当館はタワー型ダンジョンではございませんお客様ァ!

作者 江田・K

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全202話

更新

  1. プロローグ 本日も満員御礼です、支配人
  2. 第一章
  3. 第1話 社長になって俺は死んだ。「ヤツ」に会って転生した
  4. 第2話 俺の中にいるヤバい「ヤツ」
  5. 第3話 「ヤツ」の特技は死霊術
  6. 第4話 怨嗟の煮凝りの如き人造物に命名を
  7. 第5話 全裸の隷従、現場の制服
  8. 第6話 ポンプとパネルと俺と「ヤツ」
  9. 第7話 むかしむかし、あるところにぜんりょうなしりょうじゅつしがすんでいました
  10. 第8話 朝、全裸の少女、死霊術師、そして大量の、骨
  11. 第9話 骸骨たちが従業員になりたそうな目で俺を見ている
  12. 第10話 安全配慮義務違反の監督者は第一異世界人に遭遇する
  13. 第11話 いやコレ未踏破ダンジョンじゃねえから!
  14. 第12話 鍵のかかっていない自動ドアを開けられないレベル
  15. 第13話 当館の支配人ですが、何か?
  16. 第14話 話が通じないにもほどがあるし俺はダンジョンマスターではない
  17. 第15話 「冒険者」とかけまして「巻藁が上手く切れない居合の達人」とときます
  18. 第16話 住所不定無職への対策よりも優先すべきこと
  19. 第17話 当ホテルは守るに好適な防衛拠点です?
  20. 第18話 骸骨の中心でアイが作業、俺除け者
  21. 第二章
  22. 第19話 ボロ雑巾拾っただけなのに
  23. 第20話 金髪美少女に拷問しようとするのはやめなさい
  24. 第21話 質問、回答、ついでに真相
  25. 第22話 冒険者が成り上がる確率と野垂れ死ぬ確率
  26. 第23話 魔法使いに出来ることはそれぞれ違う
  27. 第24話 湯温系魔法の実証実験
  28. 第25話 ガスがなければ魔法をつかえばいいじゃない
  29. 第26話 違うのはわかるけどどの程度違うかはわからない
  30. 第27話 そうだ、Villageへ行こう
  31. 第28話 盗賊と名乗る者に用心は不要、聖人君子を名乗る者にこそ用心が必要だ
  32. 第29話 ある日、山の中、冒険者に、出遭った(出遭ったとは言っていない)
  33. 第30話 愚者の愚者たるは己が愚に気付かぬ故也
  34. 第31話 集落は思ったより良い場所だった。喩えて言うなら駅前の好立地。
  35. 第32話 (宿屋に泊るための)お金がない!
  36. 第33話 お金と宿屋の事情
  37. 第34話 宿屋の爺さんの接客が俺史上空前のレベル
  38. 第35話 「客室」というカテゴリーでは負けていない。というか圧勝。
  39. 第36話 クマさんの、することが(ひどくて)、自警団、お逃げなさい
  40. 第37話 第一回、俺と「ヤツ」の脳内会議
  41. 第38話 いっしょにクマとたたかってもらえますか? 〉Yes/No
  42. 第39話 死霊術師は虚空の果てより骨の刃を掴み取る
  43. 第40話 【異世界で戦った順番】狼→ならず者→クマ(イマココ)
  44. 第41話 ナターシャの真価、というか彼女の魔法の最適解
  45. 【幕間】
  46. アイの、主が不在の多忙なる一日
  47. 第三章
  48. 第42話 ちょうちょう の つかい が あらわれた。 って、村長じゃないのか。
  49. 第43話 町長、重畳、首尾は上々(韻
  50. 第44話 好奇心は猫を殺す、という言葉がある(こちらに殺意はないが
  51. 第45話 誤解を解いて事態の収拾を図りたい
  52. 第46話 ずぶ濡れの闖入者の濡れ衣を信じるか
  53. 第47話 まともな人物の息子がまともである保証は何処にもない
  54. 第48話 尾行の基本は相手に悟られないようにすること、のはず。たぶん
  55. 第49話 謎の尾行者との高度な駆け引き、とかは無い
  56. 第50話 獣耳の少女リュカとデュワンゴのシュラ
  57. 第51話 おっさんであることに自覚的であってもおっさん呼ばわりされると傷つく
  58. 第52話 アイのスーパー説教タイム
  59. 第53話 流暢に喋るアイ、強引に説得する俺 
  60. 【幕間】
  61. 獣耳の少女は束の間の安寧に浸る
  62. 第四章
  63. 第54話 アイの引継ぎ事項よりもアイの起こし方が気がかりです
  64. 第55話 リュカの素行について齟齬があるか
