異世界転移で指から唐揚げが出るようになった俺が唐揚げを作って食べるまで

作者 くれは

この作品が書籍化された暁には、全国の唐揚げ屋さんで売り切れが続出する!

  • ★★★ Excellent!!!

 とても堅実な異世界ファンタジーです。
 RPGのような世界観・展開をそのまま小説にした作品ではないので、次から次へと劇的なイベントが起こるわけではありません。そういうものを期待してサクサク読んでいくのではなく、じっくりと腰を据えて読んでいきたい、という方々にお勧めします。

 特殊能力をもった異世界転生ですが、その特殊能力を使わずに同じことを成し遂げよう、とするところに、この作品の妙味があるのでしょう。

 唐揚げに特化した物語です。美味しさの表現には目を見張るものがあります。読めば必ず唐揚げが食べたくなること間違いなし!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

烏川 ハルさんの他のおすすめレビュー 513