「安心しろ。妃は厳選して私が集めてやる」←*メインヒロインの台詞です*

ハーレムは強い男の義務!

強い男に女は惚れる。
そんな戦闘民族な龍人族の学園に入ってしまった人間と龍人のハーフな少年の主人公。

さっそく無能と烙印をおされ、学園でのランクは最下位だ。

だが剣の腕だけは誰にも負けない超一流。

そして成り行きから、龍人の権力者の娘で完璧超人な美少女『公主様』と決闘をして、完勝してしまったせいで、それまでの生活の全てが変わる。

学園トップの公主様にベタ惚れされて、成り上がりルートに入った──だけじゃない。

龍人の文化にのっとり、彼女はこう言い出したのだ。

「安心しろ。妃は厳選して優秀な者を集めてやるからな」→複数人の嫁を用意する宣言。

こうして強制ハーレムルートにまで突入しちゃったのです。


はい。この作品。
成り上がり要素にしても、ハーレム要素にしてもめっちゃ完成度高いです。

才能がありながらも評価されない主人公の不遇さに説得力があるので

それが評価されるきっかけとなる、公主様との決闘がすんごい爽快感あるんですよね。

で、そこをターニングポイントに、ハーレム展開が始まるわけですが、龍人文化というバックグラウンドがあるだけに、これにも説得力がある。

主人公は半分は人間なので、そんな戦闘民族の文化に戸惑いまくるわけで、そのワチャワチャ具合が、良い感じにラブコメしてて、これまた面白い。

成り上がりやハーレム展開が好きな方には、諸手をあげてオススメできますし、

そういうのを食わず嫌いしてた方にも、ちょっと味わってみるだけでもして欲しい作品です。



その他のおすすめレビュー

菅野 事案さんの他のおすすめレビュー231