あの瞼、けっこう気に入っているんだ

作者 木野かなめ

《恋》不思議。

  • ★★★ Excellent!!!

誰かを好きになる。
言葉にすればひと言でも、それはとても不思議なことです。
誰もが素敵だと想うところを好きになるわけじゃない。誰もが嫌がるところにこそ、何故だか強く惹かれることもある。
ひとを好きになるというのはきっと、こういうことなのですね。

読むと胸がきゅんとなって、「ああ、恋がしたい!」と想える小説です。
この恋の季節に、是非ともご一読を!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

夢見里 龍さんの他のおすすめレビュー 301