第11話

月曜日。

朝から雨が降っていた。ベッドから起きて、窓から眺めてもどんよりとした黒い雲があって陽の光りは差してこない。

今は梅雨の時期だから仕方ない。


いつもの変わらない風景を過ぎていき学校に着く。

昇降口で靴を脱ぎ、スリッパに履き替える。自分のクラスの教室に向かう。

廊下を歩いていると数名の女子生徒とすれ違う。

後ろから近づいてくる足音がする。数秒して俺の肩に手を回してきた。

武人だった。

「おはよう。こう君、元気ないね」

「おはよう。雨だから元気が出ないんだ。武人は元気いいな」

俺は武人に挨拶を返す。

下らない話をして時間が過ぎていく。


昼休みになり、弁当を持ってこなかったので食堂で食べようと武人に誘い食堂で昼食を食べる。

向かい合って座る俺達。

よく混んでいる食堂だなと思いながら食べる。


午後の授業が終わり、放課後になる。

武人と一緒に帰る。妹との話しになった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます