無能王太子の日々徒然

作者 こうしゅう

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第129話 サガラとザルードへのコメント

    更新有難うございます。
    しまった!更新見逃してた!な一読者です。

    とうとう、サガラと公爵の顔合わせ。
    鬼のような公爵の体どころか魂にまで傷をつけるミミリラ父兄。
    最初の頃のジャスパならやられてたんじゃないかな(笑)
    関係性も一区切りついたところで、今度はカーマイン側の行動になるのだろうか。
    次もまた楽しみにしています。

  • 第129話 サガラとザルードへのコメント

    更新お疲れ様です
    今までの試みの成果はひとまず落ち着いてきた感じ

    残っているのは7人?宮廷魔術師の件と内なる声になるわけですが
    前者はさておき後者は少し遅咲きの話と思うので狂言回しが動きそうな予感
    本ってのは新展開の描写が一番楽しいですよね、ということで今後ともよろしくお願いします

  • 第129話 サガラとザルードへのコメント

    その可愛い弟くんが王様にでもなればお兄ちゃんは弟くんのために走らなければなりませんなあ。←ニヤニヤ

  • 第129話 サガラとザルードへのコメント

    旦那と娘と珈琲店でデザートセットを堪能中
    更新を発見しました。ありがとうございます!

    お爺さまのミミリラの父兄の話に
    エルランドのジャスパーへの感謝に

    店内で泣きそうでした。

    鼻がツンとするのを耐えていたらタコ顔になっていたらしく娘に笑われました(爆)

    シムシスが出ないので冷静な感想文にちょっとドヤ顔←

    今回も楽しく拝見しました。お爺さまと共に複製体がいるのがちょっとむずむずしましたが(笑)
    次回更新お待ちしてます。くれぐれもご自愛下さい。

  • 第129話 サガラとザルードへのコメント

    この先代と兄がいてなお残すべき麒麟児として逃がされたミミリラのポテンシャルがヤバいw 普通兄が女子供率いて逃げて次代の種をまくんでしょうに。

    マルリード親子と握手したけどこれ何かの機会に閣下が手を許した時に正体ばれるのでは? 彼ら握手の手ごたえで判別できそうな気がしますよ?

  • 第74話 アンネの訪問へのコメント

    いつも、楽しく読んでます。(笑)
    ジャスパーの正体は、明かさずですか
    じぃ~の驚く顔を見たかったです。 
    ( `ー´)ノ

  • 第128話 種族会議と忠誠の証2へのコメント

    今から話すのは妄想です。笑


    正妻を迎え。

    やがて嫡男が産まれ。

    嫡男が成長しミミリラ達になつく。
    (めっちゃ獣耳気になるジュニア)

    だが!だがしかし!

    可愛いジュニアにかまいたくても!

    条件反射で抱っこしてあげたくても!

    ミミリラ達にはジャスパー以外の男性に触れたら死んじゃう!

    ・・・という主に固く誓った過去がある!

    困るミミリラ達。

    なつく嫡男。

    仕方なく逃げるミミリラ達!

    追いかけるジュニア!

    一定距離を保ちながらなんとか砕いた説明で分かってもらおうとするミミリラ達!

    難しいことは分からないから嫌われてると泣き出すジュニア!

    ミミリラ達大混乱!

    満を持してカーマイン登場!
    (むしろ遅い)

    その後、サガラ女人衆の誓い緩和案が話し合われ賛成多数の合議に至り無事サガラ女人衆達からモフモフパラダイスの歓迎を受け感無量ムフーなジュニアであった。
    (父の血は受け継がれた)

    みたいな未来のコメディ奮闘記(?)が見えた。
    (長い妄想、完。笑)

  • 第96話 アーレイ王国の歴史へのコメント

    良かった~(>_<)テンプレ無いのかと焦った~

  • 第128話 種族会議と忠誠の証2へのコメント

    お久しぶりです。

    正妻の件ですが、なんとなくだけどその公女様だと女性たちも纏まってくれそうな予感。子供の事で難しく考える主人公に良いじゃない別にとか言いそうですね。
    もちろん序列ははっきりとさせた上ででしょうが。

  • 第128話 種族会議と忠誠の証2へのコメント

    忠誠は受け取らねばならぬ……上が気を使ってバランスとろうとしたら下は下で見ているものが違うが同じくバランスをとろうとしているっていう。
    ホント組織運営は大変だなあ……No.2のミミリラはその辺ノータッチ、というか封建制ワンマン経営を揺らがせるわけにいかないから基本全部一人で判断して正解を引き続けないですからねえ。

    古来妊娠がアクティブスキルとか王家のルーツに触れる重大事なんでしょうけど……その辺どうなんですかお母様?

  • 第128話 種族会議と忠誠の証2へのコメント

    シムシスがーーーシムシスがーーー


    いっぱい喋ったーーーーーー!!!!!?!?

    ウワァァァァァァ!!!!!!


    おはようございます。更新ありがとうございます。完徹でテンション高めの豆大福Nです。
    二次創作で小説書いて、もうすぐ弁当作る時間です。眠い。

    今回、吸血属根魂属、粘りましたね。
    シムシス喋る喋る!!寝てないテンションの主婦に燃料投下ありがとうございます!
    しかも、ロメロ思い出した!!カー=マインが、ロメロ思い出した!!

    ウワァァァァァァ!!!!!!

    ゼェゼェ……

    根魂属が生物として超優秀とか、ニール達が紳士とか、もう少しツッコミ所あったけど、今回は無理。あざぁぁぁぁぁぁぁす!!

    ゼェゼェ……
    くれぐれも。くれぐれも。作者様は徹夜せぬよう。ご自愛ください。
    今回も更新楽しく←楽しく拝見しました。

  • 第128話 種族会議と忠誠の証2へのコメント

    更新有難うございます。一読者です。

    皇帝になる目は無くなったけど、どの兄弟よりも多く後宮を作ってそうなジャスパー。
    安寧を得るために一族の一部を差し出す。
    現時点でそれ以外の働きで信頼を得る自信がなかったのかな。
    それだけ立場・状況ともに厳しいということか。
    そして、未だ語られるだけの新ヒロイン。元婚約者。
    そりゃもう黙ってないんでしょうね(笑)登場を心待ちにしております。

    最近、更新頻度が上がってきていて嬉しいけど心配する気持ち。
    どうかご自愛のほどを。

  • 第128話 種族会議と忠誠の証2へのコメント

    いつも楽しく読ませていただいています。
    ハーレムは作っても安易に子は残さないという王族としての責任感をもってて素晴らしいと思います。自分と一度でも交わった者を他の男に渡したくないから子供は産めないという独占欲はどうかと思いますが、もはやご愛嬌ですね。(笑)

    流石に全員は無理でも族長クラスなどの主要人物は側室として十分だと思うのですがどうなのでしょうか?これだけの忠誠心に熱き一族なら正室の子の良い助けになるでしょうし権力者の観点から見ても各部族と縁を結び、より一心同体になれるのは有益しかないように思えます。対外的にも多くの亜人と縁戚関係になったことを示せれば他家への牽制となり大きな利点を生むと思うのですが、そのあたりはどうなのですか?
    公爵になったとしても王族の名前は残っていますし敵対してくる他の公爵に立場の違いをわからせるためにはいいと思うのですが。



    これは元婚約者が国王に直訴して追いかけてくる流れかな!

    次回も楽しみにさせていただきます。

  • 第128話 種族会議と忠誠の証2へのコメント

    「ハーレム」なんて簡単には言えない。深くて、重い。

  • 第128話 種族会議と忠誠の証2へのコメント

    お疲れ様です、更新多め、ウレシイウレシイ

    遅かれ早かれとは思いましたが思ったより耐えました
    各勢力の根っこが集まるところになっているせいか割と精神は枯れているのは面白い処
    お爺ちゃん来たところでお友達をどんな紹介するんですかねw

    ところで世界観を人に喋らせるのではなく巻末や文頭に
    何か偉人っぽい人の言葉に注釈みたいに説明を載せるやり方がありますね
    今更って感じもしますが割と魅力的な歴史的人物も多い作品なので全部主人公が話すの勿体ないなと思ったりしました、そういうとこも徒然なのかもしれませんがw

  • 第77話 アンネの秘密へのコメント

    僕は自分の首を動かしてミミリラを見た。
     こいつはアンネ達が莫大な金貨をもってしても得られなかったものを、自分一人で手に入れた。つまり金貨数万枚の価値のある女か。国王でも手に入れるのを躊躇う程に良い女って訳だ。

    ってありますが、ミミリラが金貨数万枚の価値がある女ってジャスパーを射止めたからアンネより価値がある女ってことですか?アンネもジャスパーの妾になれたので同じ価値だと思うのですがどうなんでしょう?
    それとも他の人も聞いていましたがアンネと逆になってるということですか?

    作者からの返信

     ご質問とっても有難うございます。

    >ミミリラが金貨数万枚の価値がある女ってジャスパーを射止めたからアンネより価値がある女ってことですか?~

     過去のご質問頂いたものを読み直していたこうしゅうです()

     ここはミミリラに対して言っていますね。

     アンネ達は最高級娼館で働く、凄まじく価値があり、また資産を持っている女達と言うわけでして。
     そんな女性達は、それだけの価値を持ちながらも結局主人公と出会うまでは、絶対的な後ろ盾を手にすることは出来なかった。
     けれど、ミミリラはそういった付随する価値を持っていないにも関わらず、主人公から絶対的な安寧を自分一人を対価にすることが出来た。
     凄い女だよなぁ。

     って感じの意味合いでとってもらえたら大丈夫だと思いたいです(震え)

     この時点でのお話をすれば、アンネ達は別に自分達の価値で主人公に後ろ盾になってもらった訳ではなく、単純にしてやったぜ、的な感じで安寧を手に入れたので、そういった違いがあるって感じです。

     数万枚の価値、って言う額に関しては、この会話の時点では主人公はアンネ達がどれだけの資産を持っているか具体的に知らなかったからくるてきとうな予想です。

     こんな感じでご納得頂けましたでしょうか(震え)

     また何かしら疑問点等御座いましたら、遠慮なくコメント頂けると幸いです。

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年9月15日 02:41

  • 第46話 凱旋と論功行賞へのコメント

    敵を倒したのにステータスそのままオール1(レベルを含め)で良かったのかな?

    作者からの返信

     ご感想とっても有難うございます。

    >敵を倒したのにステータスそのままオール1(レベルを含め)で良かったのかな?

     全く問題なかったりします。
     その辺りについては、後々(相当後ですが)に判明してくると思いたいです、はい。

     ではでは、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

    2021年9月15日 02:31

  • 第127話 種族会議と忠誠の証1へのコメント

    サガラもだけど、血筋的に世継ぎ作れないまぐわいしか出来ないんじゃなかったでしたっけ?
    血統絶える事についてどう考えてるんだろう

    作者からの返信

     いつもご感想とってもとっても有難うございます。

    >サガラもだけど、血筋的に世継ぎ作れないまぐわいしか出来ないんじゃなかったでしたっけ?

     完全に作れませんね、ええ、ええ。
     そういう意味で良い度胸していると思います。

    >血統絶える事についてどう考えてるんだろう

     この辺りについては次回にて判明すると思います、はい(既に更新済みと言う)

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年9月15日 02:30

  • 第127話 種族会議と忠誠の証1へのコメント

    閣下がそこまで要らないと仰有るなら、小生が引き受けるのも吝かではない!

    ···でも30人のセカンドパートナーかぁ、、。
    満足させられる自信がない( ω-、)

    作者からの返信

     いつもご感想ひゃっはー有難うございます。

    >閣下がそこまで要らないと仰有るなら、小生が引き受けるのも吝かではない!

    閣下「要らないとは言ったがやるとは言ってない」

     むしろこうしゅうが!()

    >···でも30人のセカンドパートナーかぁ、、。
    >満足させられる自信がない( ω-、)

     先ずは公爵級から守ってやれるだけの強さと、養ってあげられる甲斐性からですね……(遠い目)

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年9月15日 02:29

  • 第127話 種族会議と忠誠の証1へのコメント

    出来れば私、それにあと数名気に入った者がいれば…とかならまだしも選ばれる側で人数指定するとは不敬にもほどがあると言われても仕方ないのでは? ミミリラさん、(威圧)やっておしまいなさいw 初手オールベットしてようやく生き残ったサガラからの印象も悪くなりそうな……婚姻政策を推しすすめようというのにねえ?

    作者からの返信

     いつもご感想HEY有難うございます。

    >人数指定するとは不敬にもほどがあると言われても仕方ないのでは?

     表の顔(カー=マイン)の時にこんなことを口にしていたらただじゃあすまなかったと思います()

    >ミミリラさん、(威圧)やっておしまいなさいw

     ご主人様から「やれ」の一言が出た瞬間に一瞬で世界へさようなら間違いないですね(震え)

    >初手オールベットしてようやく生き残ったサガラからの印象も悪くなりそうな……

     オールベットって表現にくすりとして、当時のお話を読み直して更にくすりとしたこうしゅうです。
     確かにオールベットだった……
     しかもあの時は怨敵と言う対象だったという。そう考えたら凄まじい覚悟でしたね。

    >婚姻政策を推しすすめようというのにねえ?

     普通に考えて絶対的な上位者に、狂信者達の前でこんな言葉を発するのは「殺して下さい」と言っているも同然という(震え)
     ある意味良い度胸しているので頼りがい(?)があるともわんちゃん言えるのか?(言えません)

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年9月15日 02:27

  • 第127話 種族会議と忠誠の証1へのコメント

    更新有難うございます。今日はネタがない一読者です。

    種族文化の変化についての打診。
    さすがに長らく定着してきた内容なだけに、簡単にはいかないようですね。
    さてさて、どのように変化していくことになるのか。
    ジャスパーの愛妾追加打診の結果は?
    次を楽しみにしています。

    作者からの返信

     いつもご感想めりーめりー有難うございます。

    >更新有難うございます。今日はネタがない一読者です。

     最近ARKってゲームがやりたくて仕方がないこうしゅうです。
     時間もなければPCが脆弱だよ!(涙)

    >さすがに長らく定着してきた内容なだけに、簡単にはいかないようですね。

     今回は仮にも連盟単位で且つ絶対的支配者がいるからこそこんな気軽ですが、これが国単位だったら胃が痛くなるような緊迫感が満載ですよね。

    >さてさて、どのように変化していくことになるのか。

     多分、山もなく谷もなく、あまり変わらずに進んでいくことと思います。多分。多分。

    >ジャスパーの愛妾追加打診の結果は?

    閣下「ふむ」(ミミリラを愛でながら)

    >次を楽しみにしています。

     いつもこのお言葉に励まされております。
     本当に、本当に(真顔)

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年9月15日 02:22

  • 第127話 種族会議と忠誠の証1へのコメント

    夜更かし最高ーーー!!

    更新ありがとうございます!発見!!
    まあ夜更かしというか体調不良で寝れなかっただけですが(笑)どうも誕生日にゲロリンしてグロッキーな豆大福Nです(爆)

    さてさて。今回の展開とサブタイトルの関係が気になるところですが。特に子種を落とせないカー=マインに対して族長及び親族と言う血の濃い部分を充てがうのは、果たして良い事なのか?

    あ。シムシス喋った(〃ω〃)←
    あ。シムシス長文喋った(〃ω〃)←

    今回も楽しく拝見しました!
    季節の変わり目は体調崩しやすいです。
    油断なさらぬよう、ご自愛下さい。

    作者からの返信

     いつもご感想ひゃっはー有難うございます。

    >夜更かし最高ーーー!!

     夜更かしらめぇーーー!!
     自分は振り返らない、こうしゅうです。

    >まあ夜更かしというか体調不良で寝れなかっただけですが(笑)
    >どうも誕生日にゲロリンしてグロッキーな豆大福Nです(爆)

     洒落になってないです(震え)
     僕なんて気にせずご自愛下さいませ(真顔)

     ハッピーバースディ豆大福Nさんヾ(´▽`;)ゝ

    >特に子種を落とせないカー=マインに対して族長及び親族と言う血の濃い部分を充てがうのは、果たして良い事なのか?

