カクヨムの夏といえば、高校生限定の小説コンテスト「カクヨム甲子園2022」。開催6年目の今年は、応募総数が既に約800作品(8/5時点)にまで達し、大きな盛り上がりをみせています。
今回は、そんな「カクヨム甲子園2022」の応募作に寄せられた素敵なレビューをご紹介。ロングストーリー部門、ショートストーリー部門の応募作品を4作品ずつ掲載しています。
創作にひたむきに向き合う作品とそのレビューを読めばきっと「自分も作品を応募してみたい!」、「レビューを投稿して高校生を応援したい!」という気持ちになるはず。高校生の方は作品を執筆して、それ以外の方は作品を読んで応援して、一緒に「カクヨム甲子園2022」を楽しみましょう!

ピックアップ

のらりくらりの正体とは

  • ★★★ Excellent!!!

一話を読み進めて「ああこれ絶対何かあるな」と確信しながら最終回まで読んだら、やっぱり何かありました。久しぶりにこういう『揺蕩うキャラの謎を追いかけてその正体を知る』系の小説が読めて大満足です。私好みすぎる。

雰囲気は一言でいえば『妖しい』と思いました。大好物ですね。こういう空気感。内心描写からセリフ、登場する人物から何から何まで『妖しい』を作っていたような感じがします。

ストーリーは、登場する“それ”と会話しながら主人公がどんな人物なのかを知っていくというもの。徐々に主人公の性格や考え方、本作の核となる悩みを読者の中で形作っていき、ラストでは主人公のする決断に納得する。

この作品、何よりもキャラが良すぎる。あの雰囲気、あの雰囲気が……もうほんと、良い……(語彙力皆無)
言えることがあるとすれば、内心が深いのは何も主人公だけじゃない、ということ。他のキャラもあまり表に出さなかっただけで、かなり想定されていると思われます。
個人的には主人公と先輩の関係が良いなと思いました。好きですああいう思いやり。あの最後の一文はちょっとズルいとさえ思えるほどです。
ですが、他に登場する“それら”との会話も十分すぎるほどに良い。なぜわざわざ“その者ら”にしたのかまで理由付けされてます。

何気ない描写が実は繋がっていたり重要だったりするので、油断も隙もありません。間違いなく頭の回転が鈍っている時に読む小説じゃない。
そんなとても読み応えのある小説でした。めっちゃ好きです。遠くない内にもう一度読み直しにきます。

独特でシニカルな純愛

  • ★★★ Excellent!!!

水戸涼香という掴みどころのない女の子と、彼女に散々に振り回される主人公。
読者として主人公と一緒に振り回され、踊らされ、手玉に取られつつも読み進めていくと、そんな彼女の真意が見えてきます。
そうして結末で水戸涼香という人物を理解した時、味わえるのは「一枚の写真なんかで収まりきらない」彼女の思いの美しさでした。
すっと胸に落ちるようなその結末は、爽やかな読了感を味あわせてくれます。

この作品の文体は独特なシニカルさで満ちており、それが二人の関係性をより際立てています。
人物と文体とが違和感なく混じり合い作られた世界は、作者様の強いオリジナリティを感じました。

何が悪で、何が正義……?

  • ★★★ Excellent!!!

人類の永遠のテーマである「悪」と「正義」。
厄介なことに、これらは言葉で定義することが出来ないのです。

皆さんは月の大きさをどれくらいだと思いますか?
「地球よりも小さい」と、図鑑等に描かれている絵を思い浮かべて答える人もいれば、地上から見た景色として「卵くらい」「オレンジくらい」と答える人もいます。
どちらも間違いではありません。
少なくとも、その人が置かれている状況に沿った「正しい」答えのはず。
それぐらい、「悪」も「正義」もあやふやなものなのです。


作者さまは、この凄惨な物語を通して「何が悪で、何が正義?」と、私達に問うているのでしょう。
(よくこれだけの内容をこの短文で……と感心してしまいました)

答えはないかもしれないけれど、考えなければいけない。
祈りにも似た作品です。

登場人物の関係の変化が好き

  • ★★★ Excellent!!!

