幼い姿の吸血鬼と友達になった

がおにー

第1話

金曜日の夜。

10時30分を時計が指し示していた。

俺、隅木鴻冶(すみきこうや)は家を出て、コンビニに向かう。

10分後。

コンビニに着いた。

コンビニに入る。

「いらっしゃいませー」

店員の声。

マンガコーナーで立ち読みをしてからお菓子を手に取り、カゴに入れていく。おにぎりを2個手に取りカゴに入れて最後にプリンを入れ、レジで会計を済ます。

袋を手に提げて家に帰る。

その帰り道に座り込んでいる少女を目にする。

気になって、彼女に声をかけた。

「どうしたんですか。どこか痛いんですか」

彼女は俯いたまま、何も喋らない。

彼女はすっと立ち上がり歯を見せ、変なことを口にする。

「お前の血をよこせー」

えっ、今なんて。

歯が鋭く尖っている...ってことは。

吸血鬼なの...か。

「あれっ、怖くないのか。貴方は」

「怖いと言うかほんとに実在したんだとびっくりしました」


彼女は吸血鬼でフィーネというらしい。長い銀髪に青い瞳で中学生のような容姿で150cmである吸血鬼。月明かりに照らされ美しかった。屋敷に住んでいるらしく久々に外に出て分からなくなったらしい。

フィーネという吸血鬼を屋敷まで送って行き家に帰った。

俺より20cmも身長が低くて可愛かったな。フィーネという吸血鬼。

危害も加えなかったから大丈夫かな。

暇だから明日屋敷にお邪魔しようかな。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます