赤と緑の思いやり

作者 星都ハナス

赤にしよか、緑にしよか。 どっちからもハナスが手渡す倖せの味がします。

  • ★★★ Excellent!!!

赤か緑か。緑か赤か。
たった二つの色にこめられているのは
倖せの記憶です。

こういうものは。狙って書けるものじゃない。
誰でも書けるものじゃない。
これまでに家族で支えあい、守りあい、共に生きてきた歴史を持つ人にしか
書けないものです。

感服です。
感服したあたりで、お腹がすいてきた(笑)
さて。赤にしようか、緑にしようか。
どっちを食べても。
あたたかな倖せの味がします。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

水ぎわさんの他のおすすめレビュー 234