 『ファンタジー×地震』という他に類を見ない作品。生き残った者が、死者の命を背負って生きる。ある種のサバイバーズギルティを題材にしてるのだと思いました。
 面白いと感じたのは、数日という間にアムネシアにとってエリーが大きな存在になるまでの関係の変化です。
 特に、エリーの態度がある時を境に一転すること。そこからはアムネシアではなく、エリーがあらゆる行動の主導権をとっています。また、話し方(敬語がなくなっていたり)などからも、極限状態で2人の関係の変化が見て取れます。
 それらはエリーの過去と自身の“最期”を察していたからでしょう。だからこそ懸命にアムネシアに寄り添えた。そして終にはエリー自身の願いを叶えることができた。
 アムネシアもそれを分かったからこそ、「エリーの分まで!」となったんだと思います。
 私にとっては馴染みのない題材で、まだ評価の難しい作品ですが、それでも。
 関係の変化を中心に細かな描写が冴える良い作品だと思いました!

読み終わった後、数秒間頭の中が真っ白になっていました。

  • ★★★ Excellent!!!

どんでん返し、ってありますよね。物語が根本的にひっくり返されるやつ。
自分はひっくり返されたのを理解出来た瞬間の独特の感覚が大好きです。

で、どんでん返し作品の多くは序盤から中盤にかけて、露骨なものから巧妙なものまで様々な伏線が張られているものじゃないですか。
漠然とした違和感がどんでん返しによりはっきり形を成すのも、ひっくり返されるのと同じくらい気持ちの良い部分だと思います。

この作品にもどんでん返し要素があるのですが、自分が驚愕したのはその鋭すぎる切れ味でした。
ごく普通のカップルが、彼女が内に秘めていた想いを打ち明けたことで更に絆が深まる……と思いきや、最後の一言で全てが。本当に全てがひっくり返ってしまう。

この作品のすごい所は、本来どんでん返しを察するために読者が違和感として感じるであろう点を、彼女の告白やそれによって明らかになる新事実による衝撃で覆い隠しているところ。
自分は本当に最後の最後まで気づくことが出来ず、レビュータイトルのような状態になってしまいました。

読後しばらく固まった後「最悪だぁ……!」となったのも含めて。
これほどの切れ味はそうそう味わえないと思いますので、ぜひご一読を。

機械が織り成す陰陽の影絵

  • ★★★ Excellent!!!

序盤の会話劇が全てその後の展開を作るための伏線だったというところに驚きました。
既に亡くなっていた母を機械で再現したのか、既に亡くなっていた母が手助けをして機械に心が宿ったのか。
読み手に考える猶予を与える適切な間の取り方と、ラストの遺書の字について触れるシーンで、それまで接することの出来なかった母親の本物の温もりに、私の体温も上がったような気がしました。
その後アキがどうなったのか、続きが気になるようなラスト、素晴らしいです。

羅生門のその先の物語

  • ★★★ Excellent!!!

「下人の行方は誰も知らない」の先の話と聞いて、思わず読みにきてしまいました。
原作の羅生門をよく読み込んだ上で作られた、素晴らしいスピンオフ作品だと思います!
語り手の口調、情景描写等がどことなく芥川のそれに似ていて、羅生門のスピンオフというのをすんなりと受け入れられました。

なるほど……こういう解釈か。面白いです!
強盗に行く下人が、物の怪のように描写される感じ、平安末期の薄暗さがすごく物語にあらわれています。

芥川先生にも見ていただきたいですね(笑)

素敵なお話をありがとうございました!

酸味でも渋味でも誤魔化せない、純粋な甘さ

  • ★★★ Excellent!!!

先輩と後輩というシンプルな関係。
喫茶店という密閉された空間で二人っきり。
コーヒーの芳醇な香り。
苦くてコーヒーが飲めないヒロイン。
それも会いたい。会うための理由として、コーヒーを注文する。
つのる想い。溢れる想いが、この短編に詰め込まれていて。



最後、本当に甘くて、優しくて
幸せな気持ちにさせてくれます。

コーヒーと一緒に
ケーキを食べたくなっちゃいました。