おめでとう、俺は美少女に進化した。

作者 和久井 透夏

★★★ Excellent!!!

おめでとう、彼の人生はどろヌマ化した

 +プレアデス+という名前でコスプレをしていた女装趣味の主人公は、ある日友人の稲葉に持ち掛けられ、その日を境に彼の生活はあれよあれよとどろヌマ化していく。いつしか二重、三重生活レベルにまで取り返しがつかないところまで……! といった作品。

 まず、ストーリーが巧いです!
 人がストーリーをおもしろいと感じるのは、ストーリーが広がりを見せるとき・ストーリーが深まっていくとき、今まで繋がっていなかった要素たちがつながる瞬間……正直、いろいろあると思うが、この作品はストーリーが広がったら深まっていて、ストーリーが深まったら広がっている感覚があります。主人公ないしは周りのキャラクターたちが動くたびに、主人公が深みにハマっていく感覚は読む手を進ませさせられます。

 これはもう、流されやすい主人公の性格をどうにかしないと解決しないような気がしてます。が、もっと深みに落ちる主人公も見たい! ……と、読んでみればそう思うと思います。私は思いました。
 さて彼、そして彼女がこれからどうなるのか、続編も出ているのではやく読みたいレベルにおもしろかったです。

 ぜひ一読してください。

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!