神の血に溺れる

作者 出っぱなし

142

48人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

『カミーノ・チニ・オボレール
 2021
 デ・パナーシ』

 こちらは大人向けのエッセイジャンルという位置づけであり、
 その中でも高品質なワインエッセイである。

 では、さっそく読んでみよう。

 読み口は軽やかでフルーティー、だが読み進めるにつれてどっしりとした芳醇な香りが広がる。
 果実味を感じさせるみずみずしさと、経験に裏打ちされた観察眼のマリアージュが素晴らしい。

   ●●●

 と、読んだ人にしかわからない冒頭はこれくらいにして。

 エッセイはどれも同じ構成で書かれており、冒頭にワインの紹介がある。
 その味わい、香り、特徴などが見事な表現で描写され、ワインの魅力が伝わると同時にとにかく飲んでみたくなる。

 続くのはワインに合わせる料理。それがまた鼻孔をくすぐり、空腹を刺激してくるのだ。
 しかも各国を旅した著者ならではの、多国籍な料理の数々がまたとにかくおいしそうなのである。

 しかもこれすら前菜。

 本文にあたる後半からは著者のワイン修行の日々が描かれる。それこそ本当に多数の国をまわり、ワイナリーで働き、世界を旅してまわった経験が素朴に語られる。

 ワイン造りのこと、ブドウのこと、畑のこと、ワイナリーの仕事。
 旅した国々で出会った人々、異国の空気感や国民性、独特の美味しい料理の数々。
 美しい女性たちもたびたび登場するが、こちらはあまり甘い話にならなかったり。
 とにかくこの本編が異世界を旅するように魅力的なのである。

 著者が旅して実地に経験してきたワイン造りの日々。
 さまざまな人生が交錯する数多の人々との出会いと別れ。
 それらが混然一体となって見事なエッセイに昇華しています。

 読み口は軽くとも、芳醇な味わいが舌に残るそんなエッセイです。さらにノートでは本編に登場する料理の写真があり、その日に飲んだワインの解説がありと、とに… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

大人向けのタグがついていますが、今となってはアルコール禁止となってしまった私だから言える。
好きなだけワインや料理を食べられるのは若いうちです。
若い人ほど、積極的に日本の外の世界に出ていい思い出を作りましょう。

私はこれを読んで、昔、カリフォルニアのシリコンバレーで働いていた頃に、仲間や先輩と一緒に毎日のように車で長距離を飛ばして各地の料理やワイナリーの試飲に出ていったことを思い出しました。

今日はフィッシャーマンズ・ワーフ、明日はナパ!次の日はモントレー。
時にはメキシカンの独特の肉料理に一口も食べられず撃沈することもありました。

仕事しろ?今もそうなんですが、パソコンと通信環境があれば問題なかったのです。二十年前にはなかったけど、今でいうワーケーションなのでしょうね。

そんな昔の思い出を呼び覚ますような秀逸なエッセイでした。

ありがとう。

★★★ Excellent!!!

なぜ、レビューを書いていなかったのだろうかと自分でも驚くほどに、素晴らしいエッセイです!

作者の出っぱなしさんの生き方が素敵です!

ワインを作ろう!と思い立ってフランスに出かけたあたりからエッセイが始まりますが、なんてこった!?な出来事あり、嘘、それって♡と思ってドキドキしたりと読んでいて心が忙しく、飽きることがありません(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

何より、ワインの知識が毎話毎話、前半で学べるので、そこもめちゃくちゃ魅力的!
お料理との組み合わせも勉強できます!


近況ノートで毎回お料理とワインの写真もアップされるので、それも見どころ♪


出っぱなしさんの人間味溢れる書き味も、お人柄が出てて、勝手にお友達のつもりで読んでいます!ユーモラスで真面目。美味しくってバカンス!


あなたもぜひ、この世界に足を踏み入れてみませんか?
旅行気分でワインを傾けたくなりますよ♫


むっちゃ!
オススメです!!!

★★★ Excellent!!!

もう、何て贅沢!
もう、何てステキ!
もう、とにかく読んで読んで!
ワイン好きも、そうでない人も!
お酒が飲めない人も、ワインが飲みたくなる!
いえ、旅行がしたくなる?
いえいえ、料理が食べたくなる?
いえいえいえ、人生を語ろうか!

私は、ゆっくりと、お酒を片手に読みたいと思います!
いや、お酒がなくても!

そんなステキなお話です!


★★★ Excellent!!!

作者がフランスのワイナリーで経験した、数々の経験を綴った紀行エッセイです。
……だけではなく、エピソードごとに一本ずつワインを取り上げ、紹介とともに料理まで用意し、ワインとのマリアージュを堪能させてくれるグルメエッセイでもあります。太っ腹!

私はお酒が飲めなくて、ワインにも詳しくありませんが、美味しそうな料理と現地での貴重な経験の数々に、毎回惹き込まれました。

現地の人たちとの出会いと別れ。ワイン作りに関する知識。よい葡萄を作るための苦労と心意気。
読むうちに、温かで真剣な、ワインに携わる人たちの思いが押し寄せてきて。
それらすべてがこのエッセイにぎゅうっと集められ、熟成していくような感覚を覚えます。
さらに、作者自身が流した汗と熱い思いが加わって、ここでしか味わえない、極上のマリアージュが結実していくのです。

ワインがお好きな方も、そうでない方も。
この一作、どうぞじっくりとお召し上がりください。

★★★ Excellent!!!

各話ごとに紹介されるワインとそれに合う料理。ぼくはワインの知識は皆無ですが、無性に同じワインを同じ組み合わせで試してみたくなります。
それだけでも十二分に楽しめるというのに、なんと、作者さんの体験談が面白いこと面白いこと。
とりありあえず同じワインを買ってきて、見知らぬ土地に思いを馳せながら、一杯やりたくなる作品です。
もしも既婚者であれば、料理担当に話に出てくる晩御飯のリクエストして、自分はワインを買って帰るなんてのもちょっとした一興かと。

★★★ Excellent!!!

美味なるワインと、ワインに相性抜群の料理達。そして、作者様がフランスで過ごされた経験談とで構成される味わい豊かなエッセイです。
1話ごとに紹介されるワイン&料理は表現力豊かに描写されており、その度に食欲がダイレクトに刺激されてしまいます。そして、それに続くフランスでの作者様の経験談がまた何とも魅力的。異文化ならではの明るく陽気で解放的な空気に、自分たちがいかに日々せせこましく息苦しい空気を吸って生きているのかを痛感させられます。
こんなふうに大らかに人生を楽しむことを、私たちは忘れているというか、そういう楽しさを全く知らないというか。せめて日々を生きる心の持ち方だけでも、何か少し変えてみたい。そんなことを思わせてくれる、広々と豊かな空気が作品に満ち溢れています。
生きることは、悩みや苦しみがひっきりなしに続くけれど、だからこそ生きる事に楽しさを見出すべきだ。もっと大らかに積極的に。
この国ではなかなか感じることのできない豊かな空気をたっぷりと堪能できる、明るい太陽の匂いのするエッセイです。

★★★ Excellent!!!

コロナ禍で鬱屈とした日々を過ごす、旅好きの皆様へおすすめしたい作品です。
家にいながら、海外旅行の雰囲気を味わうのにぴったりなちょっと大人向けの物語。
作者様の経験を元に書き上げたお話は、いずれも魅力的できっと読んだ人の心を現地に連れて行ってくれるでしょう。
その地域の食事やお酒の豆知識など、この作品について語り出すと切りが無いので……続きは是非ご自身の目で確かめて見て下さい。
自信を持って皆様へおすすめ致します!