カクヨムユーザーさんは凄く恵まれています。

カクヨムユーザーさんは凄く恵まれています。「創作の神様との付き合い方」は非常に大切な事を書いています。
シナリオ志望の時にメソッド本10冊買って読んだ内の『脚本を書くための101の習慣』における血肉になったことが、ここで抜き出されています。メソッド本100冊読んだとして、運があって巡り会えるかの大切な事です。

日本人ならば概念的な神様が降りて来るで済まされる事が、西洋は神様と常に向き合ってる事もあって、その過程を体系化出来ているからです。

メモを思いついたら取る事。まずはそこから入って、次第にオーサライズされる事で、幾重にもアプローチ出来ては、ワンパターンや見た事ある展開も回避出来るかもしれません。
詳しくはどうぞ「創作の神様との付き合い方」を読んでみてください。

その他のおすすめレビュー

判家悠久さんの他のおすすめレビュー225