冷蔵庫の中に眼鏡

作者 くれは

私が最後に彼に求めた、かたちあるもの。それは。

  • ★★★ Excellent!!!

染みました。愛情というかたちないもの、の代わりに、最後に主人公に彼に求めたのは、かたちあるもの。
タイトルの「冷蔵庫」と「眼鏡」が象徴する物語内での比喩も切なくて、胸に迫るものがあります。
小道具が「ストーリーを体感させる小道具」として上手く生かされており、短い戯曲を読むような味わいも感じさせられました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

つるよしのさんの他のおすすめレビュー 60