬先生のあるポリシーをかえさせた(?)、
魅惑の魔王・クロードのラフを公開しちゃいます。
お楽しみに!

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました (角川ビーンズ文庫)

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました (角川ビーンズ文庫)

※画像の無断利用・転載等はご遠慮ください。

【カクヨム 美味しい話&恋の話 短編小説コンテスト 】結果発表日延期のお知らせ

「カクヨム 美味しい話&恋の話 短編小説コンテスト」に
たくさんのご応募ありがとうございました!

f:id:kakuyomu-lbunko:20170828183924j:plain

今回の募集に当たり、
編集部の予想をはるかに超える984作品の
ご応募をいただきました。

これもコンテストにご参加くださった皆さま、
ご覧くださった読者の皆さまのおかげです。
ありがとうございます!

力作ぞろいの応募作を
編集部で全て拝読するため
選考に時間がかかっています。

申し訳ございませんが、選考日程を
下記に変更させていただきます。


————————
★最終選考対象作品発表★
2017年8月頃
 →変更後: 2017年9月末頃 予定

★最終選考結果発表★
2017年9月頃 本サイトにて発表します
 →変更後: 2017年10月末頃 予定
————————


楽しみにお待ちいただいていたみなさま、
大変申し訳ございません。

結果発表までいましばらく
お待ちいただけますよう、
お願い申し上げます。


▼コンテスト詳細はこちらです
https://kakuyomu.jp/contests/lbunko_contest

選考委員
富士見L文庫編集部