デーモンルーラー ~定時に帰りたい男のやりすぎレベリング~

作者 一江左かさね

18,770

6,607人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

色々な作品を見ていますが、その中でトップを争う良作です。
更新頻度が少し待ち遠しいですが、自分からしたら楽しみに待ってられる様な感じで、一気見してのめり込める面白さがあります。

主人公が少しネガティブで癖ありますが、しっかり成長が書かれていて人間らしさがありそれも良さになっています。

更新いつも楽しみにしてます!

★★ Very Good!!

 340話時点から見て前半部分はお約束を含めて楽しめるが、後半部分はシチュエーション違いの同じイベントを繰り返している。
 文章も読みやすく会話も愉しく全体的に非常に質が良いからこそ展開が読めるので読み飛ばしがちに。
 評価を気にせず表現したいことを表現しきれるのがweb小説の良いところだし、完結後に着地点から逆算して通しで見られればそれも楽しめるのかもしれないが······外伝的要素は別にふりわけて、ここまで培ってきた物語の幹が美しく伸びているうちに肥大しすぎない樹冠と天を衝く梢を見られることを期待しています。

★★★ Excellent!!!

この作品は、人付き合いが苦手なひねくれた主人公が従魔と出会い、主人公の鬱屈とした日々が一転する物語です。

他のチート系物語のように、全てから開放されて自分のやりたいことをしたいまますることはなく、
主人公がどれだけ強くなっても、今までの枠(上司との上下関係や会社組織の中での自分の立ち位置)から考えや行動が逸脱しすぎないので、どちらかと言うと職場での不満がある人におすすめな作品かもしれません。

スカッとしますよ!

愛されることに慣れていない主人公が従魔と出会って、不器用ながら心を開いていくシーンは読み応えがあって、何度も繰り返し読みました✨

ちなみに主人公は35歳ぐらいです。

★★★ Excellent!!!

全話一気に読ませて頂きました。
とても面白かったです。

ヒロインの女の子たちはみな可愛いし、
それぞれが特徴がありその仕草に惹かれます。

主人公は一癖あり、
過去の出来事から癖のある人物になっています。
そこまでになるものか?
と思わなくも無く、その場面では忸怩たる思いもしますが、
そのフォローにヒロインが関わったりで、
ヒロインに癒されます。

今後も続きを毎回楽しみにしております。

Good!

わかりやすく言うならメガテンみたいな世界の話。
中途半端に崩壊していく世界で、自分を常人だと思ってる狂人の主人公が自縄自縛しながら悪魔をブッコロしていく物語。
作者の思想が滲み出るというか、溢れ出ててる部分に耐えられるのであれば楽しく読めると思います。

★★★ Excellent!!!

作者様の経験談? なのか社会の仕組みに説得力あります。

最近話しが進んでいないのが若干気になりますが、とても面白い作品だと思います。キャラがとても可愛いです。ハーレムではありますがただイチャイチャするだけじゃないのも個人的には好みです。



とりあえず刀の話が凄い。

★★★ Excellent!!!

メガテンに類似したシステムで紡がれるローファンタジー作品。
途中から世界崩壊、悪魔が世界に常在化するところとか正に。
読み手の向き不向きとしては、陽キャと陰キャの違いは、「心の痛みに怯えているかどうか」。
だとすると、陽キャな方々には、主人公にイライラしそう。
陰キャの方々には共感を得そう。

あと、施餓鬼米で餓鬼を乱獲するレベリンク、シュールストレミングで人狼を倒すプロトコルを作ったパイオニア的作品でもある。
日本神話を中心によく勉強をしてから書かれているからその辺り丁寧な構成を感じる。
この先もこのメガテンの作りで進むのなら、都庁やTDLには主神クラスが居そう。

★★★ Excellent!!!

