Adrian Blue Tear ―バー・エスメラルダの日常と非日常―

作者 陶守 美幸

38

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

自由都市「ティタン」の繁華街のはずれ。
改造されたアパートの一室、緑色の扉をくぐれば小さな店があるんだとか。
 
そこが、本作の舞台である「バー・エスメラルダ」です。

主人公はオッドアイの少女と美男子。
店主のルピナスと、客であるフランツの2人の出会いによって物語は始まります。

そうそう、このお店は少し変わっているようです。
看板や客引きはなく、街の地図にも載っていない、まるで秘密のお店。
にも関わらず、お偉いさんや訳アリの人、様々な紳士淑女が口コミで紹介され、お越しになるそうです。ご安心を、何かあった問題が起こった際は、店の奥に用心棒が控えているんだとか。え? 逆に物騒じゃないかって? はてさて、答えは作中に隠れていますよ。

この店はカクテルの品ぞろえ、店員の丁寧な対応も魅力的なのですが、肴が一風変わってます。それは、訪れるお客様たちが織り成す物語です。恋の話、男の話、女の話、ちょっと難しい話から日常会話まで。小さなお店であるがゆえの魅力かもしれません。お酒を片手に耳を傾けると、より一層楽しめるかもしれませんね。

ぜひ一度、異世界の小さなバーで、素敵なお話に酔いしれてみませんか?

この店はお客様の国柄、王国や帝国に関係なく、読者様を温かく迎い入れてくれます。あなたもきっと、常連になってしまう事でしょう。そして、あなたはこう言います。

「ルメリ。マスター、また来ちゃいました」と。

★★ Very Good!!

自由都市の片隅にある看板のないバー『エスメラルダ』を舞台にした物語。
『帝国』と『王国』。
不仲な二つの国に跨る複雑に絡み合った人間模様は、カクテルの数だけ、色を変え、香りを変え、風味を変える。
店主ルピナスの不可思議さが、『エスメラルダ』で起きる問題事、厄介ごとに更なる華を添え、万華鏡のような人間模様を生み出す。

やや、ゆったりとしたペースから始まるこの物語だが、話が進むごとに軽快なスピード感が増し、読者を先へ先へと誘ってくれる。しっかりとした文章で読み疲れもしにくい本作。一話一話も短めなので、隙間時間で読みたいという人にも向いていると思う。
是非ご一読を!

★★★ Excellent!!!

物語の舞台はタイトルにも有る通り、基本的には小さなバーの中です。

そこを訪れた主人公と、一見可愛らしいマスター、バーの常連さん達・・・、物語が進むにつれて登場人物の過去が、関わりが、そしてこの物語の世界観が明かされて行きます。

主人公を含めて一話毎に登場人物の正体や関わり方が分かって行く展開が面白いと思いました。

まだまだ全容が分かるところまでお話が進んではいない段階だと思いますが、これからの展開がとても気になります。

予備知識無しで読んだ方が面白いと思いますので、レビューとしては曖昧な書き方で申し訳有りませんが、まずは読んでみてください。

※:実はなろうの方で見付けて読んでいました。