間違って女子高に入学したのはいいが、周りが辞めさせてくれない件について

作者 インドカレー味のドラえもん

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全57話

更新

  1. 入学初日
  2. プロローグ 春の別れと、あるいは
  3. 第1話 ―――あるいは、出会いの季節。
  4. 第2話 たぶん、きっと、大丈夫なんじゃないかな?
  5. 第3話 Q.それでいいのかお嬢様学校 A.それでいいのだ
  6. 第4話 女子寮に男とかどう考えても親が許さねえだろ、漫画かよ。
  7. 第5話 女子の部屋ってなんであんな良い匂いすんだろうな?
  8. 第6話 意外とバイオレンス。
  9. 第7話 人形さん。
  10. 第8話 ツッコミてえ事は山ほどありますけどね。
  11. 第9話 テンパってたんだよ言わせんな恥ずかしい。
  12. 第10話 誰の見舞いだと思ってんだ?
  13. 第11話 お前もだけどな。
  14. 第12話 ボケないといけない校則でもあるのか。
  15. 第13話 シュレデンガーのパンツ
  16. 第14話 男の子だもん、テンション上がるのも仕方ないよね。
  17. 二日目
  18. 第15話 わりとアレな人なんすね。
  19. 第16話 すいみん不足。
  20. 第17話 この悪魔!
  21. 第18話 茶番? 悪いかよ。
  22. 第19話 意外とみみっち……すみません、なんでありません。
  23. 第20話 まあ、何がトラウマになるかは個人差があるもんな。
  24. 第21話 はぇ〜
  25. 第22話 黙秘権を行使します。
  26. 第23話 長ったらしい名前のメニューを照れながら頼んだ時さ、こういうのあるよね?
  27. 第24話 裏切りやがったなてめえ!
  28. 第25話 鹿だけに。
  29. 第26話 新聞部だけは無い事を祈ってる。
  30. 第27話 その場合は店長じゃなくて顧問の先生になるんだろうか。
  31. 第28話 1ℓのパックを初めて見た時、俺の心は震えた。
  32. 第29話 この人痴漢です。
  33. 第30話 また俺なんかやっちゃいました?
  34. 第31話 うわあああああああああああ!!
  35. 第32話 自分でもちょっとキザかなとは思ったけどさ。
  36. 第33話 ああウイングね。俺も好きだよ。今はどうでもいいけど。
  37. 第34話 それかサブリミナル効果だよ。
  38. 第35話 あーもう滅茶苦茶だよ。
  39. 三日目
  40. 第36話 あいつはエアバックが付いてるから……
  41. 第37話 でへへお嬢ちゃん可愛いねえ……。
  42. 第38話 なんか本当に父親みたいなこと考えてる気がする。
  43. 第39話 デュエリスト多すぎるだろ。
  44. 第40話 知り合って半日でこの距離感はマジでビビる。
  45. 第41話 反省してまーす。
  46. 第42話 ひよこの世話してたくせによく鶏白湯なんて食えるなこいつ。
  47. 第43話 ひとりでできるもん!
  48. 第44話 俺も見ちゃう。
  49. 第45話 打てるわけねえだろアホか?
  50. 第46話 バントは流石にダサ過ぎるからね?
  51. 第47話 俺を褒めてくれるのはおまえだけかよ。
  52. 第48話 そのうちバッティングはリベンジしたいと思ってる。
  53. 第49話 実家に帰らせて頂きます!!
  54. 第50話 物をくれる度にランクアップよ。
  55. 第51話 痛いのが気持ちいい!
  56. 第52話 俺のじゃねえけどなあ!
  57. 飛んで五日目
  58. 第53話 どうでもいいよ派がなくてよかったよ。
  59. 第54話 学食が俺を待っているんだ。
  60. 第55 炭水化物ってなんであんなうまいんだろうな。
  61. 第56 お残しは許しまへんで!