氷海のヴェルヌ

作者 カムリ

冷たい悲痛と氷の様な様々な煌きが荒れ狂う、冬の嵐のような物語

  • ★★★ Excellent!!!

氷の怪物に侵略される十九世紀、主人公がまさかの少年ジューヌ・ヴェルヌという独自性のあるシチュエーション。
異常に変異してしまった世界の悲惨と見た事もない光景を、共に切実にありありと見事に描写している。
怪物とそれに抗う異能、そこに絡む「人間が想像できることは、必ず人間が実現できる」という言葉。
切実な内容でありながら奇妙に胸が高鳴る、正に極地冒険、更に十九世紀という時代とジューヌ・ヴェルヌという主役がその雰囲気を強く掻き立てる絶妙さを持つ、死と悲しみとロマンの入り混じった見事な物語です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

博元 裕央さんの他のおすすめレビュー 1,299