     正直、あんまり良くないんじゃないかなぁって思ったり思わなかったりします、はい(←書いた張本人)

    >あ。シムシス喋った(〃ω〃)←
    >あ。シムシス長文喋った(〃ω〃)←

     喋らせちゃった(〃▽〃)←

    >季節の変わり目は体調崩しやすいです。
    >油断なさらぬよう、ご自愛下さい。

     僕以上に豆大福Nさん、お大事下さいませ(真顔)
     それはそれとして、いつも本当本当有難うございます。

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年9月15日 02:18

  • 第127話 種族会議と忠誠の証1へのコメント

      仕来たり
    正 仕来り

    作者からの返信

     ご指摘とってもとっても有難うございます。

    >正 仕来り

     有り難く修正させて頂きました(震え)

     また何かしらありましたら、どうぞよろしくお願い致します。ます(真顔)

    2021年9月15日 02:06

  • 第126話 ミミリラとのんびりへのコメント

    閣下、全然のんびりしてないが、まぁ、いいじゃないか!
    休みとは、平日に出来なかったことを纏めてやる日なのです。忙しいのです。わかりますとも。
    安息日はユダヤ人にしか訪れません。


    合法ロリ!ティティリ!!ティティロリ頂きました!!!あざぁ〜〜す♪
    閣下の寵愛に肖ったら、「何らかの」栄養素が体も心も隅々まで満たし、合法ロリ→艶々豊満なケモ娘に一気に成長してみんなポカーン、、まで読めました。

    続き待ってます。

    作者からの返信

     いつもご感想わっしょい有難うございます。

    >閣下、全然のんびりしてないが、まぁ、いいじゃないか!
    >休みとは、平日に出来なかったことを纏めてやる日なのです。

     閣下にとっての休日とは、えーと、えーと、夜かな?(休んでいるとは言ってない)
     むしろお仕事とは休日にどれだけやるかを想定して日程を組むことだと思うこうしゅうです(遠い目)

    >安息日はユダヤ人にしか訪れません。

     多分、ぱぱ上が「この日は祝日にするか」と言えばなんとかわんちゃん(なりません)

    >合法ロリ!ティティリ!!ティティロリ頂きました!!!あざぁ〜〜す♪

     けも耳尻尾、ロリ。あと多分ヤンデレ属性付きそうですね……!
     この世界メガネってあるのかなぁ(遠い目)

    >閣下の寵愛に肖ったら~

     ロリ属性が失くなるじゃないですか!()
     まぁ似たような展開はあるかも知れませんが。多分、きっと、恐らく、maybe……

    >続き待ってます。

     ありがたき(´;ω;`)

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年9月15日 02:04

  • 第126話 ミミリラとのんびりへのコメント

    夜更かしをしなかった日に限って更新ががガガ。
    作者様生きてて良かった(爆)ゆっくり休養して欲しいけど更新ないと寂しいのは変わりなく。
    私も天気悪いと偏頭痛で屍状態が多かったです。
    健康である事が一番ですね。
    手足のささくれと、喉のイガイガに秋を感じる今日この頃。

    久々の更新ありがとうございます!
    たまにはのんびりな1日も良いですね。
    情事で死屍累々って。ジャスパーの性欲に脱帽です。毎回思うのですが、一度の人数が多いと、その間待機してるメンバーを想像すると…(笑)ひとりに対し何回すると屍化するのか…つい考えてしまう40代女子(?)です。

    ジャスパーも疲れが溜まっている様子。
    作者様もジャスパーも、じっくりゆっくり身体を休めていただきたい!読者の願いです。
    次回更新も楽しみにお待ちしてます。
    くれぐれもご自愛下さい。

    作者からの返信

     いつもご感想マイノリティー有難う御座います。

    >夜更かしをしなかった日に限って更新ががガガ。

     夜更かしはよくないと思います!(鏡を見ながら)

    >作者様生きてて良かった(爆)ゆっくり休養して欲しいけど更新ないと寂しいのは変わりなく。

     まだだ、まだ終わらんよ!
     今後は分割気味にして更新頻度増やす方向でいこうかなーと思ってたり思わなかったりします。
     最初期の方をみたらそうしてましたし、初心に戻るべし。

    >私も天気悪いと偏頭痛で屍状態が多かったです。~

     偏頭痛は……あれロキソニンですら耐えられないですよね(´・ω・`)
     年齢を取ると、本当、健康って崩して初めて大事さに築くんだなぁってつくづく思います。

    >たまにはのんびりな1日も良いですね。

     ( *´∇`)_旦

    >情事で死屍累々って。ジャスパーの性欲に脱帽です。

    閣下「配下(女衆)には負けられない」

    >その間待機してるメンバーを想像すると…(笑)

     多分表に出した瞬間BANされること間違いない、そんな感じだと思います、はい。

    >ひとりに対し何回すると屍化するのか…つい考えてしまう40代女子(?)です。

    「部屋の中ではミミリラ含めて全員がベッドの上か敷布を敷いた床に倒れ伏している。僕が昂ぶっていたのが主な理由だが、途中でお互いの感度を高くする方法に気づいたのもあってこうなってしまった。」
    ※第90話 増えた集合体員とご挨拶より

     多分、女性は一回相手してもらうだけで数十回分のダメージ(意味深)を受けてるんだと思います、はい。

    >ジャスパーも疲れが溜まっている様子。
    >作者様もジャスパーも、じっくりゆっくり身体を休めていただきたい!読者の願いです。

    閣下「のんびりしたい」
    こうしゅう「(返事が無い、屍のようだ)」

     いつも本当、本当、有難うございます(´;ω;`)

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年9月15日 02:00

  • 第126話 ミミリラとのんびりへのコメント

    名前は出ないが所々で閣下への好意が見えていたティティリ、子供だと思ってたらロリじゃなかったw これはもうじき羽化の気配……?

    お休みと言いつつ働きまくっている閣下、潰れたやつらのゲ〇の始末までw 自分たちが休んでる間に働いてる主君から下賜される希少な品々、これは忠誠度天元突破間違いなしですね。

    作者からの返信

     いつもご感想ぷりちー有難う御座います。

    >名前は出ないが所々で閣下への好意が見えていたティティリ、子供だと思ってたらロリじゃなかったw これはもうじき羽化の気配……?

     まだだ、まだ慌てる時間じゃない……(さぁてどう料理すればいいのか……)

    >お休みと言いつつ働きまくっている閣下、潰れたやつらのゲ〇の始末までw

     普通に考えたらありえねぇ!
     元王太子であり現公爵家当主にそこまで世話をしてもらえるなんて光栄の至りですね……!(震え)

    >自分たちが休んでる間に働いてる主君から下賜される希少な品々、これは忠誠度天元突破間違いなしですね。

     多分、もっと前から既に突破して宇宙まで到達していたと思います、はい、はい。
     後は銀河を飛び出すだけか……

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年9月14日 23:58

  • 第126話 ミミリラとのんびりへのコメント

    更新有難うございます。
    気が付けば9月。早々に肌寒い日がやってくるようになりびっくりした一読者です。

    とうとう出てきてしまった合法ロリ(笑)
    必要な栄養素も接種出来ず逃亡生活。
    生きていくためにエネルギー消費を抑えた体型を維持して、生存を優先させたくもなりますよね。
    逆を返せば、それほど過酷な状況だったという証左。
    しかし、生き延びた甲斐はあった。ジャスパーという希望に出会えた。
    安らぎを得て、次に求めるのは種の保存としての本能だろうか。
    ソロっと7人目に入りそうな予感(笑)

    普段だと残暑厳しい時期ですが、今年は少し気温が低めでしょうか。
    お体に気をつけてお過ごしください。
    また次を楽しみにしています。

    作者からの返信

     こちらこそいつもご感想とってもとってもスペシャル有難う御座います。
     寝る前に毛布を蹴っ飛ばしていたら「さむ!」と言う言葉と共に叩き起きる毎日、こうしゅうです。

    >とうとう出てきてしまった合法ロリ(笑)

     後は何の属性を出せばいいのかな(違)

    >逆を返せば、それほど過酷な状況だったという証左。

     いずれサガラの逃亡生活についても書いてみたいなぁと思いつつ、正直ダークな感じにしかならないよなぁと思いとどまる日々であります。

    >安らぎを得て、次に求めるのは種の保存としての本能だろうか。

     どっちかっていうと肉食系じょs(ターン)
     獣人種だし、ある意味間違ってないな……

    >ソロっと7人目に入りそうな予感(笑)

     (´・ω・`)……

    >普段だと残暑厳しい時期ですが、今年は少し気温が低めでしょうか。
    >お体に気をつけてお過ごしください。
    >また次を楽しみにしています。

     冷えるのもそうですが、気温差が出てくるのだけは勘弁して欲しい今日この頃であります。
     いやもういつもご心配とっても有難う御座います。
     ライファさんもお仕事大変でしょうが、くれぐれもお大事下さいませ。

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年9月14日 23:56

  • 第126話 ミミリラとのんびりへのコメント

    のん(´・ω・`)びり回

    ところで前に見かけた気がするミミリラ達一部(サガラ女人衆ほぼ全体?)の
    『ジャスパー以外の男性に触れたら自害する』誓いをしていたような気がするけど、それって著しく戦闘能力を下げる誓いのような気がするんですが自己満足(気持ち)以外の特典はあるのでしょうか?

    ジャスパーも気持ちは嬉しいが安全対策的にも自己防衛的にも何より戦力が下がるから無茶な誓いを止めてほしいとか言わずにそのまま誓いを止めなかった気がするし。

    あり得そうなのは例えば厳しければ厳しい誓いを立てるほど想いは力となり身体能力にブーストがかかるとかかな?

    でもカーマインとして軽はずみに子作り出来ないとはいえ、万が一、億が一、妊娠したら?

    子作り解禁したとして、その子が産まれて息子だったら誓いを立てた者達はどうするんだろ?とか未来の心配してみたり。

    過去の回で説明があったりコメントですでに出てた疑問だったらすみません。

    作者からの返信

     ご感想とってもとっても有難う御座います。

    >のん(´・ω・`)びり回

     ( *´∇`)_旦~~

    >『ジャスパー以外の男性に触れたら自害する』誓いをしていたような気がするけど~
    >それって著しく戦闘能力を下げる誓いのような気がするんですが~

     金の神への誓いに関してはまだこの時点では出ていない設定があるので、その辺りは今後(後一話、二話くらい後……)に判明してくると思います。
     あと、特に戦闘能力を下げるなどと言った効果は無いと思います。「相手に触れないようにする=戦闘の幅が狭まる」と言う意味なら合ってると思いますががが。

    >あり得そうなのは例えば厳しければ厳しい誓いを立てるほど想いは力となり身体能力にブーストがかかるとかかな?

     この世界では“誓いに関しては”そう言ったことはないかなぁって思います。誓いに関しては(意味深)

    >でもカーマインとして軽はずみに子作り出来ないとはいえ、万が一、億が一、妊娠したら?
    >子作り解禁したとして、その子が産まれて息子だったら誓いを立てた者達はどうするんだろ?とか未来の心配してみたり。

    「なので、僕は「不可抗力以外で男に触れない、不可抗力であっても男に身体を許さない限りは問題ないことにする」と言う内容に緩和しようと申し出た。」
    ※第96話 アーレイ王国の歴史より

     多分子供に関してはこの「不可抗力」の範疇にはいるかなぁって個人的には思います。
     もしくは子供を妊娠したと判明した時点で誓いの緩和を主人公から申し出ると思います。多分。

    >過去の回で説明があったりコメントですでに出てた疑問だったらすみません。

     Σd(`・ω・´)問題無しです

     今後も気になる点などありましたら、遠慮なく仰って下さいませ。
     こうしゅうとしてはそれだけ読んでくださっていることだと感じますので、むしろ喜びます。

     ではでは、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

    2021年9月14日 23:32

  • 第43話 無能王太子の吶喊へのコメント

    最高です!!!!!!!!!!!!!!!!
    個人で暴れ回って無双するだけじゃないのも凄いポイント高い

    作者からの返信

     ご感想とっても素敵に有難う御座います。

    >最高です!!!!!!!!!!!!!!!!

     このお言葉こそが最高です!!!!!!!!!!

    >個人で暴れ回って無双するだけじゃないのも凄いポイント高い

     大丈夫です。
     どうせ後の方で個人で暴れまわるだけになると思います(最低)

     ではでは、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

    2021年9月8日 00:58

  • 第49話 騎士対冒険者へのコメント

      とこの時始めて思い出した。
    正 とこの時初めて思い出した。

    作者からの返信

     ご指摘とってもとっても有難う御座います。

    >正 とこの時初めて思い出した。

     大変有り難く修正させて頂きました。

     また何かしらありましたら、遠慮なくご指摘頂けたら幸いです(震え)

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年9月8日 00:57

  • 第1話 自己紹介へのコメント

    ざまぁ要素があるとおもろいかも
    父親とか

    作者からの返信

     ご感想とってもとっても有難う御座います。
     お返事大変遅くなりました。

    >ざまぁ要素があるとおもろいかも

     僕の作品にざまぁを求めるのは割と無謀かも知れません……(震え)

     ではでは、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

    2021年9月8日 00:56

  • 第125話 憎悪は、感謝を以て狂信にへのコメント

    ジャスパーパンチを受け止めた金属をちょっと固い程度って……魔獣の魔力で強化されてたりしなかったんだろうか? いや、鎧の方もそれを身に付けるのにふさわしいレベルの奴が魔力で強化するのか……((((;゚Д゚))))
    まあ鎧なら隙間もあれば中の人が耐えられる衝撃に限度があるから今回の魔獣より楽でしょうけど。

    お爺様訪問……褒美っていうけど実質同じ財布の中で違うポケットに動かすだけなのでは? まあ公的予算から裏金にプールしたと思えばいいんですけど。

    気温差も激しくなりコロナも一層流行の昨今、更新の方はのんびり通知が出るのを待っていますのでどうかご自愛ください。

    作者からの返信

     いつもご感想めりーめりー有難うございます!
     お返事遅くなりましてござ候……

    >ジャスパーパンチを受け止めた金属をちょっと固い程度って……魔獣の魔力で強化されてたりしなかったんだろうか?

     もしかしたらしていたのかも知れませんし、してなかったのかも知れません……今後、あの魔獣が何だったのかについてと共に、色々と判明していけたらいいなぁって思います。
     あと、ぱぱうえはやっぱりつぉい!(何)

    >いや、鎧の方もそれを身に付けるのにふさわしいレベルの奴が魔力で強化するのか……((((;゚Д゚))))

     カー=マインの【性質硬化】を使えばわんちゃん……

    >まあ鎧なら隙間もあれば中の人が耐えられる衝撃に限度があるから今回の魔獣より楽でしょうけど。

     そもそも防具で身を守ってる時点で閣下の攻撃に耐えられないと言う証明なので、わんぱんちですね。

    >お爺様訪問……褒美っていうけど実質同じ財布の中で違うポケットに動かすだけなのでは?

     むしろ元々がカー=マインの財布の中と言う……
     どっちかっていうと、ジャスパーへのご褒美っていう体裁の面が強いかなぁって思ったりしたりしなかったりします。
     まぁ財布は本人のものなんですけれど……(視線逸らし)

    >まあ公的予算から裏金にプールしたと思えばいいんですけど。

     毎回ですけど言い方ぁっ!!(笑)

    >気温差も激しくなりコロナも一層流行の昨今、更新の方はのんびり通知が出るのを待っていますのでどうかご自愛ください。

     有難う御座います、有難う御座います。
     その言葉だけで十年戦えます(´;ω;`)

     とは言え、やっぱり更新は定期的にできたらなぁって思っちゃいますね。

     ではでは、また次回もどうぞよろしくお願い致します。

    2021年9月8日 00:55

  • 第125話 憎悪は、感謝を以て狂信にへのコメント

    更新ありがとうございます!
    読むのをググッと我慢して弁当3つ仕上げた主婦Nです。ちらし寿司弁当です。

    色々なキャラ居ますが、ジャルナールも好きなキャラ。萌えはありませんが、一番最初に侍った忠臣ですから、読者としても信頼は熱いです。

    ちなみにシムシスとロメロ同じくらい好きですよ。でもロメロ出てこないもん(T ^ T)近衛になったロメロ出てきますかね?ザルードに押し掛けてもいいんですよ?豆大福Nは大歓迎です。出番なくても語尾に登場してもいいんですよ?「〜アル」みたいな昔のベタな中国人みたいに「〜ロメロ」って語尾(爆)……違。ロメロ出番ないから余計にシムシス愛が特出して見えますが、同じくらい好きだーーーーーーーー!!!!!!

    長くなりましたが……(笑)
    今回はニールの言葉にジンと来るものがありました。お祖父様が居たから母上様がいて、お祖父様が母上様を大切に愛したから、無能とされた王太子にも母上様は愛情を注いだ。もちろんお祖父様も。だからこそ確信できる、嘗ての仇に対しても感謝できるほどの、ジャスパー…カー=マインに対しての揺るぎない忠誠。
    カー=マインに集う臣下達は揃って忠臣ですが、その芯にある忠誠は変わらずともそれぞれ形の違う働きをそれぞれがカー=マインの為に捧げているんだな、と朝から過去回を色々読み直してしまいました。

    途中愛を叫んだから、今回も感想が長い(爆)
    体調が良い時に気晴らしにお読みください。
    今回更新も楽しく拝見しました。
    くれぐれもくれぐれも無理をなさらずご自愛下さい。

    作者からの返信

     こちらこそいつもご感想ゴリゴリ有難うございます!

    >読むのをググッと我慢して弁当3つ仕上げた主婦Nです。ちらし寿司弁当です。

     朝からどんだけ頑張ってるんだ……と感心を通り越して脱帽のこうしゅうです。
     ちなみにあの甘いピンクのやつは苦手です(何)

    >色々なキャラ居ますが、ジャルナールも好きなキャラ。萌えはありませんが、一番最初に侍った忠臣ですから、読者としても信頼は熱いです。

     かーらーのー↓

    >萌えはありませんが

     この部分に豆大福Nさんのこだわりを感じました(真顔)

    >ちなみにシムシスとロメロ同じくらい好きですよ。

     おお、何と嬉しいお言葉。

    >でもロメロ出てこないもん(T ^ T)

     (´・_・`)……

    >近衛になったロメロ出てきますかね?

    (予定では後五話くらい後かなぁ(メタ))

    >ザルードに押し掛けてもいいんですよ?豆大福Nは大歓迎です。

     そういう展開は僕も非常に胸熱です。
    (そういう展開になるとは言ってない)

    >みたいな昔のベタな中国人みたいに「〜ロメロ」って語尾(爆)

     真面目一直線なキャラが大崩壊なんですがそれは! それは!

    >ロメロ出番ないから余計にシムシス愛が特出して見えますが、同じくらい好きだーーーーーーーー!!!!!!

     ロメロとシムシスが同時に出てくるお話の際に豆大福Nさんから頂けるご感想が今から楽しみで我慢ならないこうしゅうです。

    >長くなりましたが……(笑)

    「ながっ!?(笑)」とは笑ったこうしゅうですが、それだけキャラクターを愛して貰えているということの証明なので、むしろばっちこいです。

    >お祖父様が居たから母上様がいて~
    >カー=マインに集う臣下達は揃って忠臣ですが~

     多分このお話でいっっっっっっちばん頭を悩ませたシーンなのでそう言って頂けると非常に嬉しいです。
     本当は三人称で各キャラクターの視点も描写していればもっと説得力のあるシーンになったんだろうなぁ、って、作品の品質と言う観点で色々と思うところがあったり無かったりするこうしゅうです。

    >朝から過去回を色々読み直してしまいました。

     ありがてぇ……ありがてぇ……

    >途中愛を叫んだから、今回も感想が長い(爆)
    >体調が良い時に気晴らしにお読みください。

     その分こうしゅうは非常に喜んでおります(ガチ)
     五回くらいは読み直しました。

    >今回更新も楽しく拝見しました。
    >くれぐれもくれぐれも無理をなさらずご自愛下さい。

     いやもういつも労い励ましのお言葉、痛み入ります。
     ちまちまでも更新を続けていけたらなぁって思うので、どうぞ今後ともよろしくお願い致します。ます。

     ではでは、また次回の更新にて。

    2021年9月8日 00:49

  • 第125話 憎悪は、感謝を以て狂信にへのコメント

    更新お疲れ様です。
    コロナに、豪雨に、持病の経過と様々な試練が襲いかかりますが、これを乗り越えた暁には、こうしゅう氏の魂魄は4,000,000ほど上昇し、精神と肉体の耐性は8-4程に、そしてミミリラのバストは200cmを越えることでしょう。

    ご自愛ください。

    作者からの返信

     いつもご感想モアーモアー有難うございます、ますっ。

    >コロナに、豪雨に、持病の経過と様々な試練が襲いかかりますが、これを乗り越えた暁には

     試練だらけな件について(震え)

    >こうしゅう氏の魂魄は4,000,000ほど上昇し、精神と肉体の耐性は8-4程に

     多分、格闘家になって稼ぎ始めると思います(最低)

    >そしてミミリラのバストは200cmを越えることでしょう。

    「あまり大きくなり過ぎても困るな、と思う。ただ大きいだけだと見栄えが悪いし形とか色々とあるからな。」
    ※第110話 さらば王太子屋敷より

    閣下「困るな」
    ミミリラ「絶対に困らせない」

     おっきな母性は好きですが、奇が付くあれは苦手なこうしゅ(ターン)

    >ご自愛ください。

     労いのお言葉感謝の一言です(´;ω;`)

     ではでは、次回もまたどうぞよろしくお願いいたします。

    2021年9月8日 00:36

  • 第125話 憎悪は、感謝を以て狂信にへのコメント

    更新有難うございます。一読者です。
    ジャスパーの一撃を凌いだ装甲が、ジャスパパにかかれば多少硬い程度。
    カーマイン一族の強さの底が見えない(笑)
    さてさて、ザルード公爵のプライベート訪問。何が目的か?
    次を楽しみにしています。が、ご自愛優先で。

    作者からの返信

     いつもご感想有難うございます、ます。
     雨よ止め! 止んでくれ! そんな思いでいっぱいなこうしゅうです。
     お返事ごっさ遅くなりましたぁ……!

    >ジャスパーの一撃を凌いだ装甲が、ジャスパパにかかれば多少硬い程度。
    >カーマイン一族の強さの底が見えない(笑)

    ぱぱ上「まだまだ甘いな」

     何だかんだと大陸最強の血筋を引き、周辺国家から恐れられ続けた国の、御歴代最強の国王陛下なので(震え)

    >さてさて、ザルード公爵のプライベート訪問。何が目的か?

     案外、孫とお茶をしたいだけかも知れません(ないです)

    >次を楽しみにしています。が、ご自愛優先で。

     いつも本当励みになります(´;ω;`)
     自分を愛しすぎて身体がたこみたいにふにゃふにゃになってきたこうしゅうでした。

     ではでは、またどうぞよろしくお願いいたします。

    2021年9月8日 00:33

  • 第29話 ふと浮かぶ、母の手よへのコメント

    次は「孫の手」かな?www

    作者からの返信

     ご感想とってもとっても有難うございます。
     お返事大変大変遅くなりました(滝汗)

    >次は「孫の手」かな?www

     上手いことを仰るぅっ!(笑)

     ではでは、また今後ともどうぞよろしくお願い致します。

    2021年9月8日 00:30

  • 第124話 四十一階層の脅威へのコメント

    カー=マインが苦戦する相手ですか・・・

    歴史上の人物の中でも屈指の人物とされる御歴歴と比べて、謙遜するシーンなどちょくちょく挿入されてましたが、今回の相手は現実の強敵であり、本人もですが読者も冷や汗の流れる展開でしたね。


    また、今までの王族として意地に加え仲間を背にすることによって、戦士としてだけではなく、率いるものとしての自覚したところもなかなかクールな場面であったなぁと感じました。

    雨天の続く時期ではありますが、ご自愛しつつ執筆活動を頑張って頂ければ幸いです。

    しかしながら、続き続きと待ちわびている読者の一人もお忘れなきよう・・・(笑)

    作者からの返信

     いつもご感想ありがてぇ……ありがてぇ……こうしゅうです。
     お返事スペシャル遅くなりました(震え)

    >カー=マインが苦戦する相手ですか・・・

     少年漫画っぽい展開になってきましたね。ええ。ええ。

    >歴史上の人物の中でも屈指の人物とされる御歴歴と比べて、謙遜するシーンなどちょくちょく挿入されてましたが、今回の相手は現実の強敵であり、本人もですが読者も冷や汗の流れる展開でしたね。

     ここで普通なら修行パートとかが入るのが世間一般の流れですが、もうそれは終わっているので安心ですね()
     まぁえっとほら、この作品のタグには主人公最強が入ってるので(以下略)

    >雨天の続く時期ではありますが、ご自愛しつつ執筆活動を頑張って頂ければ幸いです。

     もう本当、お気遣いに涙がちょちょぎれです(´;ω;`)

    >しかしながら、続き続きと待ちわびている読者の一人もお忘れなきよう・・・(笑)

     誰が忘れるものか……忘れられぬものか……!
     いや本当、このお言葉が何よりの励みになります。

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年9月8日 00:29

  • 第124話 四十一階層の脅威へのコメント

    殿下の全力(物理)が効かないとか……世の中にはすごいのがいるなあ。素材加工できるんだろうか?

    @nagatamaさんがおっしゃるにはあの部屋の体積量の水ではどうやっても潰れなさそうなので、不壊の壁で閉じた空間に水を出し続けて相手の熱で蒸発させ続けたら果てしなく蒸気圧が高まって圧壊するか、そこから一気に凍らせて体積を増やし押しつぶすとかならいけそうな気がしました。

    1匹目のこいつが異常なのか他も全部ヤバいのか検証の余地はあるでしょうけどこの人数でやることではないですね。

    作者からの返信

     いつもご感想今日も珈琲がうまいぜ!有難うございます。
     お返事遅くなりました……へへ……(震え)

    >殿下の全力(物理)が効かないとか……世の中にはすごいのがいるなあ。素材加工できるんだろうか?

     少年漫画でありがちなインフレのスタートですね(駄目駄目)
     素材加工は多分、普通に出来るんじゃないかなぁって思ったり思わなかったりします。どっちかっていうと売りもののような(最低)

    >@nagatamaさんがおっしゃるには~

     大失敗感があって心にぐっさりこうしゅうでした(白目)
     蒸気圧とか凍らせての体積を増すは面白いですね。
     一応その辺りを考えたこともあるので、もしかしたら今後出てくるかも知れません。
     ただあんまり細かい物理学的なのを入れすぎるとファンタジー要素が薄れそうなので程々の方がいいのかなぁ、って割と悩んでいるこうしゅうです(手遅れ)
     ちなみに【紫玉の嘆き】の元ネタは水蒸気爆発とか粉塵爆発だったりします。あるいは組み合わせちゃいけない分子結合とか。科学的要素いれてんじゃねぇか!(自虐)

    >1匹目のこいつが異常なのか他も全部ヤバいのか検証の余地はあるでしょうけどこの人数でやることではないですね。

     一人か、ミミリラ達だけだったら確実に「さぁ、検証の時間だ……!」ってハッスルされる閣下の姿が見られましたね。
     今後魔窟探索編でも出てくればその辺り判明してくるのかなぁって思ったり思わなかったりするこうしゅうです。多分。多分。

     ではでは、またどうぞよろしく素敵にお願い致します。

    2021年9月7日 23:49

  • 第124話 四十一階層の脅威へのコメント

    更新お疲れ様です。
    もう慣れましたが、凄いボリュームでしたね。
    それだけにたくさん誉めちぎりたいことがあるのですが、何分情報量もたくさん過ぎて、、。

    ちょっと先にAmaz○n primeで新エヴ○を見てから感想書かせて貰いますね!

    作者からの返信

     いつもご感想べりーべりー有難う御座います。
     いつも労いのお言葉有難う御座います((´;ω;`))

    >もう慣れましたが、凄いボリュームでしたね。

     慣れて頂けました(白目)
     最近割と本気で五千文字は短いなぁって書いてる内に思うようになってきたこうしゅうです。
     書き始めた当初は「三千文字くらいで一話でいいや」って思ってたところもあったのにどうしてこうなった。

    >それだけにたくさん誉めちぎりたいことがあるのですが、何分情報量もたくさん過ぎて、、。

     こうして一言頂けるだけで、もうそれが最高の賛辞なんですよね(真顔)

    >ちょっと先にAmaz○n primeで新エヴ○を見てから感想書かせて貰いますね!

     むしろそちらの感想を四百字原稿、十ページくらいで書いて頂けたら嬉しいなぁ!
     まだ見てないんですよね……(血涙)

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します、ます。

    2021年9月7日 23:34

  • 第124話 四十一階層の脅威へのコメント

    41層に居た強敵が実は謎の存在によるちょっかいで本来ならもっと徘徊モンスターは弱かったんだけどその事実に気づかず(気づきようがないとも言う)に安全策を取り引き返しちゃった説。笑

    作者からの返信

     ご感想とってもとっても有難う御座います。
     お返事が素敵に遅くなり大変申し訳なく……申し訳なく……(震え)

    >41層に居た強敵が実は謎の存在によるちょっかいで本来ならもっと徘徊モンスターは弱かったんだけどその事実に気づかず(気づきようがないとも言う)に安全策を取り引き返しちゃった説。笑

     (´・ω・`)……
     
     熊による全力サマーソルトボディプレス!さんのように感の良い読者は嫌いだよ……(震え)(ハガレンより)

     じ、実際のところはどうだったんでしょうねっ!(滝汗)

     ではでは、大変お返事遅くなってしまいましたが、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

    2021年9月7日 23:31

  • 第124話 四十一階層の脅威へのコメント

    更新ありがとうございます♪
    ここ最近で、読んだ中で最も面白い作品で、
    いつも楽しく読まさせていただいています。

    読み抜かしたり、記憶の抜けで理解が及んでないだけかもしれないのですが、主人公の魂位は、経験値が全てミミリラ達に流れて上がらない状態だと、魂位つまりレベルが上がらない状態なのでしょうが、主人公の余裕めいたものは、どこから来るのでしょうか?
    思考等にかかってる制限がそうさせてるなら、問題は感じないのですが…

    というか、体力精神力の最大値が増える以外に、魂位が上がるメリットってなにがあるのでしょうか?ステータスの各等級が高ければ、それが全てに思えてくるのですが…
    主人公は特殊な状況なだけで、通常は魂位があがり、それを契機に等級が上がるのかとも思ったのですが、生まれながらの天才達はそんなふうではないような気がして少し頭がこんがらがってしまいお聞きしました。
    長くなってしまい申し訳ありません、余裕があれば教えていただけると幸いです。

    作者からの返信

     ご感想ととっても素敵に嬉しいお言葉有難う御座います。
     折角ご感想頂いていたのにお返事遅くなり大変申し訳御座いませんでした。

    >主人公の余裕めいたものは、どこから来るのでしょうか?
    思考等にかかってる制限がそうさせてるなら、問題は感じないのですが…

     多分、現時点では本人も分かってないんじゃないかなって思ったりします。後、どうしようも無いから今のところ保留しているだけか。(あるいは思考に制限が掛かっているのが一番の理由か……(視線逸らし))
     今のところ僕の口から語ることは出来ませんが、強さ自体に対する焦りは本人も持っているようなので、その辺りは今後の展開で判明していけばいいなぁって思います。

    >というか、体力精神力の最大値が増える以外に、魂位が上がるメリットってなにがあるのでしょうか?

    「やっぱりちょっとおかしいなこれ。前は魂位が184だったし、能力等級値も上昇してる。あ、これは魂位が上昇したからかな?」
    ※第55話 一心同体より

    「魂位が上昇しても“基本的には”生命力と精神力しか上昇しない。大量の魂位上昇のお陰か今は確かに昨日よりも能力等級値が多少上昇しているが、あくまでも“多少”だ。
    それなのにここまで実感を受けているのは違和感がある。」
    ※第63話 当たり前の無理より

    「ミミリラ達三人は爆発的な魂位上昇レベルアップを果たしてしまい、現在は全員能力等級値が6を超えてしまっているので最早初期からの比較検証は出来無いし、そもそも魂位自体が僕よりも倍以上あるのでむしろ僕が恩恵を受ける側だ。
     僕自身も大発生スタンピードの前とでは比べ物にならない程に魂位が上昇しており、他のサガラや娼婦達も魂位や能力値がぐんぐん上昇している。」
    ※第107話 王太子とミミリラより

     一応本文でも語られているように、魂位が上昇することでの能力等級値の上昇効果自体はあります。
     本来は微量ですが、ミミリラ達は莫大な魂位上昇をしているので全員の能力等級値も爆上がりしている、と言うのが現状ですね。

    >主人公は特殊な状況なだけで、通常は魂位があがり、それを契機に等級が上がるのかとも思ったのですが、生まれながらの天才達はそんなふうではないような気がして~

    「弟には間違い無く才能が有る。能力値とは上昇しない者はどれだけ訓練しても上昇しない。上昇すると言うことは、それだけで素質があると言う証明なのだ。」
    ※第47話 兄と弟より

     基本的には魂位上昇は生命力、精神力、体力等が上昇することが主な効果ですが、前述のように魂位上昇自体にも能力等級値の上昇効果はあります。
     あまり詳しくは言えないのですが、生まれながらの天才達も基本的には「生まれた時点では皆が1-1」と考えて頂いて問題無いと思います。
     外殻(身体)が成長していない=結果が表示される個体情報には1-1しか無いと言う感じです。
     主人公みたいな例外も居るかも知れませんが、基本的には天才達は能力等級値の上昇率に凄まじい補正が掛かっている、と言う感じの解釈をして頂けたら頭がすっきりするかも知れません(ぇ)。

     また、魂や魂位に関しては現段階では作中に出てきていない設定もありますので、@coron-さんが抱いてくださった疑問も今後色々と判明していくと思います。多分、きっと、恐らく、めいびぃ……
     むしろ頭をこんがらせてしまったこうしゅうの技量に問題ががが……(白目)

     まだまだ拙い作品ではありますが、楽しんで頂けているようでとっても嬉しく思います。
     よければ今後ともどうぞ、末永くよろしくお願い致します。

    2021年9月7日 23:25

  • 第124話 四十一階層の脅威へのコメント

    いつも楽しく拝見しています。
    魔法ということで、地球とは違う物理法則ならいいのかもしれませんが、そうでないのなら一点おかしなところを指摘させてもらいます。
    水は非圧縮性流体なので、圧縮するというのはおかしいです。水深が深いほど水圧がかかるのは、深さ分の水が乗っかってくるからです。

    作者からの返信

     ご感想とってもとっても有難う御座います。

    >いつも楽しく拝見しています。

     嬉しいお言葉、感謝の一言です(´;ω;`)

    >一点おかしなところを指摘させてもらいます。
    >水は非圧縮性流体なので~

     ある意味最高に嬉しいご指摘有難う御座います。

     一応その点に関しては承知の上で描写しているつもりだったのですが、描写の表現が壊滅的にアウトだと気付かせて頂きましたので、有り難く修正させて頂きました(号泣)

     ここは読み手のイメージ優先と、矛盾を可能にしていると言う点を強く意識して貰いたかったのでああ言った表現を用いたのですが、見事に大失敗した感があって、真面目に恥ずかしくて数分程悶絶しておりました。

     ただ、逆にその点に疑問を抱いて貰えたのは凄く嬉しかったです。
     水に関してとっても詳しいお方が宮廷にはいるので、多分@nagatamaさんのご指摘をそのままに言葉にしてくれると思います。頑張れカー=マイン(何)

     こう言った矛盾点、疑問点などのご指摘は大変有り難く思います。
     今後も何かしら今回のような点がありましたら、是非遠慮なくお言葉頂戴出来ますと幸いです。

     今回はご指摘、本当に有難う御座いました。
     またどうぞ、今後ともお付き合い頂けたら幸いです。

    2021年8月14日 18:26

  • 第124話 四十一階層の脅威へのコメント

    更新ありがとうございます!
    朝からご馳走様です!!

    ジャスパーの一撃が通用しない魔獣にびっくりです。話を聞いた父王とお祖父様がワクワクしそうw

    不愉快を感じ矜持に引っ張られそうになるカー=マインも好きですね。ミミリラに止められちゃうけど、ひとりの時ならそれはそれで腕白w

    ちょこちょこシムシスの名前ありがとうございます←違w
    いいんです。怯んでても萌えるからw

    連日雨続きで洗濯物乾きません。墓参りも躊躇する、引きこもりDAYS。更新とても嬉しいです。
    コロナも増えててますますステイホームですから、小説三昧ですよ。
    次回更新も楽しみにお待ちしてます!
    くれぐれもご自愛下さい。

    作者からの返信

     こちらこそいつも有難う御座います!!
     朝食代わりには成りませんが、デザート程度にはなって貰えたなら幸いです。
     ちなみにこうしゅうの今日の朝食はヨーグルととバナナでした。
     そしてさっき三色団子(ミニマム)を食べました。
     今日のお食事はそれに加えて栄養ドリンクだけ、必要摂取カロリーってなんだったかな、そんな僕です。

    >ジャスパーの一撃が通用しない魔獣にびっくりです。話を聞いた父王とお祖父様がワクワクしそうw

    父上「ふむ……(ちらっ)」
    母上「(にこにこ)」

    お祖父様「(カインがザルードに戻ってきたら……)(ちらっ)」
    お祖母様「(にこにこ)」

    >不愉快を感じ矜持に引っ張られそうになるカー=マインも~

     割とストッパーが居なければ、国内でも上位に位置する危険人物に違いないですね(震え)
     まぁそれはパパ上もお祖父様もそうなんですが。
     腕白って表現にすると、なんか可愛く見えてくるこの不思議。ママ上から見ればそうなってるような気もしますが。

    >ちょこちょこシムシスの名前ありがとうございます←違w
    いいんです。怯んでても萌えるからw

     ほんっっっっっっとうに、好きですね!(笑)
     作品のキャラクターを好きと言って貰えると、作者冥利に尽きます。

    >連日雨続きで洗濯物乾きません。墓参りも躊躇する、引きこもりDAYS。更新とても嬉しいです。

     連日スマホに避難警報がひっきり無しに飛んできて、とうとうレベル5になった引きこもりBOYS。少しでも喜んで貰えたなら幸いです。

    >コロナも増えててますますステイホームですから、小説三昧ですよ。

     僕は最近は、ゲーム実況やら、初めてVチューバーなるものを見始めました。中々良いものですね。
     小説は色々と理由があって他作品を読まないようにしているので、何だか羨ましいです(涙)

    >次回更新も楽しみにお待ちしてます!
    >くれぐれもご自愛下さい。

     よーしこうしゅうがんばっちゃうぞー(何)
     いつもご心配、本当に有難う御座います。頑張って健康体目指します。

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年8月14日 18:20

  • 第124話 四十一階層の脅威へのコメント

    更新有難うございます。
    アイ・オブ・ザ・ビホルダーを思い出した一読者です。

    辿り着いた41層で、ジャスパーが本気が必要だと思わせるほどの脅威を持った魔物の出現。
    通路全体を埋め尽くす火炎攻撃とか、2匹以上現れたら攻撃する暇も無さそう(笑)
    50層超えたらカーマインパパみたいなのがPTで来たりしそうですね。
    全滅待った無し(笑)
    ジャスパーも更なる強さを求める切っ掛けになりましたし、良い探索でしたね。
    また次をお待ちしております。

    作者からの返信

     いつもご感想暑い日々に感謝の一声、有難う御座います。
     アイ・オブ・ザ・ビホルダーって何だったかなと先生に聞いてみたら、やったことの無いゲームでした。
     ただ、画像とかを見て色々と納得したこうしゅうです。
     むしろ今の年齢になってやってみたい部類のゲームだなぁって心から思います(ガチ)

    >通路全体を埋め尽くす火炎攻撃とか、2匹以上現れたら攻撃する暇も無さそう(笑)

    >通路全体を埋め尽くす火炎攻撃とか、2匹以上現れたら攻撃する暇も無さそう(笑)

     おおっとぉ、数十話後が楽しくなりそうですねぇ(震え)
     今の僕の口からは何も発することが出来ませぬ……

    >50層超えたらカーマインパパみたいなのがPTで来たりしそうですね。
    >全滅待った無し(笑)

     何それ怖い(笑)
     そんなのばかりが出てきたら、最終章で良いんじゃないかな思う今日この頃。
     そして全滅待った無し。

    >ジャスパーも更なる強さを求める切っ掛けになりましたし、良い探索でしたね。

     しかし強さを求めても手に入らないこのジレンマ。むずむず。集合体の六人はうずうず(何)

    >また次をお待ちしております。

     いつも有難う御座います。
     のんびりまったり、マッハで更新できたらいいなぁって思います。

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年8月14日 18:11

  • 第124話 四十一階層の脅威へのコメント

    目玉君、可愛いのは名前だけって言うね。
    ああいうゴーレム系だと生命活動も1か0しか無さそうだからローラル達に配下にしてもらうのも無理そうだし…いやその前に相手が強すぎて現時点で無力化は無理か。

    作者からの返信

     いつもご感想有難う御座います!

    >目玉君、可愛いのは名前だけって言うね。

     自分がころころしてるけど、実際は人の命をころころしてる子と言う。

    >ああいうゴーレム系だと生命活動も1か0しか無さそうだからローラル達に配下にしてもらうのも無理そうだし…

     血が通ってて、且つ火属性じゃなかったらわんちゃんあったかも知れないですね(震え)

    >いやその前に相手が強すぎて現時点で無力化は無理か。

     無理な空気がばりばりに出てますね(遠い目)
     まぁ本当に欲しい対象だったら何とかしていたのかも知れませんが、それ以前に現時点ではただの敵としか認識されていないので、結局は破壊される未来だけがあたまをよぎるこうしゅうです。

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年8月14日 13:43

  • 第124話 四十一階層の脅威へのコメント

    今の能力値ですら不安要素が沸いてきたわけだしカーマインの成長を妨害してると思わしき存在から釈明してほしいところ

    作者からの返信

     いつもご感想とってもとっても有難う御座います。

    >今の能力値ですら不安要素が沸いてきたわけだしカーマインの成長を妨害してると思わしき存在から釈明してほしいところ

    ???「はてさて」

     多分、百話くらい後にきちんと出てくるんじゃないかなぁって思います、はい(願望)
     元々この存在自体、もっと後から出てくる予定だったのにどうしてこうなったんでしょう。
     全ては七色のあの人たちが悪い(真顔)

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年8月14日 13:39

  • 第124話 四十一階層の脅威へのコメント

    ん〜目玉強いね!

    そろそろ王に挨拶するのかな?

    前のフィアンセが気になるの〜

    作者からの返信

     ご無沙汰しております!
     いつもご感想有難う御座います。

    >ん〜目玉強いね!

     シンプルな目玉な敵キャラは強いもの、昔からそんなイメージがあるこうしゅうです。

    >そろそろ王に挨拶するのかな?

     多分あと数話で頭をペコリしに行くと思います。

    >前のフィアンセが気になるの〜

     多分、あと五十話以内には出てくると思います(願望)。
     ……ああいや、五十話以上掛かりそうですね(遠い目)。
     まぁその、引っ張りに引っ張っている状況ですが、特別目立つキャラでもないかなぁって思うところもあるので、興味一割程度で丁度良いと思います、はい。

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年8月14日 13:37

  • 第123話 これが本当の経験値稼ぎ2へのコメント

    圧倒的パワーレベリングw トレインする必要もないというお手軽さである。
    この小鬼がなにかのフラグなのかは気になるところですが……。

    作者からの返信

     いつもご感想有難う御座います有難う御座います(涙)

    >圧倒的パワーレベリングw

    ジャスパー「戦闘なんて無かった」

    >トレインする必要もないというお手軽さである。

     むしろ向こうから倒されに来るのが礼儀とすら思っている、元国内上位三位のお方らしい手法ですね(にっこり)

    >この小鬼がなにかのフラグなのかは気になるところですが……。

     広げた風呂敷はたたまないもの、そう習ったこうしゅうです……(視線逸らし)

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します、ます。

    2021年8月14日 13:34

  • 第123話 これが本当の経験値稼ぎ2へのコメント

    更新ありがとうございます!
    朝から発見して、文章量を考えて家事終わるまで我慢我慢……できなかったorz

    最近シムシスの名前見るだけで嬉しいのは、病気かな?

    無双状態のレベリングで、周りは若干呆れてる?女衆は当然って顔して侍ってそうwj

    冒険者らしい?ジャスパーが見れて嬉しい!
    今回も楽しく拝見しました!!

    クーラー部屋からでたら外の方が涼しかったから朝の空気を取り込もうと窓全開したら、近くの畜産試験場の牛さん(糞)の香りが満載で泣きながら窓を閉めたテンション駄々下がりの豆大福N。
    朝から徒然読んで元気出ました!

    次回更新お待ちしてます。
    熱中症は室内でも怖いですから、くれぐれもご自愛下さい!

    作者からの返信

     こちらこそいつも朝食はパン派な気分でありがとう御座います!

    >朝から発見して、文章量を考えて家事終わるまで我慢我慢……できなかったorz

    子供達「ゴハンマダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン」

     のんびりお時間ある時にどうぞ……!(震え)

    >最近シムシスの名前見るだけで嬉しいのは、病気かな?

     愛だと思います。多分、きっと、恐らく、めいびー(視線逸らし)
     そう言えばロメロも割と似た感じなのですが、あちらはそうでもないのかな、とたまに思ったりな僕です。

    >無双状態のレベリングで、周りは若干呆れてる?女衆は当然って顔して侍ってそうwj

     どちらかと言えば女衆はジャスパーの横顔に見惚れてるだけだと思います、はい。
     魂位が上がっているのには後で気付く、みたいな(駄目駄目)

    >冒険者らしい?ジャスパーが見れて嬉しい!

     他の方からのご感想で気づいたのですが、マジで久しぶりの冒険&戦闘でしたね……!

    >今回も楽しく拝見しました!!

     アリガタヤ……アリガタヤ……

    >クーラー部屋からでたら外の方が涼しかったから~
    >朝から徒然読んで元気出ました!

     ドライブの最中、涼しいからと窓を開けて走っていたらとんでも無く素敵な香り(糞)が車内を満たしたあの日を思い出したこうしゅうです。
     窓を閉めても開けたままでも地獄だよ!
     ちょっとでもフローラル(吸血属)な香りで中和できたのなら幸いです、です。

    >次回更新お待ちしてます。
    >熱中症は室内でも怖いですから、くれぐれもご自愛下さい!

     のんびりまったりと、お待ち頂けたら幸いです。
     ちなみにこの間、真面目に室内熱中症になりそうだったので、久しぶりに冷えピタに救いを求めました(震え)
     ご心配いつもとってもありがとう御座います。

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年8月14日 13:31

  • 第123話 これが本当の経験値稼ぎ2へのコメント

    更新有難うございます。一読者です。

    思っていたより早い更新。思っていたより文量多め。寝ぼけた頭に染み入ります。
    ジャスパ先生による各階層を1つのモンスター部屋扱いにした経験値稼ぎ。
    まさにスーパーパワーレベリング(笑)
    集まりまくった素材にジャルナール先生もニッコリですね。
    ご先祖様はこれより強いとかどんだけェ…。

    さてさて、未知の階層。
    ジャスパーが少しでも脅威を感じる相手が出てくるのかどうか。
    また次を楽しみに待ってます。

    作者からの返信

     こちらこそいつもご感想の有り難みに涙が止まらないこうしゅうです。

    >思っていたより早い更新。思っていたより文量多め。寝ぼけた頭に染み入ります。

     お時間ある時にのんびりどうぞ……!(震え)

    >ジャスパ先生による各階層を1つのモンスター部屋扱いにした経験値稼ぎ。

     トル〇コの大冒険とかなら「うごごごご……」となるのに、ジャスパーなら「よしよし」となっているゲーム画面が頭に浮かびました。

    >まさにスーパーパワーレベリング(笑)

    ジャスパー「戦いなんて無かった」

    >集まりまくった素材にジャルナール先生もニッコリですね。

     その内、本店の売上を越すんじゃないかなぁって思ったり思わなかったりするこうしゅうです。
     いやまぁ現時点でも(検閲)

    >ご先祖様はこれより強いとかどんだけェ…。

    初代国王「へっくしょい!」
    初代王妃「大丈夫ですか?」

    >さてさて、未知の階層。
    >ジャスパーが少しでも脅威を感じる相手が出てくるのかどうか。

    ニール「こいつは俺が引き受ける、お前達は先に行ってろ」

     というシーンが頭をよぎらなかった僕です(何)
     出てきたらジャスパーがそれ以上の脅威になって相手が涙目になる未来だけが頭に浮かびますねっ。

    >また次を楽しみに待ってます。

     いつも嬉しいお言葉に感謝の一言です。

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します、ます。

    2021年8月14日 13:17

  • 第122話 これが本当の経験値稼ぎ1へのコメント

    更新ありがとうございます!
    今回も楽しく拝見しました。

    ジャスパーがニールに問いかける場面で、ついに男衆もレベルが上がるか試してみるのかと…(笑)←豆大福Nは腐女子w

    ないな(笑)

    ついに次回ジャスパーが無双するんですね?
    新メンバー達があんぐりするんですね?
    楽しみです。

    今日の更新は、台風で息子が仕事休みだし、娘が夏休みに入って飯炊き業務が増えた豆大福Nの癒しの時間でした。コメントの返信もいつも楽しくツッコミながら拝見してます。
    次回更新お待ちしてます!
    くれぐれもご自愛下さい。

    作者からの返信

     こちらこそいつもご感想ごっさ有難う御座います!
     今回も嬉しいお言葉に歓喜の雨あられ、こうしゅうです。

    >ジャスパーがニールに問いかける場面で、ついに男衆もレベルが上がるか試してみるのかと…(笑)

     ついにこの作品のタグにBLの文字を付けなければいけない瞬間がやってき(ません)。

    >←豆大福Nは腐女子w

     ご感想をいつも拝見する限りでは純粋な婦女子だよなぁ、と冷静に思った僕です(何)

    >ないな(笑)

     ないですね(真顔)

    >ついに次回ジャスパーが無双するんですね?

     するのかなぁ(これまでのお話を振り返りながら)

    >新メンバー達があんぐりするんですね?

     するのかなぁ(主人公最強のタグを見ながら)

    >楽しみです。

     多分、いつも通りだと思います、はい(震え)

    >今日の更新は、台風で息子が仕事休みだし、娘が夏休みに入って飯炊き業務が増えた豆大福Nの癒しの時間でした。

     やっぱり婦女子だよなぁと断言していいな、そう思ったこうしゅうです(何)
     少しでも癒しのお時間になって頂けたならこの上なく有難く思います、はい。
     ご飯作るのって大変ですよね……この年になって、何を言わなくともご飯が出てくる有り難みを痛感する今日この頃です。
     そして夏休みという単語に、何故か遠くを見つめたこうしゅうです。

    >コメントの返信もいつも楽しくツッコミながら拝見してます。

     この作品の九割はご感想にてお送りさせて頂いております。
     ん? 何かおかしいな……
     そしてどんなツッコミをされているのかが果てしなく気になるな……!

     ちなみに、嘗てとあるライトノベルでは、作者の人が後書きを重要視しすぎた故に、前書きに後書きが来るというミラクルを起こしておりましたが。あれは今考えてもやっぱりありえねぇ! と思ってしまいます。

    >次回更新お待ちしてます!

     のんびり(真顔)、まったり(迫真)、お待ち頂けたら幸いです。

    >くれぐれもご自愛下さい。

     豆大福Nさんも、包丁で手を切らないようにお気をつけください(何)

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年8月14日 13:09

  • 第122話 これが本当の経験値稼ぎ1へのコメント

    更新有難うございます。
    三連休を体調不良で過ごした一読者です。

    ミミリラ猫耳の連盟団体戦。
    盟主がハラハラ(しない)ドキドキ(しない)で見守っている中、
    生死を共にしてきた仲間達の阿吽の呼吸で安定の勝利。
    また一つ、ジャスパーの認識が変わりましたね。

    しかし、連盟上位陣は過剰な火力は、狭いダンジョンではセーブしないとフレンドリーファイヤーでモンスターより被害が大きそう(笑)
    全員が全力で戦えるのは、もうスタンピードか戦争くらい。
    そんな事が今後発生するのかどうか。またーりと発生しそうだなぁ(笑)

    作者からの返信

     いつもご感想元気一発有難う御座います。
     ある意味、(悲しみに満ち溢れた)本当の意味での休息の日になりましたね(号泣)
     身体を壊しても壊さなくても一日眠りにつく連休を過ごしてばかりだった僕に死角は無い、そう思ってしまったこうしゅうです。

    >ミミリラ猫耳の連盟団体戦。

     学生時代の運動会で、騎馬戦で皆がわいわいしているシーンが何故か頭に浮かびました。
     尚、手には剣や槍に弓矢がある模様。

    >盟主がハラハラ(しない)ドキドキ(しない)で見守っている中、

    ジャスパー「(することないなぁ)」

     ご感想に思わず吹いたしたこうしゅうです。
     敗北感がマッハだ……!

    >生死を共にしてきた仲間達の阿吽の呼吸で安定の勝利。
    >また一つ、ジャスパーの認識が変わりましたね。

     これが理由で、後になってサガラ無双タイムが始まることになるのかも知れ(ない)です。(何)

    >しかし、連盟上位陣は過剰な火力は、狭いダンジョンではセーブしないとフレンドリーファイヤーでモンスターより被害が大きそう(笑)

     自分以外は敵(震え)
     多分、戦う時は全力で、「まぁ避けてくれるだろう」で遠慮ないんじゃないかなぁって思ったり思わなかったりするこうしゅうです。
     尚、誰もジャスパーにだけは当てない模様。

     実際、重爆撃機みたいな連中ばかりなので、フレンドリーファイア前提な戦いだよな……そう思ったこうしゅうです。

    >全員が全力で戦えるのは、もうスタンピードか戦争くらい。

     後は大魔王みたいな、ボスキャラが現れるか、って感じですよね。
     ボスキャラが一話でやられる未来しかありませんががが。

    >そんな事が今後発生するのかどうか。またーりと発生しそうだなぁ(笑)

     またーりそんな事態になって涙目の一般市民が頭をよぎりました(震え)
     こうしゅうの書く物語ですし、しれっと初まりささっと終わると思います。
     スタンピードや戦争に匹敵する事態がささっと終わるとはこれ如何に。

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年8月14日 12:59

  • 第122話 これが本当の経験値稼ぎ1へのコメント

    面白く読んでいます。
    ですが一つだけ、不満が。
    パーティ、ギルドとかタイミングとかの固有名詞でない言葉の漢字+読み仮名が読んでいてテンポを崩されます。
    そこに読みづらさを感じさせます。
    魔術とかの固有名詞は気にならないのですが。

    作者からの返信

     ご感想とってもとってもありがとう御座います。

    >面白く読んでいます。

     何と嬉しいお言葉感謝の一言です(´;ω;`)

    >ですが一つだけ、不満が。~
    >そこに読みづらさを感じさせます。~

     作品を書く際に文調(リズム)を最重要視している僕としてはかなりグッさりきたご指摘でした。
     書いてる側としては「これで良いかな?」と思ってしまうので、こう言ったご指摘は大変助かります。有難う御座います。

     一応ルビは、特定の単語は一話に一つ、それ以外の読みづらそうなところには毎回、という風に書かせて頂いているのですが、今回のご指摘は重たく受け止めさせて頂きたいと思います。

     今後は出来る限り使わなくとも読者側に伝わるものに関しては極力、気付ける範囲で直していけたらと思います。

     ただ、この作品自体の描写方法がそう言った手法を多々取り入れているので、正直完全には無理でして(震え)

     折角ご指摘頂いたのに大変申し訳無くは思いますが、どうしても気になってしまう部分に関しては、それもこの作品の一つとして受け入れて頂けたら幸いです(迫真)

     また今後、そう言った違和感や不満、疑問点などが有りましたら遠慮なくご指摘頂けたら心の底から喜びます。
     本当に今回は大変有難いお言葉有難う御座います。

     ではでは、また今後ともどうぞ、よろしくお願い致します。

    2021年8月14日 12:42

  • 第122話 これが本当の経験値稼ぎ1へのコメント

    サガラの女衆はみんな後衛にクラスチェンジしたからw 女衆が前衛張ってたパーティーだけ再編成が必要だったかもしれませんね。

    検証も終わったところで……魔術でドンのお時間ですw 何なら輿に乗ってミミリラ撫でながらでも行けるw 冒険とは一体……?

    作者からの返信

     いつもご感想ワッショイありがとう御座います。

    >サガラの女衆はみんな後衛にクラスチェンジしたからw

    女衆「頑張りました」

    >女衆が前衛張ってたパーティーだけ再編成が必要だったかもしれませんね。

     多分その辺りは、ジャスパーが知らないだけで色々といじってるんじゃないかなぁって思ったり思わなかったりします。多分、きっと、恐らく、めいびー。
     普段から皆が何をしているかを描写してないってこういう時にべん(検閲)

    >検証も終わったところで……魔術でドンのお時間ですw

     さぁやってまいりました、主人公最強ハーレムものの醍醐味、「何でもありやなおい」のお時間が。
     と言うよりこれまでのジャスパーって大体のシーンで「どっかーん」なあれで解決しているという(震え)

    >何なら輿に乗ってミミリラ撫でながらでも行けるw

    ジャスパー「興に乗らなくとも大体いつも触ってるな……」

    >冒険とは一体……?

     常識を冒涜する検証のお時間じゃないでしょうか、ええ(震え)

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年8月14日 12:32

  • 第122話 これが本当の経験値稼ぎ1へのコメント

    久し振りにジャスパーどんが冒険者やってる(´;ω;`)
    お帰りなさい(;´Д⊂)

    つおーーいあなたがつおーーい魔物を蹂躙するところが見たいどん!

    作者からの返信

     いつもご感想べりーべりーありがとう御座います、ます。

    >久し振りにジャスパーどんが冒険者やってる(´;ω;`)
    >お帰りなさい(;´Д⊂)

    ジャスパー「ただいま」

     言われてみれば確かになぁ……作品の各話を振り返ってちょっとクスリとしたこうしゅうです。
     数十話話に盛り上がりが無かったわけだよ!(涙)

    >つおーーいあなたがつおーーい魔物を蹂躙するところが見たいどん!

     まだだ、まだ焦る時間じゃない(首を振りながら)

     いずれきっと、また彼が、この作品が主人公最強ハーレムものであることを思い出させてくれると信じています。きっと、多分、恐らく、めいびー(視線逸らし)

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します、ます。

    2021年8月14日 12:27

  • 第121話 花よ在れへのコメント

    かつて花人の祖先がアレに宿り木として添い遂げたのと同じく
    先祖返りでアーレイにという話ですが、ここの時間間隔って何年くらいなんでしょうね1000年か万年か、アーレイ初代ですら何年前かどこかにあったかな

    こういう話って真偽ともかく伝記などに残されそうなものですが人種以外だとやはり人種にとっては優先度が低くなるのかもしれませんね

    また色々と内面の伏線が多い回でした

    「ダメだよその力を使っちゃ、もう一人のボク!」
    『HA★NA★SE!』ということで
    覚えている限りで前に覚醒しかけた?時は割と今止めている方がノリノリだったような気がするんですがどっちかというとストッパーなのかな


    今回も楽しませていただきました!

    作者からの返信

     いつもご感想、私メリーさん、貴方の家の前に居るの、そんな気持ちでありがとう御座います(謎)

    >ここの時間間隔って何年くらいなんでしょうね1000年か万年か、アーレイ初代ですら何年前かどこかにあったかな

     ここは一度も描写はしていませんね。
     読者の方々の想像する余地を作る為に、敢えて書いていません。
     今後話の進行上でどうしても描写するシーンが出てくるかも知れませんが、基本的には無いものとして読んで頂けたら幸いです。

    >こういう話って真偽ともかく伝記などに残されそうなものですが人種以外だとやはり人種にとっては優先度が低くなるのかもしれませんね

     残されていないのにはちょっとした理由もあるのですが、その他の理由としては、伝記として残っているであろう場所から、舞台となっているこの国までの距離が相当あるからじゃないかなぁ、って思ったり思わなかったりするこうしゅうです。

    >また色々と内面の伏線が多い回でした

     と見せかけつつ、こうしゅうが書く物語は頭を空っぽにして読むくらいで丁度良いという(白目)

    >「ダメだよその力を使っちゃ、もう一人のボク!」
    >『HA★NA★SE!』ということで

     もう魔獣の体力はぜろよ!

    >覚えている限りで前に覚醒しかけた?時は割と今止めている方がノリノリだったような気がするんですがどっちかというとストッパーなのかな

     この辺りに関しては、ある意味物語の根幹を成す部分であり、いずれ描写される部分だと思いますので、のんびりお待ち頂けたらうれしいなぁって思います、はい。

    >今回も楽しませていただきました!

     とっても励みになるお言葉感謝です!

     今後ともどうぞ、お付き合い頂けたら幸いです(´;ω;`)

    2021年8月14日 00:47

  • 第121話 花よ在れへのコメント

    …ギリシャ神話並みに人間臭い神…というか、元は人間で周りからの信仰、敬愛が深まって神化したのかな

    廃太子の仮説が合ってようが間違えてようが、先祖の血に関わらず現人神へ、からの神化しそうな勢いのカー・マインですよね

    作者からの返信

     いつもご感想マイルドにありがとう御座います。

    >…ギリシャ神話並みに人間臭い神…というか、元は人間で周りからの信仰、敬愛が深まって神化したのかな

     人間臭すぎて逆に人間らしくないですね(震え)
     一応七つ神はきちんと作られた存在は変わることない設定だと思います、はい。
     七つ神以外だと、そう言う神様も結構いると思います。

    >廃太子の仮説が合ってようが間違えてようが、先祖の血に関わらず現人神へ、からの神化しそうな勢いのカー・マインですよね

     少なくとも、今後の活躍で伝説になるのは間違いないなぁと思ったり思わなかったりするこうしゅうです。
     ……信仰に至る可能性は否定出来ないですね(震え)

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年8月14日 00:40

  • 第121話 花よ在れへのコメント

    花よ在れ
    なんて、お洒落じゃん( ^ω^ )

    物語の風呂敷が益々広がってきました♪面白い!
    目指せ第2のベ○セルク!!

    でも、こうしゅうは生きて完結させなきゃ駄目よ(-_-;)?

    作者からの返信

     いつもご感想真顔でありがとう御座います(真顔)

    >花よ在れ
    >なんて、お洒落じゃん( ^ω^ )

     色々と掛けている言葉なので、お褒め頂くとかなり嬉しかったりするこうしゅうであります(*´∀`*)

    >物語の風呂敷が益々広がってきました♪面白い!
    >目指せ第2のベ○セルク!!

     風呂敷は畳まないもの、こうしゅうはそう学びました(震え)
     バス〇ードの更新を待ちに待ったあの頃を思い出しました……へへ。

    >でも、こうしゅうは生きて完結させなきゃ駄目よ(-_-;)?

     何故か最終話だけは既に書いているので、後はそこに至るだけですね!
     何年かかるかな……(遠い目)
     少なくともエタるつもりは全くないので、これからものんびりまったり続けていけたらな、と思います。
     いつも本当、励みになる言葉ありがとう御座います。

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年8月14日 00:38

  • 第121話 花よ在れへのコメント

    更新ありがとうございます!
    待ってました!!

    久々の更新で、デカイ謎をぶっ込んできた!!
    ルーツの話かと思ったら、例の謎人格……しかも複数(爆)しかも、神とか
    ぶっ込み過ぎぃ(汗)

    やっぱり徒然は面白いですね。
    もちろん他作品も更新待ちしてますが、発見時の喜びは上位です!!

    毎日暑いですね。クーラーで1週間程微熱続きです。昨日卵焼きフライパンで火傷した小豆大の傷を、今日うっかり朝からズル剥けしてダメージ増量中。(汗)
    作者様は、くれぐれもご自愛下さい。

    作者からの返信

     いつもご感想ありがとうございマッスル欲しいこうしゅうです。
     こちらこそありがとう御座います!

    >久々の更新で、デカイ謎をぶっ込んできた!!
    >ぶっ込み過ぎぃ(汗)

     一体どちらが誰で何神なんだ(震え)

    >やっぱり徒然は面白いですね。
    >もちろん他作品も更新待ちしてますが、発見時の喜びは上位です!!

     最高の賛辞です(´;ω;`)ブワァ

    >毎日暑いですね。クーラーで1週間程微熱続きです。

     久しぶりに室内で熱中症になるかと思いました(真顔)
     流石に扇風機を出して敗北感がマックスです。

    >昨日卵焼きフライパンで火傷した小豆大の傷を、今日うっかり朝からズル剥けしてダメージ増量中。(汗)

     イタタタタタタタ……ある意味職業柄の名誉の負傷ですね(違)
     お気をつけ下さいませー(;´д`)

    >作者様は、くれぐれもご自愛下さい。

     豆大福Nさんも、本当、お体お大事下さいませ。いつもありがとう御座います。

     ではでは、また次回もどうぞよろしくお願い致します。

    2021年8月11日 01:33

  • 第121話 花よ在れへのコメント

    更新有難うございます。
    夏風邪で胃腸が荒れて良くなってきていた胃潰瘍が悪化した一読者です。
    ええい忌々しい。

    ふとした会話から出た一族の強さの源流。
    一族全てが強くなれる要素じゃなく、ジャスパーの持つ技能のみが
    それを可能とする形なのかな?
    どちらにせよ、最強の遺伝子は受け継がれているようですが(笑)

    今回も不穏な会話で〆。そろそろ正体を現せよー。
    ということで、次回も楽しみにお待ちしております。
    文量ががっつりあるので、急がなくて大丈夫!

    作者からの返信

     いつもご感想ありがとうが十個で有難う御座います。
     胃潰瘍は嫌いです、でも胃腸炎はもぉぉぉぉっと嫌いなこうしゅうです。
     あれは本当に忌々しいですね(過去を睨みながら)

    >一族全てが強くなれる要素じゃなく、ジャスパーの持つ技能のみがそれを可能とする形なのかな?

     予定では後五十話……七十話? くらい後でその辺りが判明するんじゃないかなぁ(願望)って思ったり思わなかったりします。多分、きっと、恐らく、めいびぃぃぃ……

    >どちらにせよ、最強の遺伝子は受け継がれているようですが(笑)

     間違いないですね(迫真)

    >今回も不穏な会話で〆。そろそろ正体を現せよー。

    ???「現してるよ(ニッコリ)」

     これも多分、上記とほぼ同じタイミングで出てくるかなぁって思ったり思わなかったりです。

    >ということで、次回も楽しみにお待ちしております。
    >文量ががっつりあるので、急がなくて大丈夫!

     次回(次々回?)投げておきました!
     急がずのんびり、今後は五千字程度を分割していこうかなぁって思ったりしているこうしゅうです。

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年8月11日 01:28

  • 第121話 花よ在れへのコメント

    殿下の御子(種)を虐殺して経験値に変えてるんじゃなくてよかった……まあ似たようなものですけど。この世界もしかして縁と絆が弱いとその間では妊娠しにくいとかあったりするんだろうか?

    花人族の真実と殿下の謎がリンクする…事が起これば繋がってるミミリラ達もかなり影響が出そうですが……?

    作者からの返信

     いつもご感想マッハ有難う御座います。

    >殿下の御子(種)を虐殺して経験値に変えてるんじゃなくてよかった……まあ似たようなものですけど。

     かーらーのー↓

    >虐殺して経験値に変えてる

     この部分に爆笑待ったなし、こうしゅうです。まぁ、確かにその意味でまんまですね(笑)

    >この世界もしかして縁と絆が弱いとその間では妊娠しにくいとかあったりするんだろうか?

     ……(´・ω・`)

     ヒント(´・ω・`)つ「まぁそもそも遥か昔と現代とでは妊娠する方法自体が微妙に変わっていると言うし、その辺も関係していると思う。現在の知性ある生物が子を成す能力は劣化しているのだ。」
     ※「第86話 帰路と考えごと」より抜粋

    >花人族の真実と殿下の謎がリンクする…事が起これば繋がってるミミリラ達もかなり影響が出そうですが……?

     むしろ影響がすでに……?(何)

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致しましてござ候。

    2021年8月11日 01:24

  • 第115話 花の香りは何処までもへのコメント

    手折ってないやん、タイトル詐欺や!
    主人公が童貞臭い事を言わず、圧倒的な甲斐性ルックス強さで望んだ女性達を囲ったり後宮に入れたりと「見るだけハーレム」から逸脱した所が個人的にこの作品の魅力と感じていたので残念。
    七属性魔術師筆頭の時に特に思ったけど「まだ誰の手垢も付いていない美女集団」「女性だけの集団」など折角素晴らしい設定にしてるのに眺めるだけなんてこの作品には似合わない、手を出さない理由もいい訳臭いし満足度半減ッ!そういう所はご都合主義でええんやで?

    作者からの返信

     ご感想ベリーベリースペシャル有難う御座います。

    >手折ってないやん、タイトル詐欺や!

     詐欺やない、詐称や!(もっと駄目)

     ここの手折るは隠語では無くあれです、直接心をへし折ったって意味ですね、はい(視線を逸らしながら)

    >主人公が童貞臭い事を言わず~
    >七属性魔術師筆頭の時に特に思ったけど~

     吸血属に関しては、120話に出てくる理由もそうですが、その他にも色々とありまして、はい(震え)

     七属性魔術師筆頭に関しては、後々を見て「あー、はいはい。はいはい(ニッコリ)」となって頂けたらなぁ、って思います、はい。
     ミミリラ達は王太子として、アンネ達は冒険者として、なら七属性魔術師筆頭達は(ピー)

    >そういう所はご都合主義でええんやで?

     大丈夫です。
     この小説のお話は全般的にご都合主義で出来ておりますので(震え)

     ではでは、今後ともどうぞ、よろしくお願いいたします。

    2021年8月11日 01:20

  • 第120話 見えた種族の先の先へのコメント

    閣下、部下のために合コンを企てるw 部下の婚活は一族を絶やさないための重要課目ですからね。
    希少種族を保護して繁殖させ、生活の糧を得る手段と安全を与える。君主の鑑ですね。
    まあ選別基準はかなり恣意的ですけど。有益でも気に食わなきゃ潰すでしょうし。

    作者からの返信

     いつもご感想メロメロ有難うございます。

    >閣下、部下のために合コンを企てるw

     言い方ぁ!!(笑)
     いや、間違ってない、間違ってないですけれどもぉっ!
     どっちかっていうと婚活パーティー開催……ふむ(何かを思いついた)
     有難う御座います(意味深)

    >部下の婚活は一族を絶やさないための重要課目ですからね。

     利己的な部分があるにせよ、お互いの為に必須ですよね。

    >君主の鑑ですね。

    閣下「残念、君主では無く領主だ」

     支配者って意味じゃあ同じだなぁ(遠い目)

    >まあ選別基準はかなり恣意的ですけど。有益でも気に食わなきゃ潰すでしょうし。

     多分、敵認定した瞬間に殲滅待ったなしだと思います。余程の理由があれば、まぁ……いや、やっぱり待ったなしですね(真顔)

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年8月9日 00:36

  • 第120話 見えた種族の先の先へのコメント

    廃太子が手を付ける気がないのは…
    1,多過ぎ
    2,ミミリラ怖い

    2番ですんw

    って感じのミミリラ様の
    微笑みですね
    廃太子が敗退したw
    怖いってより面倒が
    より近いのかな〜

    作者からの返信

     いつもご感想とってもとっても有難うございます。

    >廃太子が手を付ける気がないのは…
    >1,多過ぎ
    >2,ミミリラ怖い

     3,こうしゅうがそろそろキャラ管理が(以下略)

    >って感じのミミリラ様の微笑みですね

     ミミリラの笑みなら怖さより先に可愛さがくる不思議。

    >廃太子が敗退したw

     おーい、座布団もってきてー!(何)

    >怖いってより面倒がより近いのかな〜

     多分こうしゅうが(二度目以下略)

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年8月9日 00:27

  • 第120話 見えた種族の先の先へのコメント

    更新ありがとうございます。
    まだまだ天気が不安定で通勤が面倒な一読者です。

    ニールの過去の暴露と、暴露に伴う見事なorzが印象的でした(笑)
    想定よりも遥かに強かった根魂属リーダー。
    これでレベルまで上がればどうなるのか。味方に引き入れて正解でしたね。
    ダンジョンにおける連盟の連携も確認出来たし、更に深い場所での活躍に期待が持てます。

    根魂属の特殊技能。有用過ぎて、私も欲しい。リモートワークにピッタリ(笑)
    また次の話を楽しみにしています。

    作者からの返信

     こちらこそいつもご感想とってもスペシャル有難うございます。
     以前、通勤徒歩一分というパートさんが居て「いや目の前やん……」と心底羨ましくなったことのあるこうしゅうです。

    >ニールの過去の暴露と、暴露に伴う見事なorzが印象的でした(笑)

     そう言って貰えると恥をかいたニールも喜んでくれていると思います(思いません)
     この小説がギャグだったらもっと激しく色々弄れたのに、そこだけが心残りです(外道)

    >これでレベルまで上がればどうなるのか。味方に引き入れて正解でしたね。

     RPGで言うと、最終ボスまで使える万能キャラ待ったなしだと思います。
     むしろシムシス達が居なければザルードの農耕政策はどうなっていたんだろうって言う位に、大正解ですよね(遠い目)

    >ダンジョンにおける連盟の連携も確認出来たし、更に深い場所での活躍に期待が持てます。

     多分いつも通り、盛り上がり無く淡々と進んでいくと思います、はい。

    >根魂属の特殊技能。有用過ぎて、私も欲しい。リモートワークにピッタリ(笑)

     リモートワーク!(笑)
     愛〇さと切〇さと心〇さが感じられる言葉に、涙がほろりしました。

    >また次の話を楽しみにしています。

     既に二話更新後のお返事ですが、のんびりまったりお待ち頂けると幸いです。です。

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年8月9日 00:25

  • 第120話 見えた種族の先の先へのコメント

    更新、はっけーん‼︎
    ありがとうございまーす‼︎

    今回の萌えポイントは、シムシスの「うむ」(笑)
    次点で「では」www
    シムシスでニヤニヤしながら、きっと作者様には「このシーンで豆大福Nはニヤニヤしてるんだろうな」とバレてるんだろうな…と思いましたw


    ニールの『様式美に例えられる程の完璧な崩れ落ち方』が脳内でスロー再生されましたw
    いわゆる、orz…ってやつですね。

    根魂属の戦い方が予想斜め上で、びっくりしました。素材、素材ーーー‼︎と思ったのは私だけこな?
    聞けば聞くほど有能な根魂属の能力に、カー=マインとして悩む気持ちがわかります!

    あと、サガラの男衆達の伴侶候補は以前から気になってました。ジャスパーハーレム以外となると、他所から連れてこないといけないけど、子供はともかく伴侶を受け入れるのによほど信用できる相手でないと難しいなと、女人の影がちらほらする度に思ってました。
    それが今回の流れで解決出来そうでよかった。

    毎回感想長くてすみません。いつも楽しく拝見してます。次回更新もお待ちしてます。
    ご自愛ください。

    作者からの返信

     いつもご感想有難う御座います。
     更新発見されましたされました。ちなみに小学生の頃、隠れん坊だけは得意だったこうしゅうです

    >ありがとうございまーす‼︎

     こちらこそ有難うございまーす!!

    >今回の萌えポイントは、シムシスの「うむ」(笑)~

     どちらかと言えば、豆大福Nさんのシムシス好きを感じる度にニヤニヤするようになった、そんなこうしゅうで御座います。

    >いわゆる、orz…ってやつですね。

     正にそれですねっ。
     多分映像にしたら、劇場版で流れるように美しく崩れ落ちてくれると思います、はい。哀れなり。

    >根魂属の戦い方が予想斜め上で、びっくりしました。素材、素材ーーー‼︎と思ったのは私だけこな?

     ……あっ(素材について)
     予想斜め上ってことは元々は普通の騎士みたいな戦い方を想像されてた感じですかね? 残念(酷)

    >聞けば聞くほど有能な根魂属の能力に、カー=マインとして悩む気持ちがわかります!

     現実社会だと、有能すぎる部下の扱いに困る上司ですね。

    >あと、サガラの男衆達の伴侶候補は以前から気になってました~

     ちらほら思われておりました(震え)
     以前その辺りを話題に出しておきながら、しかしこの小説のタグにはハーレムがついている辺り、読み手側としては「ぉーぃ?」ってなりますよね、はい、はい……
     解決出来そうなだけで、出来るとは言ってないと言う(何)

    >毎回感想長くてすみません。

     むしろそれを楽しみにしている部分があるこうしゅうだったりします。
     希にたっぷりに笑わされることもあるので敗北感が半端ないです。

    >いつも楽しく拝見してます。次回更新もお待ちしてます。
    >ご自愛ください。

     もうとっても有難うございます有難うございます。
     既に二つ程更新した後のお返事となりますが、のんびりまったりやっていけたらな、と思います。

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年8月9日 00:20

  • 第74話 アンネの訪問へのコメント

    チミと他むただゅ牟田町代つてっまま釣っちょまみ牟田ってチゥゅ多屋三田町マチュー矢までまめみたみつまち

    作者からの返信

     ご感想(?)とってもとっても有難う御座います。

    >チミと他むただゅ牟田町代つてっまま釣っちょまみ牟田ってチゥゅ多屋三田町マチュー矢までまめみたみつまち

     すいません、結構頑張ったんですけど解読不可能でした……
     また次回頂ける時は頑張りたいと思います(何)

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年7月13日 00:45

  • 第119話 経験値稼ぎに行こうへのコメント

    やっと追い付いたー!振り返り読み返したり、誦み替え(何を?w)したら新章突入シテタヨ…

    植物さん達と、うまくやっていそうでなによりです。公爵承認前準備当然的擬大樹殿下流石っス。あと、なんかシムシス好きだなぁ

    感想コメも含め(!)、読出ありすぎロングロングな作品…なので、ゆっくり更新でいてください
    埒外異世界をヤバイ初代の建国時から歴史的に、カインちゃんの現実を進みながらも、構築しつつ理解させる手腕と、ハードでときどきうっかり殿下ォィw)なお話をいつも楽しみに読んでいます

    作者からの返信

     いつもご感想有難う御座います御座います。

    >やっと追い付いたー!振り返り読み返したり、誦み替え(何を?w)したら新章突入シテタヨ…

     最早八十五万文字オーバーを読み直して頂いた何て感謝の言葉も出ない程にでも有難う御座います(涙)
     新章突入しちゃいましたね……

    >植物さん達と、うまくやっていそうでなによりです。公爵承認前準備当然的擬大樹殿下流石っス。あと、なんかシムシス好きだなぁ

     何だか肩書きがめっちゃ増えてきてますが割と気に入ってしまった僕です。
     シムシスのキャラは個人的に僕も好きだったりします。
     ただ今後のキャラ被りが怖いですね(震え)

    >感想コメも含め(!)、読出ありすぎロングロングな作品…なので、ゆっくり更新でいてください

     有難いことに頂けているご感想はたまにこうしゅうを爆笑の坩堝に誘ってくるので、日々負けられないと思いながらのお返事をさせて頂いております。
     大体眠たい状態の時のお返事が多いので実際自分でも何を言っているのか分からない時が大半です(最低)

    >埒外異世界をヤバイ初代の建国時から歴史的に~

     好き放題書いてるだけな感もあったり無かったりですが楽しんで貰えているようでよかったです。
     尚一番楽しんでいるのは本人の模様。
     腕に関してはもっと精進しなきゃなぁって思う今日この頃ですが、そうやって言っていただけると安心します。
     真面目キャラだからこそのうっかりが目立つ目立つ……おいしいな(何)

    >お話をいつも楽しみに読んでいます

     いやもう本当有難いことです。
     後どれだけ長いお話になるかは分かりませんが、最後までお付き合い頂けたら幸いです。

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年7月13日 00:44

  • 第119話 経験値稼ぎに行こうへのコメント

    『間の転送紋』これ羊皮紙よりも高位魔獣の皮とか使ったらどうなるんでしょうね?

    ミミリラ4歳、かわいさの盛りである。最初にボコられた少年たちのショックはいかばかりか……。
    殿下に成長チートまでつけるなんてなんてことをしくれたんだ…いいぞ、もっとやれw

    マッチポンプで公爵閣下がワンパンKOするレベルの魔獣相手に騎士団率いてごっつあんゴールする異母兄の株が駄々下がりそうw

    作者からの返信

     いつもご感想おにぎりを食べながら有難う御座います。

    >『間の転送紋』これ羊皮紙よりも高位魔獣の皮とか使ったらどうなるんでしょうね?

     ど、どうなるんでしょうね……?(百話くらい後を見ながら)

    >ミミリラ4歳、かわいさの盛りである。

     お持ち帰りまったな(ターン)
     幼少の頃からメインヒロインは逃れられない運命だったわけですね。分かります。

    >最初にボコられた少年たちのショックはいかばかりか……。

    レ「……うそぉ(驚愕)」
    ル「えぇ……(絶望)」
    リ「……(真顔)」
    ラ「ほぅ(キラン)」

     多分こんな感じだったんじゃないかなぁって思ったり思わなかったりします。

    >殿下に成長チートまでつけるなんてなんてことをしくれたんだ…いいぞ、もっとやれw

     いいぞもっとやれ!
     でも段々と主人公最強ものから配下最強ものになっていっている気がしないでもない今日この頃であります!

    >マッチポンプで公爵閣下がワンパンKOするレベルの魔獣相手に騎士団率いてごっつあんゴールする異母兄の株が駄々下がりそうw

     言い方……言い方ぁ!(笑)
     いや、間違って無いですが、が!(笑)
     この辺りは楽しく(?)かけたらいいなぁって今から自分で楽しみにしているこうしゅうでした。

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年7月13日 00:38

  • 第119話 経験値稼ぎに行こうへのコメント

    更新お疲れ様です。

    ダンジョン久しぶりですね。早く新メンバーの性能お披露目が見たいです。

    ミミリラたんの族長たる所以が分かり、成る程なと腑に落ちました。ザルード公爵閣下の幼少期も大概でしたが、行き過ぎた能力で自滅しなくて良かった。
    ミミリラたんの能力を正しく見抜いて、幼い内は負荷の高い戦闘から遠ざけて保護していた、それでいて族滅の危機が訪れたときは真っ先に逃がそうとした、先代の慧眼にも驚きます。


    続き待ってます。
    待ってますから、ゆっくりやってください。

    作者からの返信

     こちらこそいつもご感想ファイト一発有難う御座います。

    >ダンジョン久しぶりですね。早く新メンバーの性能お披露目が見たいです。

     凡そ百話ぶりですね(震え)
     先程その性能についての内容をぽんと投げておきました。
     うまく表現できてればいいなぁと震えております、はい。

    >ミミリラたんの族長たる所以が分かり、成る程なと腑に落ちました~

     正直「ようやく出せた設定だなぁ……」としみじみしました。
     幼少期の苦労を抱えたままに上位者になってしまった、言う意味では、共感出来る部分が大きかったですよね。

    >それでいて族滅の危機が訪れたときは真っ先に逃がそうとした、先代の慧眼にも驚きます。

     何だかんだとこの先代のお方は色々な意味で優秀な様子。
     今後お話にも多少関わってくることもあると思うので、その時に「なるほどこういう人か」って楽しんで貰えたら幸いです。

    >続き待ってます。
    >待ってますから、ゆっくりやってください。

     優しいお言葉貰って早々、本当にゆっくりな更新になってしまったこうしゅうです(震え)
     有難いと思いつつ、やっぱり週に一度は頑張りたいなとも思ってしまっています。でものんびり無理なくやっていきたいと思います、はい。

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年7月13日 00:30

  • 第119話 経験値稼ぎに行こうへのコメント

    更新有難うございます。
    一を聞いて、「え?なんだって?」と志村みたいな反応になる一読者です。

    今日も中々の長文。その中から一番クスッときたのは
    >「あ、うん」
    ジャスパーもそんな反応するんだな、と(笑)

    ミミリラの強さの源流。チートスキル。
    性能の良いハードであっても、より高性能なスペックを必要とするソフトの関係ですね。
    そしてザルード領に入る際のやらせの相談。
    そりゃそうですね。元々の評価が無能王太子。
    領民としては自分達の上に立つ人に無能なんてついていれば心配にもなります。
    領民の安寧を考えれば、力を見せる場を用意するのも政治の一種。
    だからジャスパー悪くない。なので早よ恰好良いとこ見せて見せて(笑)

    氏の快癒を祈りつつ、次の更新を楽しみにしております。

    作者からの返信

     こちらこそいつもご感想メリー有難う御座いますですです。
     一を聞いてるつもりが違うことを考えているこうしゅうです。

    >ジャスパーもそんな反応するんだな、と(笑)

     実は以前にも何度かこういう反応はしていた頃があったり無かったりします。
     いや、段々と成長している状態だからこそのレア感がありますね……

    >ミミリラの強さの源流。チートスキル。

     (配下が)最強小説も大好物です。

    >性能の良いハードであっても、より高性能なスペックを必要とするソフトの関係ですね。

     あ、もう正にその考え方でジャストフィットな感じですね。と言うかこの小説の(ぴー)です。

    >そしてザルード領に入る際のやらせの相談。

     言い方ぁ……!(涙)

    >そりゃそうですね。元々の評価が無能王太子。
    >領民としては自分達の上に立つ人に無能なんてついていれば心配にもなります。

     しかも現在は領内がぼっろぼろの状態ですし、領民側からしたら「えぇ……」ってなってても何も不思議ではないという。

    >だからジャスパー悪くない。なので早よ恰好良いとこ見せて見せて(笑)

     こう、あれですね。
     今は恒例ののんびりパートなので……多分格好いいところは105話で出しすぎて休憩しているんだと思います。かっこいい……?

    >氏の快癒を祈りつつ、次の更新を楽しみにしております。

     最近食欲を除けば結構楽になってきたりします。
     夏が突入してきましたし、ライファさんもお腹の冷えなどにご注意下さいませ。
     先程投げておきました(震え)

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年7月13日 00:22

  • 第119話 経験値稼ぎに行こうへのコメント

    更新ありがとうございます!
    和菓子屋でパイン大福に眉根を寄せた豆大福Nです…

    平日にたくさん更新あったから週末はないかも…と、自分を慰めながらカクヨム開いて更新にテンション上がりました!

    もちろん以前の更新間隔が早い事も記憶にありますが、更新欄に好きな小説名があるとテンション上がります。

    今回はシムシス根魂属の忠臣的特性に、豆大福Nの黒豆(ハート)鷲掴みです。プライベート時に砕けた対応してくれるのもいいけど、そこの一線は超えない敬語キャラは大好物です!

    ミミリラ出来る子!サガラが言い淀んじゃう強さなのにカー=マインと魂繋がっちゃって、今後も無双確定ですね。

    今日も入浴中は閲覧タイムです。個人的には防水カバーよりジップロックSサイズが便利w

    今回も楽しく拝見しました!いつ更新あるかドキドキしながら次回更新お待ちしてます。
    ご自愛ください。

    作者からの返信

     こちらこそいつもご感想有難う御座いまして候!
     パイン大福って言葉を目にして速攻でGoo〇le先生で画像を探してみたら、「これは……和菓子じゃねぇな……」と冷静に思ったこうしゅうです……

    >平日にたくさん更新あったから週末はないかも…と、自分を慰めながらカクヨム開いて更新にテンション上がりました!

     何て嬉しいお言葉ありがとうございます!
     しかし先週の更新は不可能だった模様(最低)

    >もちろん以前の更新間隔が早い事も記憶にありますが、更新欄に好きな小説名があるとテンション上がります。

     読専時代に、追いかけていた小説が数ヶ月ぶりに更新されただけでその日一日幸せになれたあの日々を思い出しました。
     以前くらいの更新したいなぁと踏ん張った瞬間にかなりの難産でした(白目)

    >今回はシムシス根魂属の忠臣的特性に、豆大福Nの黒豆(ハート)鷲掴みです。

     最近書いてる最中に、「この部分豆大福Nさん好きそうだなぁ」って思うようになってきたこうしゅうです。割と本気で(遠い目)
     他のよくご感想下さる方々に対しても同様のことを思っていたりするこうしゅうです。

    >プライベート時に砕けた対応してくれるのもいいけど、そこの一線は超えない敬語キャラは大好物です!

     今後キャラが被りそうで不安がいっぱい雨あられです!
     僕は「へへ……アンタにならこの命くれてやれる」みたいなキャラが大好きです。

    >ミミリラ出来る子!サガラが言い淀んじゃう強さなのにカー=マインと魂繋がっちゃって、今後も無双確定ですね。

     段々と主人公最強タグが怪しくなってきましたがこの小説は主人公最強ハーレムです(真顔)

    >今日も入浴中は閲覧タイムです。個人的には防水カバーよりジップロックSサイズが便利w

     入浴読書って学生時代に凄まじく憧れて、紙媒体の小説を持ち込んで痛い目見た記憶が湧いてきました(震え)
     今は色々カバーあるんだなぁと思いながら、僕が使用する日は来るのだろうかとしみじみ思ったこうしゅうです。

    >今回も楽しく拝見しました!いつ更新あるかドキドキしながら次回更新お待ちしてます。
    >ご自愛ください。

     いつも本当有難う御座います!
     そろそろ盛り上がるパート欲しいですね。
     そしてのんびりした内容を投げておきましたのでお風呂のお供にどうぞっ。
     豆大福Nさんも扇風機を通り越してクーラーにお気を付け下さい(何)

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年7月13日 00:16

  • 第118話 下準備へのコメント

    二度の更新…
    コレは…やはりフツフツと湧き出る
    内なる声との交信で更新したんですね…
    (誰がウマい事言えとw)

    イヤイヤありがとうございます
    コマギレで短編更新が多い昨今、
    週間〇〇ではなく月間○○並の
    ボリュームがこの勢いで更新さ
    れるとガッツリ読んじゃって…
    仕事の息抜きでは収まりませぬw

    いつも思うのですがちゃんとした
    裏設定やら歴史やら世界観がある
    と作品に整合性というどっしり
    とした柱があって奥行きというか
    オモシロさが広がりますね
    コレでもまだ正式な領主編が
    始まってないという…
    生きの長い作品は没入感があって
    嬉しいです…禁断症状が出て困る
    のも事実ですがw



    作者からの返信

     いつもご感想ガッツリ有難う御座います。

    >コレは…やはりフツフツと湧き出る~

     実際は混信していての渾身の更新だった模様。お後がよろしいようで(震え)
     渾身じゃないな……

    >イヤイヤありがとうございます

     むしろこちらが有難う御座います。

    >コマギレで短編更新が多い昨今~

     その例えでいけば、105話は月刊誌を丸一冊使った感じですね。読むほうが大変ですね……僕も読む側なら大喜びです。

    >仕事の息抜きでは収まりませぬw

     多分、カップラーメンにお湯入れて待っている間に読むのが丁度良いと思います。確実に麺が伸びて食感はバッチリだと思います(震え)
     ただ長ければ良いと言うものでもないと思いますので、そこは反省ですね。頑張らねば。

    >いつも思うのですがちゃんとした~

     本人はあまり深く考えずに細かくしすぎて、むしろ読者側にストレスを感じさせていないかと結構不安ではあったりしちゃいます。
     なのでそう言って貰えると安心出来ます(真顔)

    >コレでもまだ正式な領主編が始まってないという…

     信じられるか? これ、まだ全体の五分の一がようやく書けたかどうかってところなんだぜ……?(タッチ風)

    >生きの長い作品は没入感があって嬉しいです

     新鮮な鮮度を保ったままに、最後まで突っ走りぬけれたらいいなって思います。思います。おもいます……

    >嬉しいです…禁断症状が出て困るのも事実ですがw

     学生時代、「家に帰ったら更新されてるかも!」って期待を胸に盗んだ自転車で走り出したあの頃を思い出しました。尾崎豊が懐かしいこうしゅうです。

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年7月4日 22:37

  • 第114話 手折った花の香りへのコメント

    最近激アツな話を読んだら泣いてしまうんですが泣きました。
    主人公カッコ良すぎます。痺れました

    作者からの返信

     いつもご感想ばっちり有難う御座います。

    >最近激アツな話を読んだら泣いてしまうんですが泣きました。

     ……すっ(無言でハンカチ)

    >主人公カッコ良すぎます。痺れました

     今後もそう言う風に思って頂けるように書けていけたらなぁって思います。
     書いてる側はその辺り、結構(本気で)分からないものなので、そう言って貰えると安心します。

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年7月4日 22:25

  • 第113話 馥郁たる毒花の香りへのコメント

    今回もとても面白かったです!
    ここ最近で1番のお気に入り回で何度も読んでます!

    作者からの返信

     いつもご感想たまらなく有難う御座います。

    >今回もとても面白かったです!
    >ここ最近で1番のお気に入り回で何度も読んでます!

     お気に召したようで何よりです!
     書いた本人は至って普通に書いたつもりなのでそう言って頂けてむしろ驚愕しております。
     いや本当、ありがとうございます。最高の賛辞です。

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年7月4日 22:23 編集済

  • 第118話 下準備へのコメント

        モンスター
    現在では「獣」と「属性魔獣」の全てを「魔獣
               けもの
    」と、そうでないものは「獣」と総称されている。

    >これ『獣』って自に『モンスター』と『けもの』ってルビが入っててその後のルビなしの『獣』はなんて呼べばいいのか……

    作者からの返信

     いつもご指摘有難うございます!(涙)

    >>これ『獣』って自に『モンスター』と『けもの』ってルビが入っててその後のルビなしの『獣』はなんて呼べばいいのか……

     読み直して「おうっふ」となったこうしゅうです。
     ご指摘頂いて読み直して確かに読みづらいと反省しました。
     その辺り分かりやすいようにルビを振り直させて頂きます(震え)

     ではでは、また何かしらありましたらどうぞよろしくお願い致します。

    2021年7月4日 22:21

  • 第118話 下準備へのコメント

    更新が早い!? そして殿下の対応も早い。

    ちゃんと計画農業やってる……トップが裏作に走ろうとしているけどw まあ他領と被らない、普通は栽培できずに流通量の少ないものや不足が生じやすいものを安定して生産し、安定価格で卸してやれば恨まれることはないでしょう。

    四次元ポケットとどこでもドアを持った大陸最速の移築職人&引っ越し業者、輸送業者になってしまった殿下の明日はどっちだ?
    商会の販売網に転移ピン打って冒険者として依頼を受けるだけでも十分やって行けそうですね。

    作者からの返信

     いつもご感想ホップステップジャンプ有難う御座います。

    >更新が早い!? そして殿下の対応も早い。

     そしてまた遅くなるパターン!?
     出来る男は仕事が早いってことですね。リアルでそう言う人は素直に尊敬しちゃいます。

    >ちゃんと計画農業やってる……トップが裏作に走ろうとしているけどw

     一応、領主なので……裏作してる領主か(遠い目)

    >まあ他領と被らない~

     正直、恨まれようとも「あ?」で終わる気がしないでもなかったりします。次代に問題が生まれそうですけど(駄目です)
     領地経営や商売の観点で言えば、揉め事無くっていうのがやっぱり一番ですよね。揉めそうになったら揉める前に相手が潰れる気もしますが。

    >四次元ポケットとどこでもドアを持った大陸最速の移築職人&引っ越し業者、輸送業者になってしまった殿下の明日はどっちだ?

     商売人ルートも微レ存?(ないです)

    >商会の販売網に転移ピン打って冒険者として依頼を受けるだけでも十分やって行けそうですね。

     このご感想にネタがピンって浮かびました。お後がよろしいようで(視線逸らし)
     こう考えたら老後はのんびり商売人もありですよね。
     第二のジャルナール(実力込み)が誕生する未来しか思い浮かびませんが。

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年7月4日 22:19

  • 第118話 下準備へのコメント

    更新有難うございます。
    今週の更新頻度に嬉しさよりも困惑が勝っている一読者です。
    氏の健康状態が良くなったのか、手が我慢できずに気が付くと書いていたのか。
    後者じゃないかと思う次第。

    久しぶりのジャルナール。これからの公爵領の運営についてお話合い。
    そりゃ農作物だけ作ってりゃいいわけじゃないですよね。
    確かに物流や時期は大事。
    そして連盟配下の皆さん。これまた久しぶり(笑)
    相変わらず下々についてはたまにやらかすようで、ある意味有名税。
    そういった事象が発生すること自体、ソロの頃にはなかった変化を感じますね。

    さてさて、新しい配下も増えて更に拡大の一途を辿るミミリラ猫耳。
    更にどう変化していくのか。むしろ連盟だけで町が出来そう(笑)
    また次を楽しみにお待ちしております。

    作者からの返信

     いつもご感想ファイト一発ありがとう御座います。

     こちらこそいつも本当ありがとう御座います。

     更新頻度を増やした(戻った)瞬間喜びと励ましと心配の声を頂き震えているこうしゅうです。
     目指せ毎日更新(無理です)

    >氏の健康状態が良くなったのか~

     半々、じゃないですかね(遠い目)

    >そりゃ農作物だけ作ってりゃいいわけじゃないですよね。
    >確かに物流や時期は大事。

     ご都合主義に任せて内政チート的な流れの方が読者側としては読みやすいのかなぁって思うところもあったりなかったりしてる作者側です(震え)

    >そして連盟配下の皆さん。これまた久しぶり(笑)

     忘れないで上げてっ(笑)

    >相変わらず下々についてはたまにやらかすようで、ある意味有名税。

     むしろ傘下の人の方が気を使ってる気がしないでもないです。
     やらかした瞬間にやらかされちゃう、みたいな。

    >そういった事象が発生すること自体、ソロの頃にはなかった変化を感じますね。

     言われてみれば、もう完全に表も裏も上位者として動いてますね。これはこれで好きですが、ソロ的な物語も好きだったりします。

    >更にどう変化していくのか。むしろ連盟だけで町が出来そう(笑)

     多分、その気になれば小国くらいなら作れそうですね……(遠い目)

    >また次を楽しみにお待ちしております。

     とってもありがとうございます。
     先程投げ込んで置きましたので、ポテチをかじりながらでもお読みくださいませ。

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年7月4日 22:13

  • 第118話 下準備へのコメント

    あれ?

    と、スマホを見てしまいました。
    今週二度目の更新!?ありがとうございます!!いつも楽しく読ませてもらっています!

    ジャスパーは男の集まりでバカ話するのも好きですよね!こういう空気感好きです!

    作者からの返信

     いつもご感想べりーべりーありがとう御座います。

    >あれ?
    >と、スマホを見てしまいました。

     おや?
     となる気持ち、分かります。
     書く側になると「おお」と言う気持ちになります。書けた、的な意味で(何)

    >今週二度目の更新!?ありがとうございます!!いつも楽しく読ませてもらっています!

     とんでもないこちらこそありがとうございます!!
     そういった温かい感想が活力の源です。ありがとうございますありがとうございます。
     理想は毎日更新ですね(震え)

    >ジャスパーは男の集まりでバカ話するのも好きですよね!こういう空気感好きです!

     冒険者だからこそ、って感じのノリですよね!
     どっちかっていうと個人的にはおバカトークを全力で突っ走る感じのノリが大好きなので、すっごく分かります。
     正直たまに全力でネタに走りたくなります(割と本気)

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年7月4日 22:00

  • 第118話 下準備へのコメント

    しゅ…、週2回目…だと⁉︎(笑)
    二度見しましたw

    更新ありがとうございます!

    風呂に入る前に気づき(半裸)、しばらく読んで、「ああ…1話文字数多いから読み切れないや」と、ジップロック装備(⁉︎)、入浴(全裸)、浴槽内で読み切りましたww

    いつも思うのですが、作品の世界観と言うか設定が細かく考えられていて、凄いな〜!と(←語彙力w)
    そのシーンのみで無く、脳内の世界(イメージ)が広がっていくような気がします。

    今日はおっさん率が高かった(爆)
    次回は美女率多めを期待しつつ…更新お待ちしてます!くれぐれもご自愛下さい。

    作者からの返信

     いつもご感想イヤッホゥありがとう御座います。
     最近豆大福Nさんからご感想頂く度にいちご大福が食べたくなるこうしゅうです(最低)

    >しゅ…、週2回目…だと⁉︎(笑)
    >二度見しましたw

     頑張りました!?
     二度見ばかりしていたあの頃を思い出し、久しぶりに昔更新待ちしてて放置した小説を見に行ったらめちゃくちゃ更新されててoh...となったこうしゅうです。

    >更新ありがとうございます!

     こちらこそありがとう御座います! 本当に!

    >風呂に入る前に気づき(半裸)~

     生々しいぃぃぃ!
     お風呂に入る時のスマホカバーを持っていないので、ちょっと羨ましかったりします。いえ、鴉の行水なので必要ないんですが。

    >「ああ…1話文字数多いから読み切れないや」

     僕も毎回「ああ……また一話の文字数多くて推敲大変だぁ……」と思ってるので仲良しですね。

    >いつも思うのですが~

     割とあれな感じで書いてます(←語彙力)

    >そのシーンのみで無く、脳内の世界(イメージ)が広がっていくような気がします。

     何てありがたいお言葉。
     本人としてはいつもちゃんと表現出来ているのか本気で震えながら更新しているので、そう言って貰えると救われます。

    >今日はおっさん率が高かった(爆)

     ハーレムタグのハーレムはおっさんだった?(驚愕)

    >次回は美女率多めを期待しつつ…更新お待ちしてます!くれぐれもご自愛下さい。

     先程美女成分もおっさん成分も配合されていないやつを投げておきましたので、お風呂の合間にでもどうぞ。どうぞ……

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年7月4日 21:54

  • 第118話 下準備へのコメント

    予想外の更新(゚∀゚)
    お疲れ様です!ありがとうございます
    たくさん見れて嬉しいっす(゚∀゚)

    作者からの返信

     いつもご感想メイチャーンありがとう御座います。
     となりのト〇ロが久しぶりに見たくなったこうしゅうです。

    >予想外の更新(゚∀゚)

     やったねΣd(゚∀゚)

    >お疲れ様です!ありがとうございます

     お疲れましたありがとうございます!(白目)

    >たくさん見れて嬉しいっす(゚∀゚)

     短い文字数で話を収められるようになればもっと早く更新出来るのに未熟な自分に日々徒然、こうしゅうです(震え)
     嬉しいの一言に報われて昇天しそうな僕でした。

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年7月4日 21:45

  • 第118話 下準備へのコメント

    まさかの更新!
    そして新章!
    カイン君、やること多くて大変。
    成人するまで無能だった、現在15、あるいは16歳の青年だから、恐れ入る。
    いや、ほんと、凄い!

    作者からの返信

     いつもご感想シャレオツありがとう御座います。

    >まさかの更新!
    >そして新章!

     目指せ一日一話!
     そして長い新章の初まり!(震え)

    >カイン君、やること多くて大変。

     最初の頃に「真面目に冒険者をするつもりはない」的なことを言っていた頃が懐かしいですね。冒険者どころじゃないことしてますがな、みたいな。

    >成人するまで無能だった、現在15、あるいは16歳の青年だから、恐れ入る。
    >いや、ほんと、凄い!

     海外ではガチで15歳くらいで企業して成功している人達がいるようですが、閣下がリアルに現れたらそんな感じなのかなぁ、とご感想を見て思ったこうしゅうです(遠い目)

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年7月4日 21:43

  • 第118話 下準備へのコメント

    更新お疲れ様です。
    めちゃくちゃ嬉しいです。

    で、そのぅ、、。
    また無理して倒れるのやめてね(^o^;)?

    作者からの返信

     いつもご感想暑い日々の中ありがとう御座います。

    >更新お疲れ様です。
    >めちゃくちゃ嬉しいです。

     こちらこそとってもとってもありがとう御座います。
     この一言に毎度救われております、はい。

    >で、そのぅ、、。
    >また無理して倒れるのやめてね(^o^;)?

     いやですね、倒れたことなんて無いですよ。多分、きっと、恐らく、Maybe……
     こうしゅうは数分後には物事を忘れる都合のいい頭をしています、はい。

     そして無理せず頑張ります(震え)

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年7月4日 21:41

  • 第118話 下準備へのコメント

    更新お疲れ様です
    通知に「無能王太子の日々徒然」ってあって思わず二度見しました
    最近更新頻度めちゃ早で嬉しいぞ~

    作者からの返信

     いつもご感想スペシャルありがとう御座います。

    >更新お疲れ様です

     こちらこそいつも本当有難うございます(真顔)

    >通知に「無能王太子の日々徒然」ってあって思わず二度見しました

     このご感想で読み専時代の「なん……だと!?」と言うあの頃の気持ちを思い出しました。

    >>最近更新頻度めちゃ早で嬉しいぞ~

     ご安心下さいませ、今だけです。
     ん? 何かおかしいな。

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年7月4日 21:39

  • 第117話 木々は集う、大樹の下に2へのコメント

    王として求められる力と、主人公が求めている力は
    似て非なる物だから強さを渇望していない現状なのかなと感じますね。

    ただ変化を解く前に触れて万年樹と感じたのに、
    変化を解いたら何でそんな驚くのか、少し不思議に思いました

    作者からの返信

     いつもご感想とってもとってもありがとう御座います。

    >王として求められる力と、主人公が求めている力は~

     この辺りが実際にどういった理由からくるのかは今後ゆっくり出てくるかと思います。
     ただ、このご感想を読んで「なるほどぉ」と目から鱗な感じの僕でした。

    >ただ変化を解く前に触れて万年樹と感じたのに、
    >変化を解いたら何でそんな驚くのか、少し不思議に思いました

     凄まじい冒険者だと思っていたら凄まじい(元)王太子だったからじゃないかなぁって思います(遠い目)
     万年樹とか関係なく、この国で王族の髪の色とザルード家の瞳の色を持っていたら大体の人が「やべっ」ってなると思います。多分。多分……

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年6月30日 22:30

  • 第117話 木々は集う、大樹の下に2へのコメント

    「構うつもりはない」と切り捨てる予定だった亡命希望者たちが悉く有能で困りましたね(^o^;)
    嬉しい悲鳴です。

    作者からの返信

     いつもご感想たっぷりありがとう御座います。

    >「構うつもりはない」と切り捨てる予定だった亡命希望者たちが悉く有能で困りましたね(^o^;)
    >嬉しい悲鳴です。

    ジャスパー「どうしてだろう、何だか予定通り行かない。さっさと断って終わりの予定だったんだが」

     実際本人からしたら棚ぼたとか打出の小槌とかを通り越して絶叫が出るくらいの悲鳴ですよね。
     ご都合主義ばんざ(以下略)

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年6月30日 22:26

  • 第116話 木々は集う、大樹の下にへのコメント

    更新ありがとうございます。
    いつも楽しく拝読させていただいております。


    早速で恐縮ですが誤字報告です。

    一等身、二頭身→一親等、二親等

    以上、お知らせまで。

    長丁場ですのでご自愛ください。

    作者からの返信

     ご指摘ご感想、とってもありがとう御座います。

    >更新ありがとうございます。
    >いつも楽しく拝読させていただいております。

     このお言葉に全力で報われます。
     こちらこそもう本当ありがとう御座います。

    >早速で恐縮ですが誤字報告です。

     ご指摘本当ありがとう御座います。
     過去一で恥ずかしい誤字で割と本気で「うわぁ……」って声が出たこうしゅうです。
     誤字っていうかもう単語自体間違ってるっていうか、自分で自分が分からなくなるレベルですね(血涙)

     大変有り難く修正させて頂きます。

    >長丁場ですのでご自愛ください。

     とってもありがとう御座います。
     今日は既に寝ぼけ気味なのでゆっくり寝れそうです。

     また何かしらありましたら、どうぞよろしくお願い致します。

    2021年6月30日 22:22

  • 第117話 木々は集う、大樹の下に2へのコメント

    チート内政系種族だった。品種改良なり突然変異でできたたった一株を量産可能にするとかいろいろ捗りそうですね。一株ならかなりの促成栽培が可能っぽいですし品種改良も早そう。特産品を産み出せれば一族を養うくらい余裕でしょうね。

    時々暗示される殿下の潜在能力……しかし歴代国王の戦闘力に比して次代(異母兄、実弟)は歴代最弱になるのではという懸念が。ちょっと弱すぎなのでは? 年齢を重ねて魂位上げればどうにかなるレベルでしょうか?

    作者からの返信

     いつもご感想、ホワイトデーの三倍返し並にありがとう御座います。尚もらったチョコはチ〇ルチョコの模様。

    >チート内政系種族だった。

     内政特化、ゲットだぜ!

    >品種改良なり突然変異でできたたった一株を~

     相変わらず@fumo666さんのご感想には愛〇さと切〇さと心強さがあるなぁと嬉し涙を流すこうしゅうです。
     今回で目玉が飛び出したのは何回目かなぁと遠い目をしております。
     しかもそういったことを主導するのが公爵家と言う反則っぷりと言う。

    >しかし歴代国王の戦闘力に比して次代(異母兄、実弟)は歴代最弱になるのではという懸念が。ちょっと弱すぎなのでは? 年齢を重ねて魂位上げればどうにかなるレベルでしょうか?

     多分あれです、ある日神様が降臨されて「力を授けよう」とかそう言う展開で解決だと思います(しません)
     その辺りに関しては今後の展開で分かってくるかも知れないです。多分。多分……

    >年齢を重ねて魂位上げればどうにかなるレベルでしょうか?

     多分、魂位あげるだけじゃあ無理ゲーだと思います(白目)
     年齢に関してはかすってる気がしないでもないです、はい。はい。はい(震え)

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年6月30日 22:19

  • 第117話 木々は集う、大樹の下に2へのコメント

    更新ありがとうございます。

    この作品での「名乗り」は「この紋所が目に入らぬかぁ~」や「余の顔を見忘れたか!!」と同義。でもその状況に至ること自体がレアなので、次回は省略しないで下さいm(__)m
    (名乗りが観たくて仕方ない奴の懇願)

    作者からの返信

     こちらこそいつもご感想とってもとってもありがとう御座います。

    >更新ありがとうございます。

     こちらこそありがとう御座います(輝かんばかりの笑顔)

    >この作品での「名乗り」は~

     最初に普通に科白を書いてて、推敲を何度も繰り返しているうちに「これはくどいな……」と思って泣く泣く削除したら思わぬ需要に目から光線が出たこうしゅうです。
     次は正々堂々名乗りをあげましょうぞ……!

