当館はタワー型ダンジョンではございませんお客様ァ!

作者 江田・K

262

98人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

82話まで読んだ感想です。

まずユーマが全然ホテル経営をできないのが面白いですね(笑)
毎回毎回、冒険者連中が邪魔したり、勇者に邪魔されたり、しかも彼らはユーマの話を聞かないという。。(笑)

キャラクターで言うと、ナターシャとリュカの姉妹感がめっちゃくちゃ好きですね。
特にリュカの『デス』口調が自分にとってはツボです。可愛すぎます。

それと、1話1話が短めなのがすごく自分にとって有難いなと。
サクッと読めるし、しかも1話1話の内容も濃くて楽しませてもらっています。

これからも推していきます!(笑)

★★★ Excellent!!!

 正直タイトル見たときからずっと気になって読んでます。ホテルを経営していた主人公がホテルごと異世界に行ってしまう話。

 「タワー型ダンジョン」とかいう日本語を生み出してしまった時点で「勝っている(何に?)」わけですが、それに加えて従業員に現地のモンスターを雇ったり、ダンジョンと勘違いした冒険者が押し掛けてきたり、冒険者に自動ドアのガラスをぶっ壊されて修繕費を気にしたり、いちいち展開が変なツボを押してきます。

 ゆるい部分とマジな部分がゆるゆると混在していて、混乱しながらも読み進めてしまう。面白いです。