斬魔機皇ケイオスハウル・重装改

作者 海野しぃる

321

123人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 クトゥルフ×巨大ロボ。
 先達へのリスペクトやそれぞれのジャンルのお約束を抑えるだけでなく、魅力的な主要キャラクタたちと周りの人々の多様な人間関係がいいですね。
 神話生物や神格を知らなくても、巨大ロボもののお約束なんて忘れちゃっても、気にせず楽しめます。もちろん、知ってると分かる小ネタなんかもあります。作者さんが両ジャンルを大事にしているんだなと私は思いました。

 知ってるキミも知らないアナタも、深淵の端っこを覗いてみませんか?怖くないよ!

★★★ Excellent!!!

最近クトゥルフ神話に興味を持ち、作者さんのクトゥルフ講座からこちらの作品に触れたのですが、楽しかった…。
続きを読みたいという気持ちと、終わらせたくないという気持ちの板挟みにあい非常に苦労しました。
「良かった、佐助とナミハナおめでとう!」&「終わってしまった」という充足感と、喪失感の板挟みにもあいました。
この作品を読むことが出来ただけで、クトゥルフ神話に興味を持った意味があったと思います。
キャラクターの描写も細やかで、すんなりと自分の中の「佐助」、「チクタクマン」、「アトゥ」、「ナミハナ」、、、、キャラクター達の顔が浮かび上がります。
特に気に入っているチクタクマンは、しばらく勝手に頭の中で喋りかけてくると思います(笑)
素晴らしい作品をありがとうございました!
頑張ってください!

★★★ Excellent!!!

クトゥルフ。昨今人気が出てきたジャンルでして、私も名前を知る程度でした
ロボット。昔から人気があるジャンルでして、私も最近になってハマった感じでした

これが重なったそりゃ楽しめますよ!
クトゥルフの知識があまりなくても、簡易的な説明もありますので読みやすいですし、どこかで見知ったようなノリがありますので読みやすい印象を覚えました
佐助君の葛藤、ナミハナちゃんの一途さ、チクタクマンの人間臭さ……何よりアトゥちゃんが可愛いからね!
人物像の描き方も丁寧であり、物語内の抑揚もハッキリとしていました。裏設定を見ると中々エゲツないですが、それもまた良し
精神の摩耗を感じさせる描き方はこちらの心にも響きます

いやぁ、読んで良かった。そう思える素晴らしき作品でした。
クトゥルフ×スーパーロボットは……いいぞ!

★★★ Excellent!!!

作品の情報量が非常に濃密ですが、それを感じさせずに物語を推進させる作者の筆力の高さに脱帽です!

そしてとにかく手に汗握る展開が矢継ぎ早にこれでもか、これでもかと続きます。非常に熱い物語になっています。

分厚く、そして熱いロボット物を読みたい方は本作をどうぞ!
お薦めです!!

★★★ Excellent!!!

 飼い犬や父親を殺された佐助君、彼はチクタクマンと共にケイオスハウルを駆り、この暗黒神話的な世界を駆っていく。
 テンポのいい文やチクタクマンやナミハナといった個性的なキャラクター。そして明かされる衝撃的な展開。どのエピソードも無駄はなく、かつ楽しませてくれる物でした。
 やがて全てが終わった佐助君は新たな世界へと旅立っていく。この先に何があるのか分からないが、それでも彼は進む事だろう。

 ケイオスハウル、完結おめでとうございます!

★★★ Excellent!!!

凄まじい密度で組み込まれた世界観。夢見人。
まれびとだった少年はやがてその大地を愛するに至る――、

やっとこさ全話読み終えると非常によくわかりますが、読ませるためのレイアウト、その配慮が隅々に行きわたっており、とても楽しく読ませていただきました。ここらへん、長編書いてるひとは見習いたい。

クトゥルフへの造旨はトーシローゆえあまりわかっておりませなんだが、最低限の説明は諸所置かれていたので、きっちり読みぬくことができました。

サスケ……、お前よくがんばったよ(ノД`)・゜・。

★★★ Excellent!!!

