第2話

翌日。

7時前に目覚めた俺は昨日会ったフィーネちゃんに会いたくて、ベッドから出て、顔を洗い外に出る支度をする。

リビングに向かい、飯を炊いて冷蔵庫にあるものでおかずを作り、食卓に運ぶ。

一時間後。

飯が炊けて茶碗によそい、残ったのでおにぎりを作り弁当箱に入れる。


朝食も食べ終え、家を出る。

フィーネちゃんの屋敷まで40分もかかる。100段ぐらいある石段を上った先にあり、木々におおわれている。

はぁはぁ。息切れてやっと石段を上りきり屋敷の扉を開ける。

「おじゃましまー」

キャーー

悲鳴が中から聞こえてきて、慌てて靴を脱ぎ、あがって悲鳴のした方に走る。

部屋の扉が少し開いていて中に入る。

「大丈夫ですか。フィーネちゃん」

悲鳴はフィーネちゃんではなくテレビからのものだった。

音量が大きい。

フィーネちゃんはソファーに座って頭を小さく、こくこくと縦に揺れていた。

可愛らしいなぁ、癒される寝顔だ。

フィーネちゃんの肩に触れて、起こす。

フィーネちゃんは静かに目を開け、小さな欠伸をして、

「昨日はありがとう」

と改めて感謝された。

「何故、君がうちにいるの」

「フィーネちゃんが可愛い...いや、気になっておじゃましました」

「そうか」

そのままテレビに視線を戻したフィーネちゃん。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます