我輩は、焼き鳥である

作者 マクスウェルの仔猫

73

25人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ネギマ紳士の独り語りです。
熱々の我が身を誇ったり、お客の失恋話に同情したり、その相手に復讐を目論んだり……ネギマ生もなかなかお忙しいみたいです。
語り口も楽しく、構成もわかりやすくて面白い!
ぜひ読んでみてください。

やっぱり、ネギマは熱々に限りますね。

★★★ Excellent!!!

本作は自称紳士(作品を読むうちに自称ではなく正真正銘となる)のネギまの擬人化によって語られます。

発想もさることながら、物語の着地点としても秀逸と言えるでしょう。

屑男に天罰もといネギまと焼鳥屋の店主との逆襲がかちりとハマったところには、すっきりとしました!

今後とも執筆活動を応援しています!