スクリーム・フロンティア 引っこ抜いたら異世界で

作者 平平 祐

1話目から読む

ユーザー登録をしよう!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

目次

連載中 全91話

更新

  1. 000・厄災の日
  2. 第一章・引っこ抜いたら異世界で……
  3. 001・第一章プロローグ 引っこ抜いたら……
  4. 002・見知らぬ森
  5. 003・名前
  6. 004・白い部屋
  7. 005・ファーストコンタクト
  8. 006・ティールの村
  9. 007・大開拓時代
  10. 008・あなたは勇者ですか? いいえ、違います
  11. 009・異世界のお金と金属事情
  12. 010・開拓者ギルド
  13. 011・クエストと階級
  14. 012・開拓者と道具袋
  15. 013・意外な武器
  16. 014・ワイズマンモンキー
  17. 015・人間の壁と木精霊ドリアード
  18. 016・道具屋と水
  19. 017・壁の向こう側
  20. 018・救えなかったもの
  21. 019・スライム活用法と負い目
  22. 020・姫の婚約者にろくな奴はいない
  23. 021・巣という名の城
  24. 022・逆恨みの理由
  25. 023・奇病の元凶
  26. 024・極小の悪意
  27. 025・上位個体
  28. 026・心弱き者の最後(加筆修正版)
  29. 027・ヴェノムティック・クイーン(加筆修正版)
  30. 028・楽勝 or 辛勝
  31. 029・辛勝の果てに
  32. 030・約束
  33. 031・旅立ちは突然に
  34. 032・第一章エピローグ ウルズ王国へ
  35. 第二章・ウルズ王国編
  36. 033・第二章プロローグ 終焉の足音
  37. 034・ウルズ川
  38. 035・船って基本、中盤ぐらいで手に入るものだよね?
  39. 036・童顔チビの役得
  40. 037・木と水と風の都
  41. 038・第三次精霊解放遠征
  42. 039・光と火の英傑
  43. 040・地の英傑
  44. 041・水と木の英傑
  45. 042・月の英傑
  46. 043・闇の英傑
  47. 044・マンドラゴラの真骨頂
  48. 045・どっちが好み? 上
  49. 046・どっちが好み? 下
  50. 047・実は仲良し?
  51. 048・新人開拓者
  52. 049・謁見と報酬
  53. 050・新装備
  54. 051・風の英傑
  55. 052・月下の来訪者 上
  56. 053・月下の来訪者 下
  57. 054・スクリーム・フロンティア
  58. 055・妖精
  59. 056・勇者
  60. 057・女神スクルド
  61. 058・血まみれの女神
  62. 059・聖域を目指して
  63. 060・迷いの森
  64. 061・三次元戦闘
  65. 062・猿の楽園
  66. 063・聖域
  67. 064・聖獣
  68. 065・一方そのころ……
  69. 066・聖域の死闘
  70. 067・妹
  71. 068・欲しいもの
  72. 069・主人公気絶中
  73. 070・気がつけば二人きり
  74. 071・喧嘩
  75. 072・第二章エピローグ そして兄は走り出す
  76. 第三章・フヴェルゲルミル帝国編
  77. 073・第三章プロローグ 月夜に怯える少女
  78. 074・時の人
  79. 075・フヴェルゲルミル帝国へ
  80. 076・欲望と快楽の国
  81. 077・ドッグ・ツインズ
  82. 078・月の民と闇の民
  83. 079・血脈
  84. 080・光る花
  85. 081・エーリヴァーガルの朝
  86. 082・将軍逐電
  87. 閑話 3-1
  88. 083・赤目の白猫(加筆修正版)
  89. 084・グンスラーの村
  90. 085・女神スクルドの加護
  91. 086・ある日森の中 猫さんと出会った
  92. 087・白猫拾いました
  93. 088・白猫の目的
  94. 089・パーティメンバー

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!