  65. 第56話 ゾンビコーチのスパルタトレーニング
  66. 第57話 獣人は無理でも獣は手懐けられる。
  67. 第58話 このふたり、相性がいいのかわるいのか
  68. 第59話 獣人の来し方行く末
  69. 第60話 リュカと俺の間に横たわる問題
  70. 第61話 山の麓の懲りない面々
  71. 第62話 両者を隔てるのは崖だけではなくて
  72. 第63話 真打登場(双方)
  73. 第64話 激突!? 赤の勇者vsフロント担当
  74. 第65話 勇者再び
  75. 第66話 クレーマー対応(前準備)
  76. 第67話 クレーマー対応(聞き取り)
  77. 第68話 クレーマー対応(釈明)
  78. 第69話 クレーマー対応(物理)
  79. 第70話 クレーマー対応(担当変更)
  80. 第71話 クレーマー対応(処理)
  81. 第72話 クレーマー対応(解決)
  82. 幕間
  83. 赤の勇者は目の当たりにする
  84. 第五章
  85. 第73話 朝の風景がやかましい
  86. 第74話 コーヒータイムにひと匙の殺意
  87. 第75話 勇者はきっと義理堅い
  88. 第76話 行動には必ず理由がある
  89. 第77話 好き嫌いは表明することも察することも難しい。
  90. 第78話 使えるか使えないかに他人の評価は関係ない
  91. 第79話 栄達への道を引け
  92. 第80話 問題は新人が解決しますので
  93. 第81話 たったひとつの冴えないやり方
  94. 第82話 やることが多い……!!
  95. 第83話 重いコンダラを作るだけの回
  96. 第84話 道路工事の進捗は順調――だった
  97. 第85話 基礎工事をやってると非常にしばしばよくある現象
  98. 第86話 遺跡の入り口
  99. 第87話 むか~しむかしの、ことじゃった~
  100. 第88話 Out of Place Artifacts
  101. 第89話 守護精霊はとても怒っている
  102. 第90話 死臭と異形の咎と罰
  103. 第91話 “風”の守護精霊と“冥府の窓”
  104. 第92話 “風”の気分は移ろいやすく
  105. 幕間
  106. “風”の守護精霊は傀儡と語らう
  107. 第六章
  108. 第93話 獣人少女の帰還
  109. 第94話 思ってたのとだいぶ違う 
  110. 第95話 獣人は精霊に身を委ねるが
  111. 第96話 親子の口論じみたものに家主はあまり介入したくない
  112. 第97話 営業許可証(仮)ってカッコカリってなんだ?
  113. 第98話 ホテル運営の準備は万事整った――
  114. 第99話 支配人不在の名称決定会議
  115. 第100話 当館へいらっしゃいませお客様
  116. 第101話 販売施策は万全か?
  117. 第102話 パンはパンでも甘すぎるパンは
  118. 第103話 買うか作るか、そこは問題じゃない
  119. 第104話 石窯 を 作成しますか? > Yes > 素材 が 不足しています
  120. 第105話 岩を切る、そして石を運ぶ
  121. 第106話 守護精霊サマへの対価は痛いか
  122. 第107話 正しい石窯のつくり方
  123. 第108話 パンを落とすと大体バター塗った面が下になりがち
  124. 第109話 自由の量が多ければ必然の量は少なくなり、逆もまた然り
  125. 第110話 哀しみの過去から歓喜の未来へと
  126. 幕間
  127. 死霊術師、赤の勇者との夜更け
  128. 第七章
  129. 第111話 急がずに、だが休まずに
  130. 第112話 今日始めなかったことは明日終わったりしない
  131. 第113話 共通する憎悪ほど人を結束させるものはない
  132. 第114話 憎悪に対して悪意を返せば憎悪は倍化する
  133. 第115話 宿泊業とは超短期賃貸業である、だけではない
  134. 第116話  商売で重要なのは道徳を守るということ
  135. 第117話 他者を自分に同調させようとするほど馬鹿げたことはない
  136. 第118話 言葉が悪口に聞こえても事実であれば受け入れるしかない
  137. 第119話 人の噂も七十五日というけれど
  138. 第120話 自分が信じなければ人を信じさせることはできない
  139. 第121話 問題解決を図るより、新しい機会を創造せよ
  140. 第122話 仕事は人の助けなくして一日も進み得ない