 まず、これだけの長編を書ききり、完結へと導いた偉業達成をお祝い申し上げます。そして、ありがとうございました!クトゥルフ神話と王道スーパーロボットの夢のコラボを、氏の軽妙で小気味良い文章が綴った傑作です。異世界への召喚や、親子の対立等、魅力的な要素をふんだんに盛り込み、かつエンターティメントとしてのサービスや小ネタも忘れない。カクヨム最大のロボット大作に、心から賛辞を贈るとともに、完結後のこれからもずっと読まれてほしい作品だと感じました。おすすめでっす!

★★★ Excellent!!!

【完】一文字では言葉足らず、彼の物語は重厚にして疾走感にあふれていた。
【かん】一言では舌足らず、彼の想いも願いも、語り尽くすには至らない。
だが、しかし。
強大な敵に立ち向かい、運命に導かれ世界そのものを打ち倒した彼が得た、小さな奇跡、小さな命。あまりに多くのモノを喪いながら世界を救った男への報酬としては、足りない――わけがない!
最初から、彼はそれだけを求めていた。この手に収まるだけの、小さく儚い幸せを。
彼の右手は愛犬に、彼の左手は愛する者に結ばれた。そして彼の物語は【完】という言葉で結ばれた。それが良い、それで良いのだ。

★★★ Excellent!!!

クトゥルフ神話ものに疎くて、知識として持ってるのが某魔を断つクトゥルーロボット経由のものしかない。

そんな、いちロボ好きが読んでみたところ、『俺の好みのタイプだ……』という感想。
魅力に感じた点を列挙してレビューとします。

まず、主人公のパワーソースが邪神。ニャルラトホテップって見たら狂って死ぬ系ですよね。そんな奴らを受け入れて、徐々に絆を繋ぎさえする。
終盤、自身が狂気に侵されていく真綿で首を締められるような恐怖苦悩の描写が主人公をヒーローとして立てていったと思います。

テキストもノリが良くて肩の力を抜いて読めます。主人公を等身大の少年として見ていられました。

主役ロボットのケイオスハウルは強い。最初から強い。苦戦することもあるけれど、基本的に強い。しかも、だんだん強化されていく。
ホバークラフトに有線クローに隠し腕、なんてけっこう渋みのある基本形態から、あんな風やこんな風にヒロイックにもなる。ガンプラなどの模型で再現したくなりますね。

そして何より評価したいのは、ヒロインのナミハナちゃんが駆る機体の武装がドリルなことですね!
ただドリルなだけじゃなくって、作中の強敵とも渡り合えるドリルなんです!!ドリルをメインに使って強いロボってのは昨今ではなかなか見られないんですよ!?

そんなこんなで、邪神を相棒にSAN値削って活躍する邪神機譚、オススメです。

★★★ Excellent!!!

ロボット物の小説ではなかなか書ききれない動きや戦闘の描写がきれいに書かれている。それでいてテンポがよく読ませる作品になっている、さながら朝の30分のアニメを見ているかのようである。クトゥルフのキャラの性質などがしっかりと反映されており、それにあったロボットの描写が次の話への興味をそそらせる。また、登場人物たちの情報を設定を間に挟むなどして理解させやすくする努力が垣間見える。とても面白かったです。縦ロール

★★★ Excellent!!!

異形のマシンを産み出すのはあの邪神
そしてそれを駆る少年の戦いの行く先は一体!?
ワタルやラムネ&40などの80年代、90年代の異世界ファンタジーロボのような空気もさることながら蔓延するクトゥルフの空気の融合は見知らぬ世界へと僕たちを誘うでしょう

★★★ Excellent!!!

まだ最初の数話を読んだだけですがとても面白いです。

主人公は開幕早々無残な目に遭わされても復讐に染まらず、
かといってきれいごとばかり吐くすました聖人でもない。
怒り悲しみといった「負の感情」とされるものを
否定せずに表現し、その上で芯に人として大切な
良心をしっかりもっている。

上辺を取り繕わず地に足の着いた善意だから
「いいこと」をする時に嫌味がなくて清々しい。

そのように感じました。

話が面白くすっかり引き込まれてしまい、
文章が読みやすいのですいすい読み進められます。
まだ先は長いですがこれから時間を見つけては
先の方を読んできます!

