きっと誰のヒーローにもなれない

作者 陽澄すずめ

世界の終焉を救う少女と、それを見ていた少年の物語

  • ★★★ Excellent!!!

たった十五歳の少女に課された、あまりに重すぎる使命。
そばでただひとりその意味を知っている、平凡な少年。

少年の視点で描かれる二人の物語は、ときになにげなく、ときに淡々と進みます。
数少ないやりとりの中に、中学生らしい、未熟で不器用で、力を持たない者の心の叫びが垣間見えてきます。

自分が少年の立場だったら。
それとも少女の立場だったら。
色々なことを考えさせられる作品です。
きっと、大人だって、誰のヒーローにもなれないのかもしれません。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

黒須友香さんの他のおすすめレビュー 157