意味がわからない。抜群に面白いけど、形容できない。説明やカテゴライズは無理。しかし、むやみに心に残り、読み進めるほどに深みにはまる中毒性……。そんなイミフメイな作品のレビューをご紹介です。すみません、担当の趣味寄り選定です……。
作品はもちろん光り輝いていますが、応援するレビュワーの皆さんのセンスも光っていて、絞り込むのに苦心しました。いずれも、先入観無く頭に入れてほしい活字です。様々な角度からどうぞ。
……でもよく考えると、異世界転生というのもなかなかに意味不明ですね。

ピックアップ

必死すぎるw

  • ★★★ Excellent!!!

桃太郎話が好きでつい見てしまったら…この必死さ!
村人が必死で財宝を分けあうってところが個人的にツボでしたw

気持ちの良い気持ち悪さ。

  • ★★★ Excellent!!!

分かりますか?私には分かりません。
どうやったらこんなこと思いつくんでしょう?
思いつくって何でしょう?
何って何でしょう…

誰か太鼓を持ってきて!

  • ★★★ Excellent!!!

字たちが文字通り生き生きとしていて最近のファッション的メディア路線とは一線を画す擬人の醍醐味を感じました。
読み進めていくうちに、じゃあ登場していない字は何を思っているんだろう。私の名前に使っている字はどんな擬人なんだろう?いりこはなんか仲良さ気で実は確執もありそうだな……など妄想が広がると同時に、字の持つ可能性をこの作品からまた一つ発見させられました。
そして、おあとと言うか真打でした!

見事に描かれた、脳内の混乱

  • ★★★ Excellent!!!

あらすじにある通り、『ぼく』は家を出る際に死体を目にすることとなります。

そして、そこから彼の脳内が混乱を起こしている様子がひたすらに続くのですが、その考えがとにかく面白い。
一つ一つ、引き出してきた例えがセンス全開で笑わせてくれます。
『ぼく』の独特でどこか呑気な考え方と、目の前に起きている恐ろしい出来事の対比が見事です。

非常に面白い物語ですが、生きることについても考えさせられる作品です。

そうであれば、きっと未来は違っていた。

  • ★★★ Excellent!!!

タイトルににやけて、
キャッチコピーにくすりとし、
愉快な気分になれるのだろうと、読みました。

読んだ後、タイトルを見て、泣きそうになりました。

まったくその通りだ。
誰も悪くはない。
ただ、メロンだったら良かったのかもしれない。

うっかり読んでほしい作品です。
そして、同じ気分を味わっていただきたいです。