『此岸のたましい』#リプで来た要素を全部詰め込んだ小説を書く

作者 夏野けい

生ける死である彼女にとっての生と死

  • ★★★ Excellent!!!

宗教の創始者である彼女の言動には多くの矛盾が秘められています。
それは宗教の創始者としてではなく、彼女をただ一人の人間として読み解けばその心の奥底に近づけるのかもしれません。
彼女にとっての生とは何だったのか。
そして死とは。
彼女が真に求めているものに気づいた時、あなたは戦慄するかもしれません。


こんなふうに自由に想像を巡らせることが、この作品のもう一つの楽しみ方かもしれません

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

れんげそうさんの他のおすすめレビュー 31