【完結】聖女と悪魔:修道長マザー天神ノ宮の朝は祈りからはじまる

作者 雨 杜和orアメたぬき

167

56人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

セレブ生活を送ってたはずの女性が殺害されたがこの事件には多くの謎が残っていたまま時が進んでいた。
事件を捜査するのは悪魔と呼ばれるキャリア刑事と新人女刑事、そして2人に協力する怖いもの知らずのカリスママザー。
これだけで個性的なキャラが揃い踏みですが、天使と悪魔が揃ったなかで事件が大きく動き出します。

本格ミステリーもさることながら成長物語と人間性物語も味わえる作者様の意欲作です。

★★★ Excellent!!!

悪魔と天使の協力、この構図が結構流行っている昨今

この双方の人物設定がとても効果的でワクワクさせられますね。

周囲の「人間」の有り様もまた興味深く、
新米女性刑事が(ドラマだったら誰が演じたら?と考えてしまいました)独特で

その成長の様子にも肩入れしてしまいます。
特に最後の大捕物での頑張りには、こちらも身震いするほどでした。
よくやった。

作者の経験と研鑽とラブが感じられます。

★★★ Excellent!!!

聖カタリナータ初等部の敷地内にあるカトリック修道院の聖堂裏で、嵐ののちに発見された他殺体。

事件の真相究明のために、修道長のマザー天神ノ宮和子、悪魔と評される阿久道警視正、相棒的な役割の花子こと新堂雪乃は動き出す。

話を織りなすキャラクターたちは実に個性的。
そして、そのキャラクターでなくては為しえない方法で真実を追及してゆく。
それだけではなく、その他のキャラクターも含めてお互いの関わりを通じて真実へと向かってゆく。

終盤の場面で繰り広げられるドラマは、そんな活き活きとしたキャラクターたちが繰り広げる一つ一つが、その魅力を最大限に引き出した壮大なシーンの連なり。
息を飲んで応援したくなる事に違いない。

ミステリーとしても、ヒューマンドラマとしても最高のストーリー。
是非読んで感動を味わって欲しい。

★★★ Excellent!!!

ある女性の遺体が発見され、その犯人を追っていくという、続きが気になって仕方がない珠玉のストーリー。誰が、この女性を殺したのか。その目的は何なのか。

犯人を追うのは、パワハラ気質な阿久道警視と心優しい相棒の雪乃。そして、犯人を捕まえるカギを握るのは、修道長マザー天神の宮。

私が何より注目したのは、神の領域に踏み込むような、ある技術が登場する点だ。これまで、ミステリーでは取り上げられなかった分野であるように思う。人間は弱い生き物。「使ってはいけない」と分かっていたとしても、もし、自分の手が届くのなら、欲望に負けて手を出してしまうかもしれない。

そして、そのような人の弱さを包み込み、光ある方向に導いていくマザーの言葉に救われる。こんな方が近くにいたらいいのにと思わせる、素晴らしいキャラクターだ。

まるで、自分の身の回りに起こっているような緊迫感と温かさを合わせ持つストーリー。あなたも、堪能してみては?

★★★ Excellent!!!

聖女と称される修道女。悪魔と呼ばれる警察官。そのどちらも動かなければ、この事件は解決しなかっただろう。
だからこそ――この事件は難しいと言える。
聖女か悪魔。そのどちらかの手を借りれば解決できる事件の方が多いだろうが、この事件こそは、両方いなくては難しい。
そう、思えます。

ネタバレを避けるため、敢えて抽象的に書いてしまいましたが、ほかにも、殺人事件という舞台装置だからこそ語られる、生命というテーマも必見です!

★★★ Excellent!!!

現代舞台の本格ミステリー。
朝、とある学校内で死体が見つかる。被害者は四十歳の女性。中学生の娘を持つセレブで、夫は医科大学准教授だ。

事件を担当するのは、悪魔とあだ名されている天才だが人情味のないキャリア官僚と、大柄体型がややコンプレックスの新人、雪乃巡査。

これだけでもキャラが濃いのだが、さらに本作には、マザーが登場する。

そう、死体が放置されていたのは、キリスト系の伝統ある学校で、敷地内には修道女たちも暮らしていたのだ。あらあらあら、どうしましょうっ。

……という、このままドラマ化したら面白そうな作品です。

他にも興味深いキャラクターがたくさん登場して、複雑な人間模様が事件に絡んでいき……うわあ……なんてこった……!!

完結作品なので一気読みもできます。さてさて、犯人は誰でしょうか。ドキドキの逮捕劇も見どころです。

★★★ Excellent!!!

嵐の翌朝、聖堂の前で見つかった女性の遺体。
亡くなったのは、教会に併設されたセレブ校に通う生徒の母親だった。

誰が、なぜ、彼女を殺したのか。
そしてなぜ、わざわざ遺体を聖堂へ運んだのか。

捜査を担当するのは、悪魔と呼ばれる、人間離れした頭脳を持つ警視正・阿久道と、助手の雪乃。
そして、遺体を発見したことにより、聖女と呼ばれる修道長・マザーもまた、犯人を追うことに……。

容疑者も捜査陣も、個性的な人物ばかりが出てくるミステリーです。
作者様の深い知識が散りばめられた物語は、引き込まれて飽きることがありません(そして、犯人が全然想像がつかないっ!)

物語は最終章に入ったところ。
いったい、どんな真相が隠されているのか……。
聖女と悪魔はいったい、何を見るのか、ぜひその目でお確かめください!

★★★ Excellent!!!


とある変死体から始まる物語。

ともかくキャラクターが濃い。一人だけ推せないくらい、みんながみんな魅力的です。

次々に明らかになる事実ですが、なかなかパズルは完成しません。
それらに翻弄されて出来上がる絵は何を映し出すのか……?
容易に想像がつきませんでした。ラストが楽しみです。

宗教、科学、芸術……色々要素てんこ盛りのミステリー。
あなたに犯人が分かりますか?

★★★ Excellent!!!

本格的な推理ものですが、キャラがみんないい。
天使のような、マザー。悪魔の警視正。
容疑者たちもみんなキャラがたっていて、全員怪しい。

ミステリーで重要なのは、キャラのたった容疑者たちですよ。
みんな怪しくない健全な人々よりも、みんな怪しいぶっ壊れた人々の方が、読んでて楽しい。
こいつならやりそうと、心置きなく罪をきせられるからです。

さー、あなたのお眼鏡にかなう容疑者は誰でしょう。

★★★ Excellent!!!

冬の嵐の後、見つかった遺体、殺人事件のようだ。
警視庁の阿久道警視正と被害者の卒業校の修道長マザー天神の宮どちらも優秀で、それぞれに謎解きを進めてゆくようだ。どちらが謎を解き、どちらが人として進むべき道を示すのだろうか。水と油の二人、どのように絡んでゆくのか楽しみなミステリーである。