鴉未満の鶏は竜殺機兵を駆り翔る

作者 ハムカツ

名無しの少年と赤い美女の泥臭くも熱い物語

  • ★★★ Excellent!!!

暴力が物を言わせるそんな異世界に、一人の少年が放り込まれた。

スキルもチートもないそんな物語だが、それは逆に言えば自分の力で生きていくという事でもある。名無しの少年は生きようと頑張って、ついにロボットまで乗りこなす事となる。

そんな少年を見守るのが元転移者である赤髪の美女リーナ。彼女は普段だらしないけどここぞ時には少年を導く。まさに理想的な師匠キャラだ。

二人の行く末、どうなっていくのか見物である。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

ミレニあんさんの他のおすすめレビュー 258