後宮武侠物語

作者 古月

皇太子様は強い女子(物理)がお好き!? 宮女よ宮女、武を研き恋を知れ!

  • ★★★ Excellent!!!

宮勤めの無学なお針子は、ひょんなことから、
溌剌とした才色兼備の妃嬪と顔見知りになる。
お針子には秘密があった。武芸ができるのだ。
それを妃嬪に知られてしまったからさぁ大変。

妃嬪とは皇帝の側室で、後宮に暮らしている。
お針子が出会った彼女は、いまだ乙女だった。
彼女は自らを妹とする義姉妹の契りを提案し、
お針子はその夜から妃嬪の姉となってしまう。

ところが、秘密の義姉妹の仲睦まじい関係は、
後宮に現れた不審な武芸者によって絶たれた。
お針子は投獄され処刑を言い渡されるのだが、
これは皇太子と巡り会う運命の始まりで──。

大唐帝国の華やかな後宮が舞台となっており、
登場するオジサンたちが有名人だったりする。
彼らをも巻き込みつつ盛大に開催されるのは、
女によるガチ武芸コンテスト、景品は皇太子。

果たして、お針子上がりの武侠系ヒロインは、
舞踏会ならぬ武闘会でいかなる舞を披露して、
皇太子様の心をつかむシンデレラとなるのか?
読者よ読者、共に続きを楽しみにしましょう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

馳月基矢(旧PN:氷月あや)さんの他のおすすめレビュー 350