★★★ Excellent!!!

 熱い! とにかく熱い! 戦闘もストーリーもキャラクターたちもみんな熱い!

 ケイオスハウルは格好いいし、サスケは可愛いし、ナミハナは可愛いし、ミリアは可愛いし、チクタクマンは可愛いし、というかチクタクマンが一番可愛いし。

 読んでると、熱くなった自分の体で確実に気温が3℃は上がります。

 こいつは熱いロボットアクション小説じゃぜええええええ!!!!

★★★ Excellent!!!

クトゥルフ神話だからと言って必ずしもホラーである必要がないのは、某ニャル子さんでさんざん学びましたが、本作もそれに比肩し得るエポックメイキングです。

メカ物。
クトゥルフでメカ物。

邪神の力を借りた「魔法使い」たちが機械を操って戦闘する…読むもの全てが斬新で、発想の豊かさに驚かされました。

時に遺跡探索、時に護衛任務をこなしつつ、アザトース復活をもくろむ「虚無教団」と熾烈な戦いの火蓋を切って落とします。特に序盤の山場であるクトゥグア戦は息を呑みました。

また、各話の副題に見られるように、有名作品の引用やパロディも満載で面白いです。主人公が漫画家志望の高校生だったこともあり、アニメや特撮の台詞をぽつりと呟いたり、なぞらえたりして、読者をクスリと笑わせるおもてなし。

毎回挿入される「前回までのケイオスハウル!」や「次回予告」も、平成ライダーを彷彿とさせる熱い語り口で好感触でした。

★★★ Excellent!!!

展開は王道バトル漫画のような手堅いストーリー。クトゥルフ神話と絡めて物語が進んでいくのが新鮮かつ話の密度をより濃くしています。使い古された正義の概念と少し距離を開けた部分や、主人公がアズライトスフィア人やチクタクマンの考え方に影響されつつ、自分に出来る限り人間らしく事を成そうとする泥臭い部分が僕的には好きです。間違いなくカクヨムで掲載されているロボット作品の中でも上位に位置する作品でしょう。

だからこそ、完成度が高いからこそ細かい部分が気になってしまいます。某所でも講評されていたように地の文と喋り口調にズレがあること、会話が説明的過ぎること、おおよそ口語とは思えない話し方をすることがあること等。パロディネタは知ってる人には楽しいですが、前面に出し過ぎると知らない人は混乱してしまいます。分かる人には分かる、分からない人も何となく面白い、ぐらいの絶妙な距離感を保った方が、みんなが楽しめる作品になると思います。

生意気言ってすいません。ですが、僕はケイオスハウルがもっと面白しろくなり、沢山の人に楽しんでもらえればと、心より願っています。

★★★ Excellent!!!

最新話に追い付きました!まずは面白い作品を産み出してくれたことにお礼を。
とても好みでした。ロボ物としても魔術モノとしても。クトゥルフには浅い知識しか無い私ですが、それでも楽しめる、力のある作品ですね!
特に17話後編の展開は、手に汗握るものです。
ありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

現実に基づいた知識と、別世界の様相を照らし合わせて齎される差異――
位相のズレから見出す基幹技術の考証によって、その世界の理解を深めていく描写がもうたまらん!
いやぁ大好きなんですよねこういうの。

混然一体となって難解になった世界構造を追うこともさることながら、
サスケ君を通して得られる男子らしい感性に、同調率の高まりを抑え切れません。
ボディースーツそのものなのか。その中身なのか。それとも両方なのか。
分かるぞその偏った知識好奇心のパトスが振り切ってブレイクスルーしちゃいそうになる気持ち。痛いくらいになぁ!

