若輩者のうわごと

作者 埋もれていく言葉の数々

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全65話

更新

  1. 意味がなくても書く意味
  2. ペンネームなんて誰が見てるんだ
  3. 価値のある言葉
  4. 急がず待つ
  5. 眠れなかった
  6. ネタ切れの前に命が切れるだろう
  7. どうしようもなく
  8. 飽きずにやる
  9. カクヨムとかいう別世界
  10. それでも、歩いていけるものなら
  11. 月日は流れる星のよう
  12. またやってしまった
  13. このあいだ、こんな夢を見ました
  14. 無謀な使命感
  15. 焦燥感という足枷
  16. 本当には発熱していないけど
  17. 寝ていたのかもしれないし
  18. どうしたって続けるしかないのだから
  19. 子供になりたいだなんて嘘つくな
  20. こんなもん読んでる暇あるなら体を休めろ
  21. 限界があるとして
  22. 傷つけてしまうくらいなら
  23. 続けるっていうのは使命感じゃないから
  24. 誰でもできるって事は
  25. 止める理由
  26. よくレベル上げしていられるな
  27. 僕ではないんだなという気持ち
  28. ちなみに、まだ100PVも超えてないよ
  29. あの時の思い出のような
  30. 求めるはインスタント
  31. 結局、異世界って何なんだ
  32. 危うく、危うくなるところだった
  33. 実はもう100PV超えてました
  34. 続ける自分と、途方もない空間
  35. 悪い奴のせいにはできないのさ
  36. 続く、続く、続く。
  37. そして元の位置に戻っていく
  38. 空想の行先が異世界だっただけなんだ
  39. 「自分」が行うということ
  40. 世の中は平日なのに
  41. 例え、誰も僕を見つけなかったとしても
  42. それでも、旅は続く
  43. 生きていると、生きていないといけない
  44. いつか、今日はあの日になって
  45. 軸を持たない独楽みたいな
  46. リアリストでないのは分かっている
  47. 投影されていく自分
  48. みんな、わからないでいるんだ。
  49. ハートマーク一つでは、何も変えられない。
  50. 自分の事が嫌いだからって
  51. だってもう九月だからね
  52. 書く事なくなっても書くんだ
  53. 40pv
  54. 僕はいい人ではないかもしれないけれど
  55. 義務は僕を生きさせない
  56. お気楽にいこう
  57. 毎日更新から目を背けている
  58. いずれ全てが消えてしまうとしても
  59. nemui
  60. 他の誰にもなれないし
  61. 世間に僕が追い付いていかなければ
  62. ここって何も書かなくてもいいのかな
  63. どうしろと
  64. ここで一人叫んでいるだけだもの
  65. だから、どうしても。