第14話

翌日。

武人と萌衣は近くのイオンに行き、観たかった映画を観た。

歩きながら感想を言う。

「ホント感動したなー。ねー、おにい」

「おう。そうだな。感動した。買い物して終わりか。萌衣」

「そうだよ。買い物して帰ろ」

腕に胸を押し付けてくる。

わざとなのかなんなのか、嬉しい。

服屋を見て回り、スタバで休憩してから夕食の買い物を済ませ、一緒に帰った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

幼い姿の吸血鬼と友達になった がおにー @kouyann

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