我輩は、焼き鳥である

作者 マクスウェルの仔猫

熱々の ネギマ噛み締め溢るるは 肉汁ネギ汁ダンディズム。

  • ★★★ Excellent!!!

ネギマ紳士の独り語りです。
熱々の我が身を誇ったり、お客の失恋話に同情したり、その相手に復讐を目論んだり……ネギマ生もなかなかお忙しいみたいです。
語り口も楽しく、構成もわかりやすくて面白い!
ぜひ読んでみてください。

やっぱり、ネギマは熱々に限りますね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

霧野さんの他のおすすめレビュー 614