異世界転移で指から唐揚げが出るようになった俺が唐揚げを作って食べるまで

作者 くれは

唐揚げへの溢れる愛と静かな森のリアルライフファンタジー

  • ★★★ Excellent!!!

 異世界転移してしまった青年が、あまりの空腹に耐えかねて唐揚げが食べたいと願ったら、指から唐揚げが出てきた……?!

 そんな突拍子もない設定の面白おかしい物語かと思いきや(いや面白いのですが)、魔法のあり方や、その世界に住む森の民の暮らしがしっかりと丁寧に描かれています。

 やがて、森の中で彼を助けてくれた少女との出会いを経て、いよいよチャレンジするのは、唐揚げづくり……! まったく異なる世界での材料集めから、どうしてそこまで詳しいんですか?!と聞きたくなる食材の捌き方まで、これならもはや異世界に飛ばされてもいつでも唐揚げが作れるようになる気がする……!という不思議なリアリティのある物語でした。

 それだけでなく、主人公シンイチくんのなんとも言えない絶妙なボケとツッコミ入り混じった語り口や、彼を助けてくれたマコトさんの優しさ、どうにも笑いを誘う彼女の両親など、登場人物たちもみなさん魅力的です。

 ラスト付近では唐揚げをキーにしてもう戻れない故郷への郷愁が語られ、なんだかとっても切ない気持ちになりましたが、その後の二人の暮らしの様子のおかげで、きっと幸せに暮らしたんだろうな、と暖かい気持ちで物語の余韻を感じることができました。

 唐揚げ愛と、しっかりしたファンタジー、どちらも楽しめる素敵な作品です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

橘 紀里さんの他のおすすめレビュー 523