本当に主人公の職場の描写がリアルでリアルで…読んでいて、作者さんは元公務員なのでは?と思ってしまいました。
公務員はブラックです笑(私自身が公務員なので、よく分かります)

設定は某ゲームと似ていますが、お供の悪魔がとにかくよく動き、可愛いです。
主人公も最初から俺強えーではなく、ストレス発散で悪魔を倒していたらいつの間にかって過程もよかったです。

私はあらすじから興味を持って読み始めましたが、メガ○ン好きならハマると思います。
おすすめです!











★★★ Excellent!!!

作品名を見た瞬間。
胸がときめきました…。
『やりすぎレベリング』…
あぁ…なんといい響き…
「レベリング」…「レベリング」…
見る前から分かるこの…この!
「レベリング」…あぁ…。

まぁ変態じみた本文を書いた訳ですが、
見る前にこの作品を好きになりました。
わかる人は誰一人としていないでしょう。
ただこれだけは言わせていただきたい。
もし僕が作品を読んで気に入ったら、
そして覚えていたら…
僕は完結するまで見続けましょう。
見る前だから言います。
この作品には…期待しております。

★★★ Excellent!!!

チートやオレtueee系など自分を主人公に重ねたり、力を持った主人公がどう変わり、何をするかを期待する方には向いてない。
ただ、ある程度年齢を重ねた社会人が苦労の末、斜め50度くらい先に突っ走ってヒネた感は皮肉がきいて面白い。
1エモンさんの、末端の悲哀を特殊な環境に織り混ぜながらユーモラスに描いているところがこの小説の独特さではないかと。

こういったヒネた考え方もわかるよ、という人はハマります。

★★★ Excellent!!!

主人公(物語開始時35歳)がひたすら後ろ向きかつ我儘でガキっぽく、すぐ拗ねる。
独占欲が強く嫉妬深い為、仲間の女性が自分の知らない男とにこやかに話をしているだけで、機嫌が悪くなるのに、人からの評価を気にするから嫉妬してると思われたく無い為、それを口に出せず「別になんでも無い」と、機嫌が悪くなっている事を隠そうとする。

職場で面倒な上司と同僚と後輩に絡まれて、嫌気がさしているのに、レベルアップで強くなっても言い返す事も出来ず、更に転職は悪い事と思っているらしく、良い条件で誘われても断る。

自分の娘程の女子高生から想いを寄せられても(精神操作系状態異常がきっかけ)自分に自信が無い為にひたすらヘタレる童貞。
弟分が先に童貞卒業し彼女が出来た事にひたすら嫉妬する。

等身大の人間では無い。
アニメみたいなイケメンが実際に居るか!と思うのと同じで、反対方向に振り切れすぎて、こんな面倒臭い男が居るか!となる。

正直なところ、主人公としての魅力は強い事だけだが、それすら目立つ事による後の不都合を考えて隠そうとするので、スカッとする事は皆無。

主人公に付き従う二体の従魔がとても可愛らしく、魅力の全て。
人間のヒロインも可愛いとは思うけど、所詮はサブヒロイン。(主観です)

上記の主人公の性格は決して大袈裟でも何でもないので、読む人は主人公の言動に多大なストレスを受けつつ、従魔の回で癒される、という無限ループを覚悟すべき。

ストーリーは、面白いです。
本当に、何度も何度も何度も主人公にイラッとして途中で読むのが嫌になりましたが、その度に従魔のかわいさに癒されて最新話まで読み切る事が出来ました。
ストーリーや世界設定は本当に面白くて、良く練り込まれていますし、読み応えはばっちりです。

ただ、何度でも言いますが、主人公の面倒臭さは特筆すべきものなので、上記の主人公の面倒臭さ(しかも… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

催眠の副作用で本人の意志が怪しい上にしばらく男女の絡みが出なくメンヘラ気味なあの子。そして今ここに正規ルートのヒロインが登場し、拗らせてヤンデレに変貌した七海と修羅場になるんですね!正直最近の更新が山を過ぎて谷続きというか面白い見せ所が無かったように感じていたので今後の展開に期待してます。主人公の趣味ルートも普通に面白いけど作者がテンション上がったのか盛り込みすぎて若干読むのが辛かった。半分程を恋愛ルートで交互に読みたい。