  141. 第123話 失敗しなければ、成功はしない
  142. 第124話 人事を尽くして天命を待つ
  143. 第125話 誠意がない人間に立派な仕事はできない
  144. 第126話 成功する確実な方法は、もう一回だけ試してみることだ
  145. 幕間
  146. 若き行商人は視線に気づく
  147. 第八章
  148. 第127話 ひとでなしと死霊術師の魂の在り処
  149. 第128話 渋滞する馬車の荷台
  150. 第129話 ペイマネーとプロポーズ、そしてショールーム
  151. 第130話 赤の勇者とジャム製法
  152. 第131話 再現性の無いアレコレとうろ覚えの怪しい知識
  153. 第132話 求人応募とダンジョン攻略
  154. 第133話 闘技場と人材登用とド忘れ
  155. 第134話 ホテルは朝から忙しい
  156. 第135話 ホテルは昼間も忙しい
  157. 第136話 ホテルは客室を持ち越せない
  158. 第137話 満室にするということ
  159. 間章
  160. 第138話 精霊と勇者の茶会
  161. 第139話 吾輩は魔剣である
  162. 第140話 商人たちの目利き
  163. 第141話 親睦と鍛錬の組手
  164. 第142話 魔法使いの日課
  165. 第143話 魔法使いの休日
  166. 第144話 魔法使いの修行
  167. 第145話 仮初の魂と魔力の芳香
  168. 第146話 死霊術師の独り言
  169. 第147話 新たなる依頼人
  170. 第九章
  171. 第148話 「いつも」の終わりは「次」の始まり
  172. 第149話 機嫌がいいのかわるいのか
  173. 第150話 1か100でしか加減できない
  174. 第151話 評価基準の問題と関係性の有無
  175. 第152話 無関係という関係ではいられない
  176. 第153話 毒か呪いかそれ以外か
  177. 第154話 信を寄せるに足る人物は誰か
  178. 第155話 殺意の出所が行方不明
  179. 第156話 リスクとリターンが釣り合わない
  180. 第157話 ローリターンとノータリン
  181. 第158話 魅力的な前半と辞退一択の後半、そして
  182. 第159話 視覚情報の不思議な共有方法
  183. 第160話 恨みつらみと自制心の狭間
  184. 第161話 むこうの思惑とこちらの対処
  185. 第162話 ホームとアウェーの圧倒的な差
  186. 第163話 善良な村人と悪辣な軍人の対峙
  187. 第164話 ルールとペナルティ
  188. 幕間
  189. 分隊長は執拗な責め苦を受ける
  190. 第十章
  191. 第165話 愛の真ん中の魔力
  192. 第166話 ホテルにとって大事なもの
  193. 第167話 自分にとって大事なもの
  194. 第168話 獣耳と癖っ毛の感触、と約束
  195. 第169話 守護精霊の助言
  196. 第168話 死霊術師の地理の講義
  197. 第169話 馬車の荷台での歓談
  198. 第170話 骨刀乱舞し、魂は哄笑す
  199. 第171話 仕組まれた偶然の真相を追いたい
  200. 第172話 野盗を雇うのは誰か
  201. 第173話 異世界の技術水準考察(妄想レベルの)
  202. 第174話 野営の夕餉にて
  203. 第175話 菓子の脂質、商人の資質
  204. 第176話 下げる頭、焦げる髪
  205. 第177話 巻き込み防止のための妥協の味は激甘らしい
  206. 第178話 夜の帳が下りた後
  207. 幕間
  208. 商人は闇に踊る死者の王に見とれる
  209. 第十一章
  210. 第179話 定命の者による、営々たる積み重ね
  211. 第180話 情けは人の為ならず
  212. 第181話 宿が決まってないと落ち着かない病
  213. 第182話 「ヤツ」と俺とは切っても切れない
  214. 第184話 可愛らしい客引きと腹立たしいそれ
  215. 第185話 宿屋の正しい選び方
  216. 第186話 選ばれたのは××でした?
  217. 第186話 宿泊業従事者の罹る病
  218. 第187話 目立たずこっそり速やかに
  219. 第188話 人も宿屋も最初の印象が肝心
  220. 第189話 「ホテルらしさ」の難しさ
  221. 幕間
  222. 宿屋の姉妹は束の間に憩う
  223. 第十二章
  224. 第190話 用心という名の小細工