Adrian Blue Tear ―バー・エスメラルダの日常と非日常―

作者 陶守 美幸

登場人物同士の関わり方を楽しんでください。

  • ★★★ Excellent!!!

物語の舞台はタイトルにも有る通り、基本的には小さなバーの中です。

そこを訪れた主人公と、一見可愛らしいマスター、バーの常連さん達・・・、物語が進むにつれて登場人物の過去が、関わりが、そしてこの物語の世界観が明かされて行きます。

主人公を含めて一話毎に登場人物の正体や関わり方が分かって行く展開が面白いと思いました。

まだまだ全容が分かるところまでお話が進んではいない段階だと思いますが、これからの展開がとても気になります。

予備知識無しで読んだ方が面白いと思いますので、レビューとしては曖昧な書き方で申し訳有りませんが、まずは読んでみてください。

※:実はなろうの方で見付けて読んでいました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

ふと・・・さんの他のおすすめレビュー 203