おめでとう、俺は美少女に進化した。

作者 和久井 透夏

1225

441人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

 のっけからおかしいです。女装というジャンルですが、抵抗感なくいけるところがまずおかしいです。

 テンポが良く、次が読みたくなるような工夫がなされていて、ズブズブと沼にはまっていきます。

気がつけば「おめ俺」というドロ沼にはまっていました。

登場人物も濃いので、一見主人公がまともに見えます。

そう見えていたらだまされている証拠です。もう一度読んでみましょう。

読めば続きが読みたくなるので、すぐに次に行くことをお勧めします。4作と番外編があるので大丈夫です。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

本作については、すでにレビューで沢山書かれているとおり。

超絶可愛い、理想的な美少女(ただし性別男)のすばるちゃんが、あれよあれよと理不尽な騒動に巻き込まれていくお話です。

その登場人物一人ひとりが、これでもかというほど個性的。
主人公の親友のお父さん、お母さんに至るまで頭の中にぱっと思い浮かぶほどキャラが際立っていて。

そして、最大の面白さは、みんなに大人気で次から次へとイベントが舞い込むすばるちゃんは、親友など数人以外は自分が男だということは知られておらず、さらに知られたら困る状態にどんどん追い込まれていくこと。

そのあたりの、ハラハラさが良いスパイスになって物語全体に良い緊張感を保ってくれます。


そんな個性的なメンバーが沢山出てくる本作ですが、私が一番心惹かれたのは、すがすがしいゲスの篠崎一真。これはもう、『おめでとう、俺はろくでなしに進化した』(おめろく)まで読むしかないですよね。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

書籍を購入してファンになりました!
続刊が出て欲しいから、みんなも買おう!!(必死)

今作は、超絶美少女すばる(♂)が、個性的すぎる登場人物たちの起こす騒動や恋愛に巻きこまれ、自らの平穏な女装生活を守るために奮闘(?)するノンストップ泥沼青春小説です。

あまりにも主人公の女装が完璧で可愛すぎるため、誤解が誤解を呼び、ついた嘘をフォローするためにさらに嘘を重ねていってしまう……。

もしも秘密がばれたら人生即詰みです。主人公の胃に穴が開かないか心配してしまうほどのピンチの連続に、読者は笑い転げるしかありません(*^^*)

面白いと思ったら、ぜひ書籍版も購入して『おめ俺』の良さを世間に広めましょう! 続刊買いたい、買いたいよぉーーーっ!!

ちなみに、すばるのおっぱい(シラタキ)の触り心地がすごく気になるのは私だけでしょうか……?(*''▽'')

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました