【完結】聖女と悪魔:修道長マザー天神ノ宮の朝は祈りからはじまる

作者 雨 杜和orアメたぬき

聖女と悪魔――そう言われる者たちが動く。だからこそ、この事件は難しい。

  • ★★★ Excellent!!!

聖女と称される修道女。悪魔と呼ばれる警察官。そのどちらも動かなければ、この事件は解決しなかっただろう。
だからこそ――この事件は難しいと言える。
聖女か悪魔。そのどちらかの手を借りれば解決できる事件の方が多いだろうが、この事件こそは、両方いなくては難しい。
そう、思えます。

ネタバレを避けるため、敢えて抽象的に書いてしまいましたが、ほかにも、殺人事件という舞台装置だからこそ語られる、生命というテーマも必見です!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

聖カタリナータ初等部の敷地内にあるカトリック修道院の聖堂裏で、嵐ののちに発見された他殺体。

事件の真相究明のために、修道長のマザー天神ノ宮和子、悪魔と評される阿久道警視正、相棒的な役割の花子こと新… 続きを読む

四谷軒さんの他のおすすめレビュー 293