ランランとシャオゴウ

作者 晴見 紘衣

身分違いの小さな二人が、飴と簪と、言葉と言葉と、心と心を交換する

  • ★★★ Excellent!!!

大通りで飴売りをする少年、シャオゴウ。
貧しい商家の子だが、小さな家は温かい。

都から左遷された重臣の令嬢、ランラン。
母と姉が彼女に冷たく当たるのは、なぜ?

シャオゴウとランランはたまたま出会い、
言葉を交わし、心をすれ違わせ、そして。

宋代の一城市を舞台にした、小さな物語。
そっと心を交わした二人の未來に幸あれ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

馳月基矢(旧PN:氷月あや)さんの他のおすすめレビュー 350