この人生に喝采を【角川武蔵野文学賞応募作品】

作者 雨 杜和orアメたぬき

ダイダラボッチとはなにか?

  • ★★★ Excellent!!!

この作品では古民家のイメージが合います。
古い家に、古い資料。その中から生まれたのは……?
彼女の人生に喝采を。
ダイダラボッチの存在は大きかった。いやダイダラボッチではないのかもしれない。もっと不定形で不安定な存在が彼女を見ていた。

でも、それでも彼女が望んだダイダラボッチと思うと人生に意味があったに思える。それこそ喝采をあびるに値するのだろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

土地には、その土地に溶け込んだ血肉がある。
武蔵野には武蔵野にしかない、濃厚な存在感があります。
そこで生まれ、そこで生きてきた人にしか語れぬ物語。
読めば、行ったこともない武蔵野に対する郷愁が湧い… 続きを読む

夕日ゆうやさんの他のおすすめレビュー 113