鴉未満の鶏は竜殺機兵を駆り翔る

作者 ハムカツ

天翔ける機兵が竜を狩る!疾走感あふれる異世界ロボット小説

  • ★★★ Excellent!!!

異世界に召喚された「僕」は巨大な人型兵器に追い詰められ、絶体絶命の窮地を迎える。土壇場で決死の意地を示した「僕」の前に現れたのは、”赤い悪夢”と呼ばれる赤毛の美女と、彼女が操る真紅の竜殺機兵(ドラグーン)だった……!!

現実と異なる世界を舞台としたSFやファンタジー作品では、世界観や小道具・設定の説明に尺を取られすぎ、結果として物語のテンポが悪くなるということがプロ・アマ問わずしばしば起こる。
もっとも、この作品に関しては最初から最後までそうした懸念はご無用。いきなりのピンチから始まる第一話からエピローグまで、文字通り「駆り翔る」ような疾走感とともに駆け抜けていく。二十万字ちかい大長編でありながら展開が中だるみすることもなく、高いテンションと熱量を維持したまま突っ走っていく物語は、スピード感とキレのある文体とあいまって爽快な読後感をもたらしてくれること請け合いである。

ロボット好きとしては折々に触れられる竜殺機兵のメカニカル描写も見逃せないポイント。
竜の神経で編まれた動作プログラム、水銀のモニターといったSFとは一味違うファンタジー世界ならではのメカ設定はどれも魅力的だ。
主役級のルージュクロウやライズルースターはもちろんのこと、量産型のB級機兵スタリオンにもそれぞれに特徴があり、多彩なメカが織りなすロボットものの妙味を充分に堪能出来るだろう。

少年と女師匠の時に甘く、時に切なく、そして激しい関係の変遷も見どころ。
メカニックの少女が加わり、苛烈な戦いの中でそれぞれの想いが紡がれていく。
駆け抜けた物語の果て、彼と彼女たちが辿り着いた結末は、ぜひあなたの目で見届けてほしい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

異世界で搭乗型ロボットに乗ることになる主人公の物語です。

竜から人々を守るために竜殺機兵と呼ばれるロボットがある世界。しかしダイナマイトという土木等の発明が、戦争の爆弾に変えられたこちらの世界と同… 続きを読む

ささはらゆきさんの他のおすすめレビュー 74