キンタ(マ)バース(ト)

作者 詩一

タイトルの掛けことばこそ、生命への畏敬の念

  • ★★★ Excellent!!!

読了して最初に思い浮かんだのは、「カマキリ」でした。

タイトルの掛けことばに隠された意味がわかったとき、新たな命を授かるということへの畏敬の念が湧きました。
音からイメージする軽さはありませんでした。
この凄絶な物語を、皆様も是非。


……男性は出産の痛みに耐えられないそうです……

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

実は私もそうでした。
タイトルを読んでそっとブラウザを閉じていた人間の一人です。
でも、だからこそ言いたい。
内容を読まずにタイトルだけで食わず嫌いすると後悔しますよ、と。
表面的に見えているものだ… 続きを読む

近藤銀竹さんの他のおすすめレビュー 139