ブーゲンビリアのサウスポー

作者 銀鏡 怜尚

舞台に上がれなくても誰よりも眩しく咲き誇る。彼女は南国の鮮やかな花。

  • ★★★ Excellent!!!

これは、野球に魅せられ、野球によって築かれた絆に魅せられた人たちの物語。

ある年、サウスポー投手・愛琉が高校野球部に入部した。
どんなに実力があっても、愛琉は決して選手として晴れ舞台に立つことはない。
何故なら、「彼女」が入部したのは「女子野球部」ではなく、普通の「男子野球部」だったから。

野球部監督・繁村に惚れ込んだという愛琉は、稀有な実力と強烈なキャラクターであっという間に野球部全体の心を掴みとってしまいます。
練習内容でもメンタルでも、繁村が舌を巻くほどの影響力で部を引っ張ってしまう彼女は、それでも決して公式戦に出られることはない……。
多くの人たちが、この事実に歯痒い思いをします。

部員たちとの交流や衝突、数々の試合、女子野球選手としての校外での活動など、愛琉を取り巻く物語は止まることを知りません。

色鮮やかな花のように、輝ける素質を持ちながら、それを活かしきれない環境。
彼女の「繁村が好き、彼のもとで野球がしたい」という気持ちは、時に繁村本人に伝わらず空回りしてしまうことも。

愛琉や部員たちのキャラクターや、まるで目の前で実際に行われているようなリアルな試合風景、高校野球の裏側など、細部に至るまで読み応えは抜群です。
愛琉の動向にやきもきしながらも、どっぷりと没入して高校野球の世界に浸ることができます。

高校野球がお好きな方はもちろん、よく知らない方でも文句なしに楽しめます。
ちょっと変わった、元気女子が引っ張る野球物語、ぜひ楽しんでみてください!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

かつて夏の甲子園で準決勝まで導いた捕手は、バッテリーを組んでいたエースを交通事故で失い野球を辞めた。
その後、母校の教諭となった主人公は硬式野球部監督に着任します。
その硬式野球部に入部希望したのは… 続きを読む

黒須友香さんの他のおすすめレビュー 592