やり直せるんだ、何度でも。そんな勇気をくれる物語

中学時代に先輩と後輩の間柄だった、不良少年のレッテルを貼られた鳴沢と菜々未が十年の時を経て再会するまでの物語です。

生まれ育つ環境や、出会う人々によって人生の流れは変わります。時にそれは望まない方向へ進むこともあり、深い澱みに落ちてしまうこともあります。それでも、自分を見つめることを諦めなければまた新たな流れを見付けることが出来る。

読み終わった後、そんな事をふと思い勇気を得ました。

登場人物の心の動きを丁寧に捉え紡ぎ出す文章は、悲しみや苦しみ、それを温かく包む優しさをリアルなものとして感じさせてくれます。時にハンカチが必要となるので、読む場所は是非ご注意を。

心を震わせる物語、沢山の方に味わっていただきたいです。

その他のおすすめレビュー

堀井菖蒲さんの他のおすすめレビュー371