命の値段『ソウル・カード』

作者 甲斐央一

人生と向き合うことの大切さを見いだせる作品

  • ★★★ Excellent!!!

物語は、今まさに自殺しようとしている登場人物達の前に、神であるゼルが現れ、自分の寿命と引き換えにお金を引き出せるソウルカードを手にすることから始まりす。
 
登場人物達はソウルカードを手にし、それぞれの人生を振り返りながら、これからどうしていきたいかを考える事になりますが……。

それぞれの登場人物達の想いや情景が巧みに表現された文章で、読む人の心を掴む作品です。美しい自然描写や丁寧な背景など物語は作り込まれており、登場人物達に思わず感情移入してしまう程、様々な試練が待ち受けています。

この作品を読みながら、自分ならどうするか?どう試練に向き合うか?を考える機会となりました。

とてもおすすめの作品です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

さんの他のおすすめレビュー 619