鴉未満の鶏は竜殺機兵を駆り翔る

作者 ハムカツ

一癖もニ癖もある仲間達と共に 〜対竜ロボ乗り少年のライジングストーリー

  • ★★★ Excellent!!!

異世界で搭乗型ロボットに乗ることになる主人公の物語です。

竜から人々を守るために竜殺機兵と呼ばれるロボットがある世界。しかしダイナマイトという土木等の発明が、戦争の爆弾に変えられたこちらの世界と同じく、異世界であっても技術は悪にも使われる。
そんな異世界へと転移し、言葉も通じない主人公は無法者の駆るロボに襲われ、絶体絶命に陥るのだが……。

ややあっさりと決めすぎな感もあるが、曲げないところは決して曲げない主人公。ある意味、超有能だけど、性格にアレなところのある師匠。その他、ネタバレ防止のため書けませんが、癖が強いものの、とても魅力的なキャラクターに溢れています。

何より竜殺機兵の戦闘シーンが格好良いです。全体としての汎用性の高さと、機体ごとのピーキーさのバランスも良いです。

短文でスパスパと書かれた文章が、登場人物の思考そのままのように感じる軽妙な文で好ましく感じました。

格好良い搭乗型ロボ乗りの少年の成長物語を読みたい方におすすめします。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

茶毛狸さんの他のおすすめレビュー 18