拡張性の高い機体に、成長性の高い主人公が合わさり最強に見える!
ここまでの成長要素を詰め込んでくれたのは、大いなる英断といっても過言じゃありません!
ケイさんといい男の子の大好きな要素てんこ盛りで最高だよぅ

後の思わぬ遭遇では、白兵戦に移行するのカナーと思った安易な自分を殴りたくなりました。
だって散々ド派手な戦闘を積み重ねてた作品がいきなり知能戦に移行するとは思いませんよ! やられた!
ディープワン戦でも覗かせた機転の早さと発想力! 持ち前の素養を如何なく発揮させたハッタリの応酬に総毛立ちます。
ステージ2の大元すら色んな意味で攻略しちゃったサスケ君、君はいったいどこまで発展を遂げるというのだ。

ではまた! 本日もお疲れ様です。

★★★ Excellent!!!

 【とりあえず第一章読了でのレビューとなります】
不穏を感じさせる第ゼロ話、そして死から転じて全身義体へとその身を変えるという怒涛の第一話を読んで、これは読ませる作品だと思わせる。
 実際、そのあとのミ=ゴとの戦闘や、ラーズグリーズを操るナミハナとの出会い、ディープワンと呼ばれる神話生物との決戦など期待を裏切らない。
 個人的にはチクタクマンの存在がいいですね。ヴァンパイア・ハンターDで言うところの、『人面疽』みたいな立ち居地で、この邪神がいれば佐助は大丈夫だろうという安心感がにじみ出ていました。
 ガンダムへのオマージュをひしひしと感じるロボット物。そして男のロマンを掻き立てるケイオスハウル、かっくいぃねっ! 皆さんも是非ご一読を♪

★★ Very Good!!

この手のはデ○ベしか知らなかったのでまずそれが過ぎるわけですが、あれほどスーパーヒーローという感じではありません。
邪神の製造したロボット、ケイオスハウルのパイロットになった主人公が異世界で仲間と一緒に遺跡を探索したり悪人をこらしめたり名状しがたい方々をやっつけたりするそんな物語です。
ギルドに所属して依頼を受けるあたり、昨今の異世界転生ものに慣れた人なら入りやすいのではないでしょうか。
肝心のメカシーンはクトゥルフ関連の用語も飛び交い迫力があります。チート級のロボットですが結構ピンチになったり、緊迫感の演出も上手です。この辺りだけでも一読の価値があるかと。かなり書き慣れた感じがして読み応えがありました。

時折差し込まれるパロネタはちょっと好き嫌いわかれるかも?

★★★ Excellent!!!

ジュヴナイルならではの軽快でリズミカルなテンポと、クトゥルー神話特有の怖気を誘う厭な感覚とグロテスクさ。そこに今風のテイストが加味され、実に見事な世界観を構築しています。某邪神も実に人間的で魅力的なキャラクター設定になっていて、主人公との奇妙なバディスタイルを組んでるあたりも独特。今後の展開に期待大。

★★★ Excellent!!!

物語の完成度が高いのは、後半の作品だけでもよくわかった。自分が特に感心したのは登場人物たちの会話表現だ。間のとり方、感情の込め方が本当に素晴らしいも思う。適度にちらべてある地の文と会話が合わさって、自分もその場にいるような臨場感さへ感じる。この世界観に自分はもう虜です!

★★★ Excellent!!!

 現在序盤だけ読んでいる者です。
 読むにあたって、本当に余計な思考が必要ない作品だと思いました。<クトゥルフ神話>技能、そしてロマンだけ用意すれば、今すぐに楽しめるでしょう。
 迫り来る地球の危機! 冒涜的な力で動くスーパーロボット! 胡散臭すぎるナビゲーター! エロボディ熱血ヒロイン!
 きっと作者さんの好きなモノをガシャーンと合体させ直接出力したに違いありません。そういう勢いがあります。描写も濃すぎず、掛け合いも軽妙で、サクサク読み進められました。
 難しいことは考えず、手軽にワクワクできるクトゥルフモノとしてお勧めします。

★★★ Excellent!!!

