未来へのセレンディピティ

作者 中澤京華

暗示と暗喩

  • ★★ Very Good!!

 明治時代の自然主義文学をほうふつとさせる、静かなたたずまいの中に波紋が広がっていくようなお話。

 日常のさなかに突き当たる偶然は、現実でもありどこか陽炎めいた揺らぎも見せる。三人の将来を祝福したい。

 詳細本作。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

マスケッターさんの他のおすすめレビュー 1,521