     確かにレアと言えばレアだなぁ、と不思議な納得をした僕です。

    >(名乗りが観たくて仕方ない奴の懇願)

    (その願い、叶えてシンゼヨウ)

     ではでは、また次回もどうぞよろしくお願い致します。

    2021年6月30日 22:09

  • 第117話 木々は集う、大樹の下に2へのコメント

    更新有難うございます。
    あれ?おかしいな。今日は土曜日じゃないよな?そして文量が多い!
    カレンダーを二度見した一読者です。

    防諜に続き食料生産の要となる種族の登場。
    ユグドラシル的な扱いを受けるも困惑するジャスパー。
    こんな雌しべばかりのハーレムドラシル、きっと花弁はピンクに違いない。

    着々とザルード領に揃いつつある総合力。
    次は武器生産ですね。ちょっとハーレムにはそぐわない、金属を扱うに長けたあの種族。
    来るのか?来ちゃうのか?!手を触ってくるのか?!
    次の更新を楽しみにしています。

    作者からの返信

     ご感想走れウ〇娘ありがとう御座います。
     あれは良い歌だ……色々な意味で世代を感じますが(遠い目)

    >更新有難うございます。

     こちらこそもういつも本当ありがとう御座います。

    >あれ?おかしいな。今日は土曜日じゃないよな?そして文量が多い!
    >カレンダーを二度見した一読者です。

     学生は一年中夏休みって言いますし、大人のカレンダーがずれてもきっと問題ないです。多分。多分。
     ちなみにこうしゅうは一日に頬が赤くなりそうなくらいにカレンダーを見直しています。

    >防諜に続き食料生産の要となる種族の登場。

     気持ちは全自動畑。一家に一人は欲しいです。食費が浮きますね。やったねっ。

    >ユグドラシル的な扱いを受けるも困惑するジャスパー。

     ユグドラシルって表現に素直に「あぁ、なるほど」と頷き、その直後に某エヴ〇なアニメを思い出しました。
     旧作好きです。

    >こんな雌しべばかりのハーレムドラシル、きっと花弁はピンクに違いない。

     どの意味のピンクかでユグドラシルの価値が変わりそうだ……!

    >次は武器生産ですね。ちょっとハーレムにはそぐわない、金属を扱うに長けたあの種族。
    >来るのか?来ちゃうのか?!手を触ってくるのか?!

     次回、奴らがやってきた!

     実際に登場するかどうかは金の神だけが知っていると思います(視線そらし)

    >次の更新を楽しみにしています。

     次の更新と言う説明会をぶん投げておきました。やったね。

     ではでは、またどうぞよろしくお願いいたします。寝ぼけ気味のこうしゅうでした。

    2021年6月30日 22:06

  • 第117話 木々は集う、大樹の下に2へのコメント

    週明け更新!?…だと!!??!!
    15秒固まりました。

    更新ありがとうございまーす!

    いい!良いです!愚直な根魂採用ありがとございます!!彼の背後にサムライを見た!
    キャラ的にかなり好きですw愚直一途!
    わふわふと同じくらいU・x・U

    知らない男に手を握られながら弟デレw弟ならいいのねお兄ちゃんw
    しかも魂に根を張る表現の嫌がり方に笑いましたw

    根魂属かなり有能!もう、逃 が さ な い
    www

    そしてお約束のパブロフの犬。
    な、っ………名乗りが省略wそりゃないぜ作者様(笑)

    思いがけずの更新感謝します!
    思わず寝る前に読んでしまいました。
    次回更新も楽しみにお待ちしてます。
    くれぐれもご自愛下さい。

    作者からの返信

     いつもとってもありがとう御座いましてござ候。

    >週明け更新!?…だと!!??!!
    >15秒固まりました。

     数字が具体的ぃ!

    >更新ありがとうございまーす!

     こちらこそご感想ありがとうございまーす!

    >いい!良いです!愚直な根魂採用ありがとございます!!彼の背後にサムライを見た!

     尚、腰に下げている刀は大根の模様。
     いや、長さ的にはごぼうかな……

    >キャラ的にかなり好きですw愚直一途!
    >わふわふと同じくらいU・x・U

     (=ΦエΦ=) ニャ゛ー

    >知らない男に手を握られながら弟デレw弟ならいいのねお兄ちゃんw

     可愛いは正義だから仕方ないですね!
     あれ、可愛いは可愛いでも意味が……まぁいいか(震え)

    >しかも魂に根を張る表現の嫌がり方に笑いましたw

     多分世界に存在する結構な男性が同じ気持ちを抱いてくれると思います、はい。はい(迫真)

    >根魂属かなり有能!もう、逃 が さ な い

     ある意味アンネ達が侯爵から逃れるよりも遥かにたちが悪いという。おかしいな、主人公のはずなのに。

    >な、っ………名乗りが省略wそりゃないぜ作者様(笑)

     最初は普通に名乗ってたのですが、こう、くどいなぁって思い急遽削除削除。しまった、結構需要あったんですね(驚愕)

    >思いがけずの更新感謝します!

     たまにはドッキリしたいお年頃です。

    >思わず寝る前に読んでしまいました。

     寝る前……?(ご感想の時間を見ながら)

    >次回更新も楽しみにお待ちしてます。

     次回更新しておきました!

    >くれぐれもご自愛下さい。

     とってもとってもありがとう御座います。
     今日は眠気マックスなので気持ちよく寝れそうです(お返事も半分寝ぼけ)

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年6月30日 22:00

  • 第117話 木々は集う、大樹の下に2へのコメント

    地味だけどすごい能力がきましたね。
    人に必要な衣食住全部カバーできそうです。
    直近では食料面でのみの使用になりそうですが災害時にはすごい心強いですね。

    作者からの返信

     いつもご感想マイノリティーありがとう御座います。マイノリティーってどんな意味だったかな(素)

    >地味だけどすごい能力がきましたね。
    >人に必要な衣食住全部カバーできそうです。

     一家に一人欲しい万能マンですね。
     多分この一族居るだけで大金持ちになれると思います、はい。

    >直近では食料面でのみの使用になりそうですが災害時にはすごい心強いですね。

     今後はあれですね、大変になった土地があった場所に、突然畑が現れると言う怪奇現象が起きそうです。
     ミステリーサークルの正体は根魂属だった……?(何)

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年6月30日 21:53

  • 第116話 木々は集う、大樹の下にへのコメント

    更新ありがとうございます!
    休日の楽しみに、いつも通り拝見しました。

    土人や森人。ドワーフやエルフ的な種族でしょうか?獣人はいるけど、ドワーフやエルフなどの表現はこの世界ないのかな?

    根魂族達は受け入れてもらえないのか?次回も楽しみです。

    じめじめ蒸し暑い日があると、扇風機のつけっぱなしで体調崩してしまう豆大福ですが、作者様も充分気をつけてご自愛ください。
    次回更新お待ちしてます!

    作者からの返信

     いつもご感想タピオカ増し増しありがとう御座います。ちなみにこうしゅうはタピオカが苦手です。

    >更新ありがとうございます!
    >休日の楽しみに、いつも通り拝見しました。

     こちらこそいつもありがとう御座います!
     テレビ番組のCM休憩程度に目を通してくれたなら幸いです(違)

    >土人や森人。ドワーフやエルフ的な種族でしょうか?

     まんまそのイメージで合ってると思います。というか元のネタがそれなので。ただ土人は一般的なドワーフみたいなのとはかけ離れているかもと思ったり思わなかったりです。

    >獣人はいるけど、ドワーフやエルフなどの表現はこの世界ないのかな?

     今現在はアーレイ王国の常識としてしか語られていない状態なので、他国ではそう言う呼び名で呼んでいるかも知れません。多分、きっと、恐らく、めいびぃ。

    >根魂族達は受け入れてもらえないのか?次回も楽しみです。

     先程その答えを投稿しておきました。
     さぁどっちだ(震え)

    >じめじめ蒸し暑い日があると~

     昔、夏場に暑いからと下着だけで扇風機の風を浴びながら寝ていて痛い目にあったこうしゅうです。
     今は扇風機の目で瞳がドライアイなので違う意味で使ってなかったりします。
     僕もそうですが豆大福さんもお腹とか冷やさないようにご自愛下さい。

    >次回更新お待ちしてます!

     投げておきました!

     ではでは、またどうぞよろしくお願いいたします。

    2021年6月29日 00:22

  • 第116話 木々は集う、大樹の下にへのコメント

    誤字報告です。
    「精練潔癖」ではなく「清廉潔癖」ですかね。四字熟語的に「清廉潔白」なのかもしれませんが。

    作者からの返信

     ご指摘とってもありがとう御座います。

    >「精練潔癖」ではなく「清廉潔癖」ですかね。四字熟語的に「清廉潔白」なのかもしれませんが。

    「清廉で潔癖」と言う科白と「清廉潔白」を掛けた言葉遊びのつもりだったのですが、見事に失敗している感が凄いこうしゅうです。
     誤字もそうですが、ご指摘頂いて読み直したら誤字誤用にしか見えないですね(涙)
     表現含め、有り難く修正させて頂きます。

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年6月29日 00:15

  • 第116話 木々は集う、大樹の下にへのコメント

    もうザルード公爵として件の侯爵潰しても許されるのでは? 直接的に迷惑こうむってるから大義名分はあるんですよねえ。ただ、直接暴れるわけにはいかないからやるのは雇われ冒険者のジャスパーさんでしょうがw
    そうすると庇護を求めるレア種族が次々とやってきそうですw

    作者からの返信

     ご感想素敵にたっぷりいつもありがとう御座います。

    >もうザルード公爵として件の侯爵潰しても許されるのでは?
    >直接的に迷惑こうむってるから大義名分はあるんですよねえ。

     まだ証拠が!
     いやまぁ(ほぼ高確率の)火のないところに煙は立たぬ状態ですが、まだ父上がどうするのか分からないですし(遠い目)

     表立って公爵として迷惑掛けられた瞬間に鬼が現れるとは思いますが。

    >ただ、直接暴れるわけにはいかないからやるのは雇われ冒険者のジャスパーさんでしょうがw

     暴れるのは何故か体内に種が埋めつけられている魔獣じゃないですかね(視線逸らし)

    >そうすると庇護を求めるレア種族が次々とやってきそうですw

     マッチポンプって素敵な言葉だなぁって思いました! はい! 最低だぁ……

     ではでは、またどうぞよろしくお願い致します。

    2021年6月29日 00:13

  • 第116話 木々は集う、大樹の下にへのコメント

    更新有難うございます。
    ちょっと遅い時間でしたが、ちゃんと寝れてますか?一読者です。

    まるでドワーフとエルフのような種族の登場。
    虐げられた種族の駆け込み寺、城塞都市ガーランド。
    そして都市を掌握するエロい悟りを開いている大僧正ジャスパー。
    駆け込み待った無しです。
    まだまだ血盟の規模が大きくなりそうで面白そう。
    次を楽しみにしています。

    作者からの返信

     ご感想いつもとってもマイルドブレンドありがとう御座います。
     最近は睡眠時間がばらばらだったりするこうしゅうです。ライファさんもその後体調如何でしょうか。

    >まるでドワーフとエルフのような種族の登場。

     ルビはまんまそれで良いと思います(真顔)

    >虐げられた種族の駆け込み寺、城塞都市ガーランド。

     尚、受け入れる優しさは基本ゼロと言う素敵具合な模様。

    >そして都市を掌握するエロい悟りを開いている大僧正ジャスパー。

     多分、普通のえろすけべぇな主人公だったら覗きし放題の変態小説になっていたかとおも……今もかわらないか(遠い目)

    >駆け込み待った無しです。

    「よく来たな。帰れ」

     開口一番こんな言葉が送られそうな素敵な場所ですね。

    >まだまだ血盟の規模が大きくなりそうで面白そう。
    >次を楽しみにしています。

     個人的にはひっそり小規模な連盟で動く物語なのに何故か大規模になっていく不思議具合に自分で困惑しているこうしゅうです。流石王太子様。
     次を先程投げておきました、もうとってもとってもありがとう御座います。

     ではでは、またどうぞよろしくお願いいたします。

    2021年6月29日 00:10

  • 第115話 花の香りは何処までもへのコメント

    不老の一族……手折られていない花ばかり……一気に100人以上増加ですね!
    もはや絶倫でも足りないくらいの勢い(笑)


    「魔獣が死んだ時の経験地を得る」
    →経験値を得る、ですかね? 植物種だと地面でも良さそうな気もしますがww

    作者からの返信

     ご指摘ご感想スペシャルありがとう御座います。

    >不老の一族……手折られていない花ばかり……一気に100人以上増加ですね!

     主人公最強ハーレムっていいですよね!
     本当に手を出すかどうかは未定ですが(何)

    >もはや絶倫でも足りないくらいの勢い(笑)

     普通に考えて腹上死待ったなし(遠い目)

    >「魔獣が死んだ時の経験地を得る」
    >→経験値を得る、ですかね? 植物種だと地面でも良さそうな気もしますがww

     うごごごご……ありがたく修正させて頂きます。
     言われてみればそのままでもいいかな、って割と本気で思ってしまったこうしゅうです。

     ではでは、またどうぞよろしくお願いいたします。

    2021年6月27日 02:27

  • 第115話 花の香りは何処までもへのコメント

    ザルード領の大発生にて、魂位の上昇が思ったより少なかった理由が、【分種】または似たようなスキルなどが原因だったという事でしょうか。
    【分種】という能力は非常に強力ですね。

    設定がしっかりと練られており読んでいて面白いです。

    作者からの返信

     ご感想とってもとってもありがとう御座います。

    >ザルード領の大発生にて、魂位の上昇が思ったより少なかった理由が~

     この辺りが関係するかどうかは、今後の展開で徐々に明らかにされていくと思います(願望)
     というか、その辺りの設定を覚えていてくれたことに正直嬉しさマックスなこうしゅうです。

    >【分種】という能力は非常に強力ですね。

     正直RPGとかで敵方に持っている奴が居たらくそげー認定一歩手前だと思います。味方だったら一軍確定ですねっ。

    >設定がしっかりと練られており読んでいて面白いです。

     すっごく嬉しいお言葉ありがとう御座います。
     ただそこでどういう風に出してどう表現して、それが矛盾なく出来ているかどうかで日々震えていたりします。
     あと、割と勢いとノリで書いてます(真顔)

     ではでは、また次回もどうぞよろしくお願いいたします。

    2021年6月27日 02:24

  • 第115話 花の香りは何処までもへのコメント

    これ初代アーレイ王がカルミリア公爵の母に種を撒いたら格の関係で世にも珍しい♂が…という可能性があったりなかったりするのでは?
    歴代国王はやはり各公爵家と姻族関係にあるんでしょうし花人が混ざってるとしたら多分こんなことなのでは?

    そしてまた新たな問題が……レア物ホイホイと化していくw

    作者からの返信

     いつもご感想エヴィバディ有難うございます。

    >これ初代アーレイ王が~

    「♂」って文字に鼻から水が出たこうしゅうです。間違ってないけど……!
     以前子供が生まれる時にどちらの種族が生まれるか、と言う話を振り返ると、それはあっても不思議ではないですよね。アーレイ王国の財政は安泰ですね(最低)

    >歴代国王はやはり~

     今は何とも言えませんが、今後その辺りに関して徐々に出せていけたらいいなぁって思います。
     存外深い意味はない可能性も無きにしも非ずです、はい。

    >そしてまた新たな問題が……レア物ホイホイと化していくw

     うほっ、いい(以下略)
     主人公最強ハーレムものの醍醐味ですよね!
     こう言う展開大好物です。

     ではでは、またどうぞよろしくお願いいたします。

    2021年6月27日 02:22

  • 第115話 花の香りは何処までもへのコメント

    更新有難うございます。
    ウィダーインゼリーは食べ飽きた一読者です。

    お体の調子は如何ですか?
    以前の更新回数、文量が尋常じゃなかっただけで、今の文量でも十分読み応えのある内容です。
    校正やら何やらでそれなりの時間を割いてるはず。何卒、ご自愛下さい。

    カーマインとジャスパーの時のニール達の対応が特徴的ですね。
    というか、自分達が仕える王として対応する時と、冒険者仲間として扱う事を凄く弁えてる感じ。
    これもジャスパーの意を忠実に汲んだ忠誠心でしょうか。
    ジャスパーも心許す感が出てて臨場感がありました。
    さてさて、一件落着かと思えば、聞き逃せないフレーズが出てきましたね。
    次回でどんな内容が出てくるのかを楽しみにしています。

    作者からの返信

     いつもご感想エブリデイありがとう御座います。
     ウィダーインゼリーっていつの間にかウィダーの文字が消えてた事実に驚愕したこうしゅうです。

    >お体の調子は如何ですか?
    >以前の更新回数、文量が尋常じゃなかっただけで~

     良くなったり悪くなったり天元突破したりな僕です、ご心配とっても本当ありがとう御座います。
     最近は更新頻度が少ないので正直「いいのかなこれ……」と割とびくびくしていたりもします。
     (出来るだけ)無理なくやっていけたらいいなぁって思います、はい。

    >カーマインとジャスパーの時のニール達の対応が特徴的ですね。
    >というか~

     この辺りは本人の気質と獣人種特有のものがあるのかなぁって思ったり思わなかったりします。
     その辺りは結構気を配っている部分でもあるので、区分け出来てると言われると嬉しいです。

    >これもジャスパーの意を忠実に汲んだ忠誠心でしょうか。

     そろそろMAXを超えるんじゃないかなって思ってます。

    >ジャスパーも心許す感が出てて臨場感がありました。

     ある意味では、屋敷を飛び出して最初に仲良くなった関係なので、ええ、うん、はい(何)

    >さてさて、一件落着かと思えば、聞き逃せないフレーズが出てきましたね。
    >次回でどんな内容が出てくるのかを楽しみにしています。

     いつものことながらに山なし谷なしの侵攻で行くと思います。侵攻は誤字じゃないな……

     ではでは、またどうぞよろしくお願いいたします。

    2021年6月27日 02:19