高校生女子、異世界で油圧ショベルになっていた。

作者 くれは

123

42人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

いいか、落ち着いて良く聞いてくれ。
何を言ってるか解らねぇだろうが、俺だって何が起こってるんだか良く解らねぇ。

確かな描写力。だが油圧ショベルだ。
乙女心が眩しい。だが油圧ショベルだ。
繊細なシーン。だが油圧ショベルだ。
艶めかしい表現。だ が 油 圧 シ ョ ベ ル だ 。

何を言ってるか解らねぇ?
大丈夫、俺だって何を言ってるか解らねぇ。

ただ、これだけは言える。

至ってシリアスに 抱 腹 絶 倒 。

……悪い、本当なんだが何を言ってるのか自分でも良く解らねぇ。

■高校生女子、異世界で油圧ショベルになっていた。■

信じてくれ。本当だ! 本当に俺は見たんだッ!!

★★★ Excellent!!!

まさか油圧ショベルの描写を読んで「エッッロ……」なんて思う日が来るとは。

いきなり失礼なタイトル、申し訳ございません。
でも事実だと思います。
普段何を摂取してたら油圧ショベルをこんなにかわいく、いじらしく、そして官能的に書けるのでしょう。
天才だと思います。
ごちそうさまでした。
乱文失礼しました。

★★★ Excellent!!!

油圧ショベルに対して「何この子可愛い…」という感情を抱く日が来るとは…
多分、そんなことあり得ないのでは?と思うと思うのですが、本当なんです。

私が印象に残ったのは特に2話目の冒頭です。
男性が油圧ショベルに乗り込んでいるだけなのにこんなにどきどき出来るんですか?というかむしろ油圧ショベルだからどきどきしているんですけど……私変態だったのかな……?
心配になりましたが私だけじゃ無いはず…

気になった方は是非読んでみて下さい。