独特の世界観がわくわくさせてくれ
不気味なクトゥルフ神話の状況から
一転していく流れは燃えます!
わかる人にはわかるネタがチラホラして思わずニヤリとしてしまいました
同音異義語の上手い使い方も面白く
設定もしっかりしていてグッときます!
チクタクマンとサスケのやり取りは楽しく、わかる人ならすぐに目に浮かぶ戦闘、クトゥルフの知識が絡んだり会話時に文化のギャップがあったりとしっかり設定が活かされ、使われているのが凄いです
個人的に好きなのは4話のチクタクマンで
なるほど!と思わず声を上げつつ笑ってしまいました
魔術+SF的科学の融合したエクサスの描写は心からわくわく興奮させてくれ素晴らしいです
ピンチの時のサスケが臨機応変な策士としての一面を見せるとついついどうなるのか気になって読み進めてしまいます!
次回予告の演出も読み応えがあります
あぁーっ!これはアレだな!と思えたり武装の漢字回しに興奮させられること間違いなしの良作です

★★★ Excellent!!!

 二章まで読了しました。基本は粗筋通りにサクサク進みます。
 また、定期的にキャラ紹介や用語解説が入ってくるのも丁寧ですね。【本編で語られる以上の設定も出てくるので、ネタバレが嫌だという方は、オマケ部分を一切目をお通さず読むのがオススメ!】と強調しておきましょう。
 また、粗筋をより詳しく知りたい方は、15話おまけの説明を読むと手っ取り早い。そしてそこまで見ちゃったら直接読みましょう!
 最初の0話・1話はクトゥルーものらしく、ホラー感がありますが、後はサクサクと爽快なバトル物へと進んでいきます。クトゥルー✕スーパーロボットではデモンベインがありますが、そこに異世界ファンタジー要素を加えた感じですね。一回死んでるから異世界転生モノの系譜にもなるでしょうか。
主人公のサスケが、なんやかんや頭も回るし、自分の信念を貫こうとするタイプなので好感が持てるのも良い。
 あと、大量に小ネタが入っていますね。パロネタというか……懐かしすぎて思わず噴き出してしまったり「これなんかネタっぽいけれど元ネタなんだっけ……」ともどかしくなったり。そのへんで敬遠される人はダメかもですが、ナチュラルにステルスにぶち込んでくる使い方は巧いと思います。
 三章ももう気になってたまらないのですが、完結してから一気に読むか、連載を追っかけていくか。ムムム、こいつは悩みどころですな……。

★★ Very Good!!

第一章はチクタクマンとの会話、そして第二章ではツンデレワイルドお嬢様との会話が楽しめます。
ノリの良さが生きてくる第二章まで一気に読むと、はまれるのではないでしょうか。
クトゥルフ神話を知っている人はより楽しめると思いますが、説明もあるのでわからなくてもなんとかなります。
各所にちりばめられた、スーパーロボット物ノリのパロディは人を選ぶかもしれませんが、個人的には好きでした。

★★★ Excellent!!!

クトゥルフと巨大ロボは実は食い合わせがいいと思います。
この系譜は秘神黙示ネクロノームに始まり、あのデモンベインに続きます。
個人的にはあのゲッターサーガも最終的にはコズミックホラーの世界に手をかけていたことからひとつの可能性だったのではないかとさえ感じるのです。
その系譜にまたひとつ挑戦者が現れました。
私はこの尊い挑戦を追っていきたいと思います。

★★★ Excellent!!!

一気読みさせて頂きました。

ボクはゲームが苦手です…(弱いから…)

しかし、読みながら、ゲームしているような感覚で
しかも、自分が主人公になりきって物語を進めていく…

自己分析しているかのようで楽しいです。

さらなる「期待」をお待ちしております。

★★★ Excellent!!!

 一般にクトゥルフものというと敷居が高い印象を与えますが、
主人公を少年サイボーグ、戦闘手段を巨大ロボットにすることで初心者でも入りやすい設定文体に仕上がっています。
 個性豊かなヒロイン(?)も物語に華を添える宇宙渡航冒険譚。

「SAN値が0になる前に読み切れ!!」

★★ Very Good!!

