この人生に喝采を【角川武蔵野文学賞応募作品】

作者 雨 杜和orアメたぬき

入りやすく、深く考えさせられる名短編

  • ★★★ Excellent!!!

古代から伝わる巨人「ダイダラボッチ」を人生をかけて追い求めた教授がたどりついた境地とは――?
導入は軽妙で入りやすく、読み進めていくに現実感や真実味が増していき、読者を作品世界に引き込むのが上手な作家様という印象を受けました。
そして最後には(ネタバレになるといけないのであまり言えませんが)人間の想像力というものや、人生そのものについて深く考えさせられました。
信じたものを一途に追い求める人生も素敵だと思いました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

土地には、その土地に溶け込んだ血肉がある。
武蔵野には武蔵野にしかない、濃厚な存在感があります。
そこで生まれ、そこで生きてきた人にしか語れぬ物語。
読めば、行ったこともない武蔵野に対する郷愁が湧い… 続きを読む

和希さんの他のおすすめレビュー 781