無限の死のアリス

作者 詩一@シーチ

113

39人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

濃厚な世界観でした。

【アリス】に選ばれた少女と、それを守る、強くてかっこいい従者の物語。
ところが、この従者には事情があるようで……。

わずか一万文字で、この満足感。
これはぜひ読むべきでしょう。
できれば、ゆっくり時間を取って、この濃厚な世界観に浸りながら読むことをお勧めします。

美しい童話のような世界観ですが、実は異能バトル。
それぞれの能力の設定がよく考えられていて魅力的でした。

先が気になって読み進めているうちに、いつのまにか最終章に。
もっと! もっとリーエちゃんとロイくんの話が読みたーい!!
ヾ(:3ノシヾ)ノシ

★★★ Excellent!!!

使用人はなぜ戦うのか、そして人柱に選ばれた少女の運命は?
ルビが多用され雰囲気作りは良いかと思います。バトルにおける相手の能力とその対処法も個人的には楽しめました。
西洋風の趣のあるファンタジーと異能力バトルの組み合わせはその手のものが好きな人にはたまらないでしょうね。

★★★ Excellent!!!

の災厄を取り払うための人柱、『アリス』。
『アリス』に選ばれた少女リーエと、彼女を救うべく暗躍する使用人ロイの物語。

『アリス』という名から、無垢さや大人の世界に汚されていないイメージを持ちました。そのため冒頭のシーンは、まっさらな器に穢れを詰め込むイメージが形成され、リーエの諦念とロイの辛さがひしひしと伝わってきました。
アリスのように自分の気持ちに純粋なリーエと、淡々と仕事をこなしていくロイのスタイリッシュともいえる戦い。
一話一話が映画のシーンのように計算されたエピソード割りも鮮やかです。

エンディングは皆さん読んでみてください。
とても気持ちよく読み終えることができました。

★★★ Excellent!!!

アリスといえば不思議の国のアリスに代表されるように、美しい少女や幼女を思い浮かべる人は多いでしょう。
でもアリスに選ばれるって、いったい何!?

その冒頭で、たった一文で、僕はこの物語に強く引きずり込まれました。

さて、物語は情緒溢れる西洋風の異世界。ドイツ語に彩られた美しき世界です。
その中で繰り広げられるのは、大切なものを守る為の闘い。
それはまるで叙情詩のような美しい物語なのです。

短編ながら重厚な世界観、ほんとに、ほんとうに! 短編であるのが惜しい、もっとこの美しい世界に浸っていたい、そう思わせる物語。心して、そのページを捲って頂きたい。

★★★ Excellent!!!

 短編という限られた文字数で異能力バトルを書くとは……全くもって恐れ入りました! 普通の人がこういった物語を書いたのであれば、おそらく軽く十万文字を越えていくでしょう。それを違和感なく一万文字以内にまとめる力、思わず唸ってしまいますね。
 反面、三人の指名者やリーエとロイを深堀した長編が読んでみたい、という気もしました。そして、二人がこれからどう戦っていくのかも。ですが、それがなくても短編として十二分に面白い作品です!

 ライトでヘビーな異世界ファンタジーをご所望の方は是非に読んでみてください!

★★★ Excellent!!!

好みすぎる世界観に一気読みしてしまいました。
そして主人公がリーエを守る理由、リーエがそんな彼を庇う理由。それに胸が熱くならずにはいられません。
次々にページをめくる手が止まらない。そんな魅力にあふれています。

最後に。
なぜかこの話にはロックンロールが似合う。そんな空気感を感じました。熱くたぎる思いをぜひ味わってみて下さい!

★★★ Excellent!!!

アリスズュステーム…それは十年に一度行われる、人柱アリスを殺す儀式。アリスに選ばれた主人を救うため、ロイは闘いに身を投じる。

作者さまの言語センスと奥深い世界観を詰め込んだ濃密な短編。キャラクター達の個性や異能力を用いたバトルも圧巻です。

ぜひ、ご一読を!

★★★ Excellent!!!

大体ドイツ語のルビですかね?なんかかっこいいです。

最後を書くために書いている小説ですねーキャッチコピーの通り、駆け上がり方(頼むこの表現を理解して!!)が見事です。

こう、全てを敵に回しても、うそに嘘を重ねても、守る!

という信念。かっこいい!!