異世界×ロボット×クトゥルフ神話。この組み合わせでワクワクしない男子はもう男の子とも呼べないのかもしれません。
あらすじに書いてあることを反復はしませんが、主人公がケイオスハウルの力とチクタクマンと共に戦っていく様は、爽快以外の何物でもありません。

ケイオスハウルの数々のギミック、神話生物、独特の世界観、金髪にドリルに巨乳にと、男の好む要素をこれでもかと盛り込んでいます。その様は日本のライトノベルというより、アメリカン・コミックの潮流を感じました。

小難しい文章技法だのは要らない。最初から正気度なんてかなぐり捨てて、この作品に熱中すると良いと思います。

※4月29日追記
また冒頭から最新27話まで読み直してしまいました。
相変わらずロマンとテンションをガン積みな作品で、「文章だけでロボット物を表現するのはほぼ不可能」と思っていた自分の固定観念を見事に打ち砕かれました。
ナミハナやアトゥ、ミリアといった華やかなキャラ達も増え、作品世界がどんどん広がっていきワクワクしています。でも正妻力が一番高いのはチクタクマンだと思います。
ただ懸念してしまうのは、本編をこれから更に盛り上げられるか?という部分です。家族を殺された復讐にロボットで神話生物をぶっ飛ばす、という冒頭のインパクトが異常に面白かったために、今後の展開でそこを超えられるか?という不安があります。
傭兵稼業に従事し、盛り上がる戦いや、気付けばクスッと笑える小ネタなど、下敷きは十分に揃っていると思います。復讐だけでなくなった、佐助の生命に対する価値観なども応援できます。
ですので「冒頭がピークだったな」と言われないような面白さを、これからも発揮してほしいです。応援しています。
長文失礼しました。

★★★ Excellent!!!

肉体を解体された主人公が、邪神の力を借りて新たな体と戦う為の機体を手にし、戦い続ける物語です。

共通する目的は世界の破滅を食い止めること。
戦い続ける先に答えはあるのか?或いは破滅の先を見る事になるのか?
人の心を捨てず、戦い続けるその行く先を見たい。
そう思わせる作品です。

祝完結!
クトゥルフ世界で正気を削りながら戦い続けた彼らの終幕は、実に意外な形で、同時に実に彼ららしい形で訪れました。
その終わりに賛辞を贈るとともに、彼らの未来に幸あれかしと願います。
クトゥルフにどっぷり浸かった諸兄も、興味がある皆さんも、ちょっと敬遠気味の君たちも。必読です。

★★★ Excellent!!!

まつろわぬ神の眷属により、父と愛犬を殺され、自身も若くしてその命を奪われた主人公『佐々佐助』。
だが彼はチクタクマンと名乗る存在により機械仕掛けの肉体と神をも屠る巨大ロボ『斬魔機皇ケイオスハウル』の操り手としての資格を与えられる。
新たな命、新たな力。
彼が見る地平は復讐の憎悪か、救星の闘志か。
夢幻の世界を羽ばたけ、ケイオスハウル!!



2017/06/09 追記
☆第一章の途中で中断していたので、一気読みしました。

物語は終わりを告げる。
夢幻の世界に己が居場所を見出した少年は、少し大人になった。
これこそは最果てに至るまでの物語。
絆と鋼の織り成す幻想の彼方で、佐助は決別を経験する。
ああ、少年よ。そして無限の物語よ、この地より永久に。
クトゥルフ×スーパーロボット、堂々の完結。

読みやすく、そして広がっていく世界に魅力されました。
sealさんの描く違う物語も読んでみたいと思います。
面白い物語を、本当に本当にありがとうございました。

Good!

物語の冒頭、謎のエイリアン『ミ=ゴ』に肉体と唯一の肉親である父親を奪われた主人公。
脳だけになった主人公に、救いの手を差し伸べたチクタクマンは、彼に肉体に替わる新しい身体『斬魔機皇ケイオスハウル』を与えた。
新しい身体と力を得た主人公は、己の肉体を取り戻す戦いを始めるのだった。

ミ=ゴの目的は? 果たしてチクタクマンは本当に味方なのか?

波乱の展開の予感、刮目して待て!!